9月30日

JUJUDHAU  COLLARED COAT

color      BRUSHED GRAY

price      46200-(TAX IN)

size       F

9月の最終日ということで、ここからは本格的に秋冬服の出番がやってくるぞ〜と
店頭に並ぶ服の入れ替えや、ディスプレイ替えもコツコツ進めていよいよ波に乗ろうかという時に・・・
WOW!気温が高い!!ですね。昨日も今日も半袖・日傘の方も歩いていらっしゃって。。。
でもでも、秋晴れというのはとても爽やかでありながら、どこか切なくもあり感情を震わせるには相応しい
気候だと思うので、ぜひ研ぎ澄まされた感性で、月跨いだ週末にご来店いただけたら嬉しいです〜。

JUJUDHAUの秋・冬のコート
今季は襟ありと襟なし二つのかたちを、気に入った三つの素材から選びました。
まだ届いていない素材があるので、今日は襟ありの”COLLARED COAT"生地違いでご紹介いたします。
先ずひとつめの生地は、表面を微起毛させたコットン80%ポリエステル20%混紡素材で
ふわっ柔らかな肌触りと、優しいグレーの色味からも仄かなあたたかみを感じます。

以前、展開のあったSOUTIEN COLLAR COATとまた少しだけ仕様を変えて。
フロント釦は剥き出しになっていて、襟は相変わらず控えめで曖昧な感じが落ち着きます。
中に着るものと、寒さの度合いによって首元はしっかり釦を留めてもいいですし
全身画像の様に、長めのワンピースや太いボトムに合わせて釦は留めずにばさっと荒っぽく着るのも
それはそれで妙な趣がある様に思います。
木枯らしが吹く中で、寒いけれどその羽織るだけのラフな状態にぐるっと巻物をしてというのも好み。
もう無理な痩せ我慢はしないので、そんな装いを楽しめるのもほんとに短い期間だとは思うのですが
だからこそコートの季節が好きなのかもしれません。

ドロップショルダーで身幅はゆとりがありますが、袖幅は太すぎず細すぎずと言ったところ。
中に厚手のものを着込んで真冬まで・・・というのは、あんまりお勧めはいたしませんが
秋から冬の入り口・中盤までの、適度な保温性と重々しい雰囲気にならない気楽なコートを
お探しの方には、とってもお勧めです。
コートの概念はお住まいの地域の気候や、その人の生活様式によって、求める要点が違ってきますし
それこそ出掛ける頻度が減ったりもすれば、より生活に密着して機能性重視にもなったりするので
ここ数年は、提案するのも悩ましい部分がありました。
JUJUDHAUの羽織の良いところは、そんな細々したところに左右されずに、季節の変わり目の着るものの
チョイスが悩ましい時期に、ばさっと羽織るだけでそれとなく雰囲気も良く決まるところ。
生活にも寄り添いつつ、ちょっとそこまでのお出掛けにも良い塩梅なので、とにかく重宝する一枚です。

バックシルエットは、あるのはセンターベントのみでとてもシンプル。
着丈は115cmで、ある程度身長に関わらず体を包みこんでくれて動ける適度な長さです。
肩周りはそこまでキツく感じるということはないですが、袖先にかけて次第に細くなっています。
また裏には薄地のライニングが付き、袖幅とのバランスもあるのですが、袖抜けに関しては
やはり厚地のインナーにしてしまうと、多少気になる方もいるかもしれません。
生地の厚み、素材感からも、シャツか中肉のカットソー1枚+ベストぐらいに合わせていただくと
気温が15℃ぐらいで、朝夕の温度差がある日なども、快適に過ごせるのではないかと思います。

JUJUDHAU  COLLARED COAT

color      BLACK

price      48400-(TAX IN)

size       F 

同じデザインで、生地違いのBLACK。素材はウール50%コットン50%。
黒のロングコートなので、纏った際の雰囲気の強さの様なものもは多少なりともありますが
実際に羽織ってみると、先にご紹介したコットン×ポリエステルの生地よりも、さらりと軽い着心地。
それでいてウール×コットンのさり気ないふんわり感も確かに感じますし、とても特徴的なオリジナルの生地です。
着初めから柔らかくて、ウール100%よりも季節を限定せずに気軽に着られるのも良いですよね。

