INFO

お気づきになった方はいらっしゃるでしょうか・・・
今までずっと考えたり、悩んだり、有耶無耶にしていた訳ではないのですが
rasikuでもオンラインショッピングが出来る様に準備を進めておりました。
これもタイミングと思い、やってみることにしましたが、本当に初めてのことは学びが多いです。

基本的には、僕たちは対面販売が好きなのと、時代はBLOG!(某家具屋さんのことば)なので
変わらずに、BLOGでのご紹介も続けていきます。いまのところ新商品はBLOGでご覧ください。
オンラインショップは過去に仕入れた製品を中心に載せていきながら、自分達の出来る範囲で
ご縁が繋がるお客様に無理なくお渡し出来れば良いなと思っています。
少し風変わりで、判りにくい点もあるとは思いますが、その様なかたちではじめてみます。
HPのメニューにタグを追加しておりますので、たまに覗いて頂けると嬉しいです。

https://rasikufuku.theshop.jp/

10月1日

FilMelange   ROGER

color      melange

price      26400-(TAX IN)

size       3    /    4    /    5 

10月のスタートはいつもよりも早く店に来て、桜山神社で一日参りをして身を清めてからお店を開けました。
それにしても気温がこんなに高くて、半袖でも十分に過ごせるというのは何だか不思議な感じもしますが
(10月の北海道が30℃だなんて・・・住んでた頃は毎日、薪割りをしていたな)
常々当たり前と思っていることは、案外当たり前ではなくなることが自然の摂理なので
出来るだけ柔軟に受け止めて、どんなことも最終的には面白がれる余裕を持っていられれば良いなーと
眩しすぎる青空を見上げながら思いました。


FilMelangeから、ブランドとして新たなアプローチで生まれたアイテムが届きました。
生産過程で生まれる落綿や裁断した際に不必要になる生地、そしてお客様が着古したアイテムを直営店舗で
回収し、布をもう一度ワタの状態に戻してから、良質なオーガニックコットンを掛け合わせて出来た新素材。
良質な素材だからこそ保たれる風合いは、今までのものと比較しても全くもって見劣りせずに、説明をされないと
正直気づかないくらいのクオリティを確保。モノづくりにおける一貫した生産体制を貫き通してきたからこそ
この様な取り組みが可能で、且つ現代の流れにも沿った面白いアプローチ方法ではないかと感じています。

デザインは至ってシンプルなリバース仕様のクルーネックスウェット。
首元はしっかりと詰まった印象で、肩はセットインスリーブ、袖と裾のリブはやや長めに設定。
ヴィンテージライクな空気を纏いつつも、リプロダクトにならないブランド独自の空気はしっかりと踏襲しています。

秋冬シーズンのスウェットなので、裏地は起毛をさせています。
シルエットは現在FilMelangeでリリースされているクルーネックのスウェットの中ではややゆったりとした設定。
リーバスで身頃を切り替えしているので、特に身頃に余裕が生まれるバランスに仕立てています。
今までも、このブランドが大好きで相当な数のスウェットを手にしてきましたが、これはこれでまた違う着方が出来るので
私のスウェットコレクション。。。どこまで追い続ければ良いのでしょうか。。。(汗)

melangeの色目はややネップの入った立体的なカラー。
王道のスウェットと呼べる様な、普遍的で直球な印象が強いですが、それをどう捉えて組み合わせていけるのか
勝手に試されているような気がしています。結局はパンツの選び方や靴とのトータルバランスでびっくりする位に
格好良く見える時もありますし、普通にも見えるのがグレーのスウェットの持つ魔性的な魅力ではないかと。
いつか普通のものを雰囲気で格好良く見える時がくると信じて、クルーネックのスウェットは展開し続けたいです。

color      deep navy

price      26400-(TAX IN)

size       3    /    4    /    5

ネイビーも当然ながら格好良いです。
秋冬らしい深みのある濃紺というのがしっくりとくる色味。
グレー系と比べると、ネイビーの持ついくらかスッキリとした印象を纏えるのではないでしょうか。
ウールのスラックスと合わせると都会的な雰囲気で良いかなと思ったタイミングもありましたが、
今はシンプルにデニムかチノで普遍的で、捉え方次第ですが少し鈍臭い着こなしが気分としてちょうど良い。
変わらないようで変わっていくのは、続けているからこそ、そして好きでい続けられているからこそ
湧いてくる感情なのかもしれません。

来週の水曜日から気温がぐっと低くなる予報。
盛岡市では大きなイベントも控えていますし、ちょうど良いスウェット日和になるかもしれません。
新しいものが全て良いという訳ではないですが、新鮮な空気を纏えるのはやっぱり心地良いと思いますし
季節が変わるタイミングで、お気に入りを1枚でも見つけていただければ嬉しいです。

PageTOP