9月22日

STYLE CRAFT WARDROBE  V-SHIRCKET

color      N.BLACK

price      40700

SIZE      Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

台風が去ったと思ったら、急に寒くて、今朝はあまりに耐えきれずに小さいストーブを点火。
そうすると、ひょこっと隣に猫もやってきて朝からストーブの陣取り合戦になりました(笑)
日中は暖かいと思い込んでシャツ1枚で来ましたが、何となく物足りなさを感じてサンプルで置いておいた
カーディガンを羽織って過ごす1日になりそうです。

これだけ気温が低くなると何だか丁度良い羽織物があっても良さそうだと、つい先日まではリネン素材を
お勧めしていたのが、急な方向転換をしてみたりして、岩手の秋はそういうものなんだと思います。
STYLE CRAFT WARDROBEから、見計ったかのようなタイミングでV-SHIRCKETが届きました。
少しずつアップデートを繰り返しながらリリースされているVネックの羽織物。
今季の秋冬は両サイドにポケット、総裏の袖通りの良い仕様に変更。
カーディガンとジャケットの良いところを合わせて、どちらにも振れる万能さを兼ね備えています。
素材選びはいつも相当に悩ましいのですが、寒さが優ってしまえば着るものは必然的に暖かいものへ
移行するなと思い、変わりきるまでの微妙な気温に対応出来るコットンフランネルを選びました。

表地は柔らかさのあるコットン100%の目のしっかりと詰まったネル生地。
届いた時にはウールが入っていたかな。。。と思わせるほどに光沢があり、直に触れて頂ければ
良い生地だというのは一目瞭然の抜群のタッチだと思います。裏地はキュプラ100%総裏仕立て。
まだ秋の入り口なので装いも軽やかでありたいですし、そこに適度な緊張感を纏わせてくれるので
あればついつい手に取ってしまう羽織物になってくれると思います。

シャツのテールに合わせたカッティングは、タックアウトしたシャツとのバランスが心地良くマッチ。
ハンガーに掛かっているのを見ていると、とてもシンプルな洋服ですが、袖を通すと細かな部分で発見や
なるほどなぁっと感心してしまう部分が多々あって、良い意味での作り手の癖や思考が表現されています。

丁度良い羽織物は何だろう。。。というここ数年の自分自身の課題が少しずつクリアになっていく感覚があって
僕が理想として追い求めているシャツ・ロンT・更に言えばスウェットの上から堅苦しくなく着られる1枚。
STYLE CRAFT WARDROBEの洋服には、体温を微調整するお手本となるような丁度良いアイテムが幾つも存在します。
載せる素材によって着る用途は違いはあるものの、今季オーダーしたV-SHIRCKETは悩ましい温度に対して
適温を見出せるのは間違いありません。

サイズ展開はⅠ・Ⅱ・Ⅲのフルサイズでご用意しております。
着用しているモデルは178CM 体重63キロ インナーはシャツ1枚でサイズⅢで気持ちゆったりとしています。
メンズのS・M・Lの印象で間違いないと思います。

STYLE CRAFT WARDROBE  VEST♯2

color      BLACK

price      39600-

SIZE      Ⅱ    /    

ベストもリクエストを頂くことが多いアイテム。
今シーズンは素材を2種類でご用意しているのですが、先ずご紹介するのはウール100%のビーバー素材。
しっかりと目の詰まったウールで、ミドルレイヤーとしても挟むだけで保温効果は違ったものになります。
シャツ合わせも良いですが、個人的にはスウェットに合わせるのが好みな着方。
インナーダウン系のベストが主流な中で、ちゃんとした一面を見せられるという点で重宝しそうですし
人と逢うお仕事がメインの方などにも、STYLE CRAFT WARDROBEのベストは選んでいただくことが多いです。

前丈と後ろ丈とで長さに差を付けているのも特徴的なディテール。
V-SHIRCKETと同様にシャツと組み合わせた際に、テールの納まりの良さをより実感して頂けると思います。
ジャケットよりも当たり前ですが肩回りが動きやすく、体温調整もし易いのがベストのメリット。
気が早いですがコートの出番が増えるタイミングで、1枚ミドルレイヤーを重ねると空気の層が生まれて
体幹から温度が大きく変わってきます。保温効果を目的としてベストを重ねるのもお勧めです。

当分、日中はシャツ1枚で過ごせる心地良い日が続くと思いますが、あっという間に気温が低くなって
朝夕は羽織物なしではブルブルして、体調を崩してしまう。これが岩手の気候。
そして10月の半ばごろからは、ウールが手放せない時期に突入していきます。
もう1種類オーダーをしたベストの素材も店頭に並んでいますので、まだ早いなと思いつつも、ほんの少し先を
見越して、サイズが豊富なうちに丁度良い中間着を見つけて頂ければ嬉しいです。
夏のシンプルな服装から何かを羽織った時の、何とも言えない安心感とぬくもり。
汗をかきながら接客をしていたのがすでに随分と前の事に感じ、やっぱり秋は食べ物も洋服も何をするのにも
楽しい季節なのは間違いないな〜と思いながら、涼しい顔で朝から着用写真を撮っていました。

PageTOP