両サイドには大きめのパッチポケット付き。
シンプルに最低限のディテールで、無駄のない直線的なパターンで作られるJUJUDHAUのコート。
シルエットがゆったりとした部分もあり、側から見るとおおらかで素朴な印象にも映るのですが、
着ると決して柔らかい方に振りすぎていないというか、本当にちょっとした部分に隠れた癖が
なんとも言えず心を掴んで離さなくなるので、そこが魅力でもあり魅惑でもあり・・・。
同じかたちでも生地違いで欲しいという方が多いのも、そういった理由からだと思います。

BLOGの着用写真撮影の際も窓を開けて、澄んだ空気と光の中で出来ると嬉しいですね。
顔は写っていませんが、コートを着ても汗もかかずに涼しい顔です。
厚すぎず薄すぎず、素材はコットンかコットンウールもしくはウールリネンの裏地付き
そんな類のコートが羽織れる季節が一番好きなので、これからますます深まる秋を思うと
10月が来るのが楽しみでなりません。
来週頭までは暑さが続き、その後からぐっと気温が下がるとか。
10月は街中イベントが盛り沢山ですし、当店でも急なお知らせがあるかもしれません〜。
みなさま元気でいましょう!

9月27日

SOWBOW   蒼氓イージーパンツ(太)

color      BLACK(FLANNEL)

price      26400-

size       F

日に日に秋の深まりを感じながら、お店に置いてある湿度計も快適とされるゾーンを
初めて逆側に振って湿度35%あたりを指しています。服装もコットンのカーディガンを羽織って丁度良い。
朝からホットコーヒーを飲みたくなったのも、湿度と気温だったのかなーと後から思い返して
それはそれで何だかちょっと嬉しかったりもして、秋冬シーズンが本格的に始まる予感がしてきました。
夕方の冷え込みが段々と出てくる頃ですので、そろそろ羽織物を1枚バッグに忍ばせておくのをお勧めします。

SOWBOWのイージーパンツ(太)は、数あるワイドパンツの中でも僕が理想としている太さをしっかりとキープし
股下にも可動域を広げる工夫がされていて、長時間穿いていても疲れにくいというのがとにかく嬉しい。
特に旅に行くときには、これを持って行けば間違いないなと思わせてくれるユーティリティープレイヤー。
トップスはシャツでもカットソーでも、どちらにも気持ち良く納まるのはイージーパンツの仕様ながらも
シルエットや細かな部分に気を利かせているからこそ。
裾まで太さがキープされるので、丈感を上手に調整すると想像していなかったバランスに出逢るかもしれません。

今季の春夏から取り組み始めた、九州地方の素材をメインにしつつも他の可能性を広げる為の提案。
選んだコットンフランネルは、厚みの割に柔らかさがあってコットン100%は取扱い易いのが一番のメリット。
気になったタイミングで洗濯機でガラガラと洗えますし、良い意味で素材がフラットなので
トップスに合わせる洋服を考え過ぎずに穿いて頂けると思います。

ウエストは総ゴム+アジャストが付きます。
生地に張りと厚みがあるので、秋冬の重衣料を合わせても負けない位の存在感をキープ。
SOWBOWはシャツも抜群ですが、このイージーパンツ(太)はワイドパンツの中でも完成度の高さと
素材によって全く違う空気を纏えて、価格も頑張れば手に届くラインなので、ワイドパンツが好きな方も
ワイドは得意ではないけど今年こそはと前のめり気味な方にも。。。納得して頂ける1本になると思います。

ここ1年位のあいだに、黒のパンツの面白さに段々と気付くようになってきたのは気のせいではないはず。
以前は黒特有の格好良さというのか、洗練した空気に馴染めずにいたのですが、トップスにインディゴ系の
アイテムを組み合わせるようになってから、優しく受け止めてくれる感覚を手にしてイメージが一新。
SOWBOWのコットンフランネルの色味は真っ黒というよりも、少しくすんだ風合いなので
黒の中でも割とスムーズにラフな感じで取り入れて頂けるのではないでしょうか。

