2月27日

STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯25

color     GRAY

price     55000-(TAX IN)

SIZE     Ⅱ    /    Ⅲ

玄関を開けると目の前には石のように硬くなった、大きな”氷の塊”があちらこちらに転がっている朝。
真夜中にどこからか聞こえた”ドゴッドゴッ”という音の正体がわかりました。
昨日の強い雨で屋根に残っていた氷が一気に融けて軒下に落ち、久し振りにキレイに屋根が見えます。
こういう1つ1つの出来事が長かった冬の終わりを告げるように、そして少しずつ春を迎える準備を
3月~4月の頭ぐらいまでしていくんだなぁと、地面から小さく盛り上がった水仙の芽を見て思いました。

春物のコート類は殆ど展開していないのですが、以前から気になっていたナイロン素材。
昨年にたまたま入った古着屋さんで質の良いナイロンコートを手にしてから、その使い勝手の良さと軽さ
持ち運びに便利な事に気付かされ、納得いくものがあれば提案をしたいと思っていたアイテム。
STYLE CRAFT WARDROBEの洗練されたデザインのコートにナイロン素材を組み合わせることで
より軽快な印象をプラスし、視覚的にも実際の重さも気にせず袖を通して頂けるのではないでしょうか。

当たり前ですがナイロン自体に保温性はありませんが、いま時期であればインナーにカシミアのセーターや
裏起毛のスウェット類を組み合わせて、首元に温かいストール類をぐるりと巻いて。
ナイロンの軽やかさに加えて冷たい風と少々の雨であれば充分に防いでくれるので、レインコートの様な感覚で
着用が出来ます。一度ナイロンの機能性を知ってしまうと。。。盛岡は寒い場所なのは間違いないのですが
風がしっかりと防げれば、案外着れる期間と機会は多くあるなと感じています。

裏地は付かない1枚仕立て。
首元はドッグイヤーの様なデザインで釦を留めることが可能。
肩から袖にかけてはスプリットラグランで可動域をしっかりと確保し、多少肉厚なインナーを着てもストレスはありません。
季節柄、前述でも書きましたが裏起毛のスウェット位までが心地良いと思います。
両サイドに深く入るスリットは、椅子に座った際に生地が逃げるように工夫がされていて、プラスしてパンツポケットへの
アクセスもし易いように工夫がされています。コートとして見た場合に特徴的なディティールに映るかもしれません。

北東北の春の過ごし方として、アウター自体に保温効果を持つものを着るのか。
もしくはインナーを暖かくしたり調整をしながら、コート類はしっかりと風を防げるものを選ぶか。
手っ取り早く簡単に済ませるのであれば前者なのですが、それだと何となく変わりゆく季節に対して風情というのか
面白味が無くなってくると、段々と素材やらデザインの違うコートや羽織物の種類を増やしたくなるものです。
僕自身もナイロンに対して疑心暗鬼というのか、これで大丈夫なのかという不安を持っていたのですが
予想以上の活躍に寒さを怖がり過ぎていた事と、風を防ぐことで保温効果は全く違うという点に気付かされました。
春物のコートと言われると今シーズンはSTYLE CRAFT WARDROBE COAT♯25のみのセレクトですが
素材・デザイン素晴らしいので、季節の狭間を埋めてくれる存在に役立てて頂ければ嬉しいです。

PageTOP