2月19日

GLOW IN THE SUN   mallibu shirts

color     yellow

price      24200-(TAX IN)

SIZE     3    /    4

暖かくなるのではないかという淡い期待と、そうならない現実との狭間でもがきながら2月も残り僅かな
所まできました。今日は二十四節季の雨水にあたる日で空から降る雪が雨に変わり雪融けが始まることを示しています。
実際に最近降る雪は水分を多く含んでいてうっすらとは積もるものの根雪にはならずに融けることが殆どなので
月をまたぐと街を包み込む空気も一遍して、少しずつ心と身体が解れてくるのではないでしょうか。

SUNSHINE+CLOUDから見ているだけで心が浮かれてしまいそうになるチェック地のシャツが届きました。
過去に一度だけ展開したことのある大振りな釦とフラップ付きの胸ポケットが特徴の”mallibu shirts”
今シーズンからサイズを4まで展開し、ゆったりとした羽織のバランスでも着易くなった印象を受けます。
しっかりとしたウェイトのコットン素材なので、着始めはややゴワゴワとした感覚がありますが
トロトロになるまで着込んでいきたいと思わさせてくれる、そんな未来を創造させてくれるシャツだと思います。

ヘヴィーネルを用いたシャツは、所謂アメカジ色の強いアイテムである事は間違いないと思うのですが
SUNSHINE+CLOUDで見ると、そのイメージが薄まるのは土地がもたらす影響からでしょうか。
強さよりも柔らかさが少しだけ前に出てているような印象があり、ブランド独自の色が確立されているから
というのもあるのでしょうが、頭に思い浮かぶそれとはまた違うのが個人的にはとても好みだったりします。
肩の力を抜き、ファッションという側面と日常生活との境界線が良い意味でなくなるような着方が出来れば
何気ないチェックシャツも羽織るだけでシンプルにとても格好良いんだなぁと、葉山の青空や海を頭の片隅に
思い浮かべながら今日は着合わせてみました。

自分自身の年齢が40歳を過ぎて、普段身に纏う日常着に対する考え方とイメージするスタイルは移ろいと揺らぎの中で
内側から湧き出てくる感覚をより大切にしたいと思うようになりました。お洒落をするという比重を保ちつつも
袖を通して気持ち良く1日を過ごせる服装をしたいという気持ちが高まってきている中で、SUNSHINE+CLOUDが
提案し続ける何気ない日常に溶け込む丁度良いバランスの洋服は、探してみると案外見つからないなと感じています。
拠点を置く場所から受けるインスピレーション。幾ら想像だけしていてもその場所に根を張り生活をし続けない限り
良いアイデアが思い浮かんだり、モノにする際の背景が伴ってこないような気がしてしまいます。
黄色と水色をベースにした”mallibu shirts”もきっと、太陽の陽射しが段々と強く感じられるタイミングに着たい1枚。

全体的なシルエットはSUNSHINE+CLOUDの定番シャツと比べるとコンパクトな設定。
僕の主観でサイズ3=M サイズ4=L位と思って頂けると良いのではないでしょうか。
身長178CM 体重63キロ インナーはロンTで丁度良いサイズ感です。
ボックス型のざっくりとした井出達は写真からも伝わるのではないでしょうか。
気張り過ぎずにTシャツにさっと羽織ってサマになるのが理想とする姿だと思っています。

PageTOP