SOWBOW   蒼氓イージーパンツ(太)

color      NATURAL(FLANNEL)

price      26400-

size       F SOLD

同素材でNATURALもセレクトしています。
甲乙つけ難い、淡いトーンも秋冬になるとより使い勝手が良くなる印象を持っています。
トップスに柔らかい素材のニット類を合わせても良さそうですし、同じトーンの色目で統一感を持たせてみても
意外と受け止めてくれる懐の深さがあります。白いシャツの場合はブロード系の繊細な素材感よりも生地に
立体感や雰囲気のあるモノとを組み合わせて頂くとしっくりとくると思います。

今の季節も勿論活躍しますが、個人手にはニットが着れるタイミングに丁度良い素材だと思っています。
ニットの持っている繊細さと柔らかさが、ぎゅっと目の詰まったコットンに合わさった時のグラデーションと
ギャップが心地良いように感じてくるのかなと、あれこれと想像を膨らませています。
今は何を選んでも気持ち良く袖を通せる1年を通しても一番と言って良い季節ですので、僕の中ではより素材を
イメージした着こなしをしていきたいなと、湿度が無くなってようやく鮮明に思い浮かんできました。
是非、自分だけの感覚を大切にした服装選びを楽しんで頂き、少しでもお手伝いが出来れば幸いです。

定休日のお知らせ

明日28日(水曜日)は定休日となります。
9月になったなーと思っていたら、もう10月が目の前に。
ここからはより月日の流れが早く感じてしまいますよね。
29日(木曜日)も、いつも通り10時30分~17時までの営業です。
ご来店お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

9月26日

SUSURI   フルートシャツ

color    beige

price    36300-

size    4

全身筋肉痛で迎えた月曜日の朝。
昨晩のナイターで人数が足りず、泣く泣く捕手を請け負ったが為にどこもかしこもがとにかく痛い。
それでもグランドに集まって、みんなが笑顔でノックをうけたり、打球を追いかけたり、励ましあったり(笑)
からだはボロボロな分、脳は何だか逆にすっきりとしていて集中力が高まりそうです。

SUSURIはレディース中心のセレクトですが、少しずつ男性のお客様に手に取って頂ける機会が
増えてきていて嬉しい限り。サイズ4はデザイナーの齋藤さんが気持ち良く袖を通せる大きさで
ワンサイズのみの展開。そうなると誰にでもという訳にはいかないのですが、身体と生地との間に空間が
大きく取られているものが多いので、生地の落ち感だったりイメージしていたバランスに思いがけず
フィットしたりして、いつもとはまた違う世界観が広がる、そんなシャツになって頂ければ嬉しいです。

素材は昨日ご紹介したピッコロブラウスと同様にシルキータッチなコットン100%。実際はサテン。
生地の揺らぎが大きく優雅な印象。お店にセレクトをしているシャツのタッチとは微妙に異なる雰囲気に。
当たり前ですが、作り手が変われば、それが1つのモノとして形になった時に、その人に見えてくる。
SUSURIのシャツは何処にも属さないというのか、クラシックでもなく、今の時代の流れに沿っているという印象も
そこまで受けず、変な言い方をするとシャツらしくないシャツの様な存在に感じています。

くったりとしたデニムに合わせたりするのも意外性があって面白いかなと思ってみたり。
自由業というと上手く伝わるかどうか不安ですが、イメージを膨らませ人に伝えたりすることや
何かを創造したりすることを生業としている方など、控えめだけれど主張があるシャツは、
きっと着る人の個性を引き立ててくれて、そして心を穏やかに保つ様な存在になってくれる気がします。
どこか謎めいていて影があったり、自分の好きなことや世界に没頭するのが得意な人にしっくりときそう。

テールのデザインはとても特徴的。
生地がふわりゆらりと自然なカタチで振れが大きく出て、上に羽織るのはかちっとした生地よりも
柔らかなニットカーディガンとかが似合いそう。そういうニュアンス的な部分が先行してしまいますが
きっと組み合わせたら格好いだろうなと、けっこう確信を持てるぐらいその合わせをお勧めしたいです。
生地も強い部類には入らないので、アクティブに!ですとか、質実剛健のようなイメージとは異なる、
トロッとした質感や鈍い陰影を心地良く感じて頂きたい。そんなシャツです。

color    ivory

size    4

肌の色が透ける繊細なタッチだと分かる”ivory”は、より透明感を出せるカラー。
少しだけ難しさもあるのかなと思いつつも、上に組み合わせる羽織物次第で装いがクリアになる感覚があるかと。
足元はフラットな革靴が相性が良い様に思います。

