2月3日

STYLE CRAFT  FBD-01

color      INK BLACK(GOAT)

price      74800-(TAX IN)

SIZE      36×37×7

お店の前、大手先の歩道一帯にあった『砕かれたとてつもなく分厚い氷の山々』←わかる人にわかる
がすっかり無くなっていましたー!お休みの間に撤去作業があったそうでスッキリ&歩道も見えて安全でほっとします。
周辺で日陰になっているところなどは、全面ツルツル状態だったりで毎日そこは歩くよりも滑って通勤してます。
そんな景色の中にいますが今日は節分。邪気を祓い、新しい年・季節を迎えられますよう美味しいものを食べて
今日も一日あたたかくしてお過ごしくださいね。


季節の行事と言えば、もう少し先にある卒園・卒業、そして入学式や進学などなど。
ちらっとそういったお声を聞く機会もあったりして、まだ準備の時間にも余裕があるように感じますが
きっとあっという間にその日が訪れるんですよね。。
お洋服に関しては如何にもフォーマルな装いとして提案できるものが多くはないのですが、その場限りではなく
その後にも着る機会が持てるようなブロードのワンピースや、寒い春先には嬉しいウールのジャケットとスカートの
セットアップなどはご用意がありますので選択肢として、機会がありましたらご覧いただければいいなと思います。
rasikuでは、そういった機会にお選びいただくことが多いのが服よりもバッグでしょうか。

STYLE CRAFTのバッグの中でも、ラインナップに入ってから長らく定番として変わらずにリリースされ続けている
FBシリーズ。フレームタイプのがま口がマグネットでパカっと開閉する可愛らしいフォルムと、それでいて過剰な
装飾が無くスッキリとした姿と形のバランスがなんとも言えず大人っぽくもあります。
FBD-01は、やや横長になっているのでバッグの中の物が開けた時にも見えやすくて取り出しやすい様に思います。
大きさはFBシリーズの真ん中(02)サイズぐらいで、容量としても充分に収納ができて実用的な一面も。
いつかは・・・と思ってくださっている方も多いのも頷ける、特別な日でも何でもない日でも持ちたいと思える
そんなバッグではないかとご紹介する度に感じています。

今回も素材はGOAT SKINを選びました。色もずっとINK BLK一色のみと潔く。
シボの凹凸が細かくて触り心地も滑らか。最初、使い始めはハリがあってキリっとした表情も
時間が経つにつれ柔らかさを帯びてきて、持った時の雰囲気もまろやかになると言いますか
過度に気を使ったり緊張したりせずに、普通に持てる親しみやすさと味わい深さの両方を感じ取れます。
真っ黒ではないので、普段着に合わせた時にもそこまで革の強さが強調されずにシンプルな装いにも
すっと馴染む軽やかさを感じます。

持ち手の長さも短すぎず長過ぎずで、厚手のアウターなど着ていなければ肩にも掛けられます。
横長なので長財布や携帯、小さ目のポーチにご祝儀袋など必要最低限のものは綺麗に入ります。
容量がある分、あまりに荷物を入れ過ぎてしますと下方向への重みでマグネットのくっ付きが
弱くなってしまうので少しだけお気をつけてください。
ライニングにはワイルドヘンプを使用し、インナーにはZIP付きのポケットも完備。
レザーバッグの重厚感を漂わせながらも一目置かれるはやっぱりデザイン。
機能と美の2つの要素がどちらにも振り過ぎずにギリギリで重なり合う部分が美しく無駄なく形に
落とし込まれていて、お客様から修繕をお受けたりしながら気に入ってお使い頂けているというのも
素直に納得してしまうのです。

フォーマルなスタイルに用いられるバッグは、もっとキラキラと華やかだったりアクセサリーのように
コンパクトで服装に合わせた時もデザインとしてマッチするのだと思います。
ドレスアップを楽しむアイテムのひとつとして、コンパクトなバッグに惹かれる時も勿論ありますが
ドレスアップの機会がそこまで多くない私は、自分が気に入って選んだ恰好好い革の鞄を持つ方が
違和感も無く自然体で良いような気がして、STYLE CRAFTの別の型ではありますが畏まった装いの時に
合わせるバッグは今のところここに落ち着いています。
貴重品からプラス@の荷物がしっかり入ることや、服と靴とのバランスなどなど。
いざという時にあれこれ考えることが多くて、頭の片隅にずっとモヤモヤしている状態よりも
もう自分はこれで良いと割り切ってしまったことで、気も楽になりました。
そういった心強さや安心感にも繋がる部分もあるという事も、お勧めの一つとしてお伝えしたいです。

PageTOP