定休日のお知らせ

明日25日(水曜日)は定休日となります。
どうぞ宜しくお願い致します。

5月24日

MITTAN    SH-63 大麻ワイドシャツ高密度

color      墨黒

price       28600-(TAX IN)

SIZE      2    /    3 

MITTAN    SH-63B 大麻ワイドシャツ高密度

color      ベンガラ白

price       35200-(TAX IN)

SIZE      2    /    3  SOLD

ここ数日は太陽光で自然と目が覚めて、今朝はより夏の様な日差しと匂いを感じました。
最高気温も24度までいくともう感覚は夏ですし、明日はもっと上がって夏日になりそうな予報。
明日の定休日はいい加減に冬物を仕舞うのと、車のスタッドレスタイヤの履き替えもそろそろ。。
いつ暑さがきても対応出来るように、身の回りも夏仕様に整えていきたいと思います。

夏の装いとなると僕自身が真っ先に思い浮かべるのがMITTANが提案する大麻素材。
湿度の高い日本の気候に合う様に風の抜けがとにかく抜群で、プラスして生地の強さも加わった理想的な素材。
色バリエーションも豊富にあるので、気分によって化学染料・天然染料と使い分けながらお店に並べています。
ワイドシャツ自体は以前にカディコットンでセレクトした記憶がありますが、大麻高密度に置き換える事で
より清涼感と着用した時の印象にメリハリが生まれると思います。

色展開は化学染料の墨黒とベンガラ染めした白との2色セレクト。
サイズは2と3と2サイズ展開で、メンズのMとL位と思っていただけるとイメージがし易いかと。
ぴたっと着てしまうと、風が抜ける気持ち良さが半減してしまいますので
ある程度身体と生地との間に空間が出るサイズを選ぶ方が、きっとシャツの良さを活かせると思います。

井出達はスリーピングシャツにも似たような、何処か抜け感のある表情が特徴的な1枚。
首元のクルーネックも、しっかりと詰まったというよりも、ややワイドに開いた印象を持ちます。
前丈と後ろ丈で長さに大きく差を付けて、スリットを深くいれる事でパンツポケットへのアクセスがし易く
ちょっとした部分に、気の利いたデザイン性のあるシャツだという印象を持たせてくれます。

大麻の生地に関しては洗い込んでいく事でより風合いがふっくらとした質感に経年変化をして、肌当たりの気持ち良さが
時間の経過と共により広がりを見せてくれると思います。羽織物として冷房の強い部屋や夜に外へ出るという時にも
さっと手に取ってという気軽さも、ワイドシャツの持つ着こなしの幅かもしれません。
ベンガラ染の白は大麻高密度になると、生地にも厚みが出るので透けるのが苦手で白は着ないという方にも
選択肢に入るくらいに良い塩梅に仕上がっていると思います。

MITTAN    PT-09 竹パンツ

color      墨黒

price       19800-(TAX IN)

SIZE      2    /    3  SOLD

color      濃紺

price       19800-(TAX IN)

SIZE      2    /    3  SOLD

竹パンツは何度もBLOGでご紹介をしてきました、お尻周りからワタリにかけてのボリュームと
竹の節の様な切り替えしのデザインが特徴的なテーパードシルエットのパンツ。
裾にかけてきゅっと細く設定された裾口とのギャップが面白く、サイズ展開が2サイズに広がった事で全体のバランスを
好みなシルエットで選択出来るようになった点も穿きやすさに繋がっているように感じています。
素材は竹55%・綿45%を掛けわせていて、大麻よりも涼しさは劣りますが、それでも夏に穿くパンツとしては
涼しさを担保してくれていますし、お洗濯にも強いのも嬉しい限りです。

色は化学染料で2色、濃紺と墨黒を選びました。
どちらも甲乙つけ難い万能さがあり春夏主力のパンツとしてもお勧め。
身長178CM size3を穿いて9分丈位のレングスイメージでしょうか。
これ以上短くなると、案外着合わせが難しく感じる場合があるので参考にして頂ければ幸いです。

サルエルともんぺをデザインソースにした竹パンツのシルエットはやや独創的。
夏になると服装は開放的になりますし、服が簡単になる分独創的なシルエットなどに目がいきます。
あとはそういったことが全く気にならなくなるくらい、正直暑い・・・という気持ちが上回ります。
と僕自身は思っていますし、気温が高くなるとより快適な方にベクトルが大きく傾くはず。です。
身体と生地との空間が大きければ大きいほどに涼しさは確保されますので、一度思い切って涼しいボトムを
体感して頂けると、夏の装いの基準が変わる1つのきっかけになるのかもしれません。

MITTANの提案する夏を意識した素材とシルエットは、僕が理想とする涼しさと強さの2つを持ち合わせていて
実は昔ながらの知恵を現代に置き換えた、理に適ったプロダクト。
製品だけを見れば何処かオリエンタルな雰囲気もあって難しそうに感じる方もいらっしゃるのかなと思っています。
実際に店頭で接客をしていても、そんな空気は薄々感じる瞬間があって、それは正直好みがあるので仕方のない事。
ただ夏を快適に気持ち良く過ごすことを考えるとMITTANの提案するファブリックは素晴らしいものがあります。
全身同じブランドで固める必要性は全くありませんし、いつもの服装にちょっと毛色の違うものをプラスした時の
化学反応の様な面白さも含み、何かに偏り過ぎずにフラットな感覚でモノを見てみると自分が想像していなかった
感覚に出逢えるかもしれません。明日は暑くなりそうなので、水分補給を忘れずにお過ごしくださいね。

PageTOP