5月2日

holk    kang fu pants

color    peal beige(COTTON100%)

price     30800-(TAX IN)

SIZE     3

holk    kang fu pants

color    prussian blue(COTTON54%・LINEN46%)

price     25300-(TAX IN)

SIZE     1    /    2    /    3 

color    LIGHT KHAKI(COTTON54%・LINEN46%)

price     25300-(TAX IN)

SIZE     1    /    2   /    3  SOLD

昨日までのどんより雲とコートを羽織らないとどうにもならない気候からようやく抜け出して
今日の朝は久しぶりに太陽の日差しで気持ち良く目覚める事が出来ました。
太陽を浴びるだけで自然に体が能動的に動き、入念に家とお店の掃除をして気持ち良くお店を開けています。
明後日4日(水曜日)はいつも通り定休日となりますので、お間違いのないようにお願い致します。

holkからブランドとして定番という位置付けで素材を変えながら展開している、ウエストが総ゴム仕様の
適度なリラックスムードを丁度良いバランスに留めている印象を持つ”kang fu pants”
強撚糸のコットン100%のタイプと、より夏向きな素材として綿麻タイプの2つの素材でセレクトしました。
コットン100%の強撚糸度詰め素材は残りサイズ3のみとなりますが、真夏にいくまでの期間であれば
十分に対応出来る厚みと涼しさだと思います。
一方の麻綿はゴールデンウィーク位から夏に向けて湿度が高くじめっとした気候に合わせるのに、さらりとした質感で
心地良く、コットンの比率がそれなりに多く入るので生地がくったりとなり過ぎないというのも選んだ理由です。

フロントにZIPなどの付属品はつけずに、ミニマムに余計なものは無くしてすっきりと仕上げている印象を持ちます。
お尻周りからワタリにかけてゆったりと設定し、膝から裾にかけて無理のないテーパード。
裾口にも適度なボリュームがあり、ビルケンのサンダルやお店で扱っているオーロラシューズなど夏らしい靴との合わせが
パンツ自体の軽快な素材感とマッチするのは間違いありません。
どんどん季節が進むにつれて、パンツ素材と足元の軽やかさというのは服装の中で見た際に比重が高くなってくるので
トップス以上に、この辺りのバランスを気にすると夏の着こなしが一辺倒にならずに面白味が出てくると思います。

今季の春夏にリリースされたholkの色目がはっきりとしたカラーではなく、くすみながらも明るいニュアンスというものが
穿いてみるととても新鮮。ダークトーンのトップスの着合わせが特に心地良いリズムを生み出してくれると思います。

薄ければ薄いほどに涼しさはプラスされますが、それに伴う耐久性との落し所が夏素材の難しい所。
コットンは強度を増す分、涼しさという点で劣るのでholkのオリジナルで作製されるファブリックは毎シーズン
どの素材を見ても強さと涼しさの2つの機能性をしっかりと確保していて、ウールを得意とする産地ではありますが
春夏で用いられる素材も同様に高いクオリティで展開をされています。

“prussian blue”は後染めのインディゴの様な透明感のあるブルーが印象的な1本。
ブラックなどの落ち着いたトーンとの組み合わせが、どちらも引き立ててくれるような感覚を持ちます。
麻綿素材のサイズ展開は1・2・3の3サイズで、ウエストがイージー仕様なので許容できる範囲は広めではありますが
シルエットの出し方などを考慮すると30インチ・32インチ・34インチのざっくりとした感覚で間違いないと思います。

どうやら明日3日(火曜日)までは涼しい気候で、4日(水曜日)からは25℃近い予報。
目まぐるしく服装をとっかえひっかえしながら忙しい日々になりそうですが、薄手の生地感もそろそろ本格的に視野に
入るタイミングで、holkの気持ち良い素材のイージーパンツはとてもお勧めです。

PageTOP