旅の中で感じたことや街の景色、その場所の空気などからイメージを膨らませながら
時には、映画や本などの物語の中に描かれる、人間関係や複雑な感情をキーワードに作製される洋服。
お二人が感じた揺れ動く感情や気持ちが、そのまま洋服としてカタチになり、袖を通すときっと不思議と
行きたい場所や風景が思い浮かんでくるような気がしています。
同素材で定番でリリースされているフルッタ―パンツも入荷済みですので、またそちらは後日にご紹介を致します。

9月25日

SUSURI   ピッコロブラウス

color    beige

price    35200-

size    1

朝から陽の光がたっぷりと部屋に降り注ぎ、この日光チャンスは逃すまいと
家の全窓を開放して埃を掃き出し、空気の入れ替えが出来たので、それだけで今日は花マル。
ねこも早々に良い場所を探して、ぽかぽかを貯めていました。
一気に洗濯物を干したり、衣替えをするにも良さそうですし、散歩、ドライブにも絶好のお天気ですね。
お休みの方も、お仕事の方も良い日曜日をお過ごしください〜

肌寒さと雨と湿気な日が続いていたこともあって、店内ではカーディガンやベストなどの
さっと足せる一枚をお求めになる方も多いです。ウールのご試着も少しずつ。
今日は思わず半袖を着たとしても、着るもの以外にも、食べたり聴いたりなどの感覚が
しっかりと秋をキャッチしはじめているように、自分自身も感じます。
SUSURIの今季のコレクションも、いつも楽しみにしてくださっている方がいらっしゃって
早々に定番のかたちや、新しいかたち、どちらもお楽しみいただけるのがとても嬉しいです。
本日は、これは良い生地だ・・・と唸って、同じ生地で展開された三型がどれもよくて選んだので
他のアイテムも混ぜながら、数日に分けてご紹介していきたいと思います。

見るからに服の表面にとろみを感じるような、コットンサテンを用いたクラシカルなブラウス。
袖を通すと、肌が溶けるのでは?と、一瞬自分の感覚に戸惑うほどのしっとりとした滑らかさで
良い生地という表現ではチープに聞こえてしまいそうですが、素晴らしくもあり気持ちの良い生地でもあります。
アイキャッチにもなる、フロントの四角い釦がとても可愛らしい。
着られる際はちょっと時間がいりますが、釦に集中する手や、掛け違えてしまってあっ・・・となる瞬間も
想像するだけで、それさえも愛おしく感じてしまう。
小ぶりな立ち襟の凛とした印象を崩さずに、少しだけ空気を和らげる様な大事なパーツ。

襟元の詰まりや、内側に入る肩線や短めの着丈など、すっきりしていて小さめサイズにも見えますが
袖幅や身頃は、膨らみと緩やかな曲線で包み込んで、気付けば体が綺麗におさまっているのです。
魔法の様でもありますが、これは美しく尚且つ丁寧に考えられた繊細なパターンであるからこそ。
特に袖の大胆な膨らみは、生地分量があるものの着ていてもそこまで大袈裟に見えません。
たふっとした袖先には細かなギャザーが寄せられ、袖口は釦ではなくゴムで軽く絞っています。
少しだけ袖をたくし上げると、ボリュームの塩梅やかたちも変わるので、その時々で着方に小さな
変化を付けつつ、楽しんでいただけたらと思います。

バックスタイルはスッと背中の真ん中で接ぎ合わせ、静かな印象に見せつつも、その剥ぎの縫製や
裾の縫製には、こっそりと配色のステッチで遊びを効かせていますので、じっくりご覧ください。
お色はbeigeとivoryの二色をご用意していましたが、こちらのブラウスは現在beigeのみ。
他二型ゆったりサイズのシャツとペチパンツでは、まだ両方のお色をご覧いただけます。
何かと何かを組み合わせる服。何かの中に別の要素の何かを内包する服。
様々な”対比”をキーワードに取り組んだ、SUSURIの今季のコレクション。
真面目にそしてお茶目に、一着の中に含まれたその”対比”を、それぞれに思うままにこっそりと
感じていただけたら嬉しいです。

PageTOP