8月23日

TEMBEA    CARRY TOTE

color      SAND BEIGE

price      22000-(TAX IN)

size      43×35×22 SOLD

近所の昔ながらのアーケードにお気に入りの産直があります。
よく買うのが一関のお饅頭で、今日は一口サイズのおむすびが3つ入ったセットを試しに買ってみたら
最高に美味しかった。。。。あと荒物屋さんで買った採れたてのリンゴも酸味が強くて好きな味でした。
こんな風に、その辺をちょっと歩いて美味しい食べ物が手に入る環境は、意外と贅沢な気がしていて
地方都市の魅力のひとつでもあるなぁと改めて。ぜひお勧めしたいアーケード探訪でした。

様々な素材を用いることで帆布バッグの世界観を広げ続けている”TEMBEA”
今シーズンはCANVAS11という薄手の帆布の表面をコーディング加工を施し、雨や水などに強いキャンバス素材を提案。
PVCコーティングは今までも展開されていたのですが、新しく中央にブランドのロゴマーク、デザインも新しいカタチで
ハンドルタイプ・肩掛けと2種類でリリース。容量の大きさが先ず目を惹く”CARRY TOTE”は、底のマチを広く設定した
肩掛けタイプのバッグ。
底のマチをかなり広く設定する事によって、普段お弁当と水筒を持ち歩く私達にとっても理想的な大きさとカタチ。
内側にもポケットを配した機能的な側面を併せ持っているので、普段使いから1泊程度の旅行までカバー出来る
物持ちの力強い味方になってくれるのは間違いないと思います。デザインも何処か洗練され過ぎていない印象で
全体のムードとして昭和の香りが何となくするのに惹かれてしまうのは、私だけでしょうか。。。

上部のみにスナップ釦が付くので、物がそれほど多く無ければ潰したような状態に出来ます。
持った際に肩や腕周りに引っ掛かりなくスムーズに持てるのも、大きなバッグになればなる程に
重要な要素だったりします。特に脇下の厚みがあるか、無いかでは大分印象も変わりますね。

実際に見てみると、見た目よりもしっかりとした大きさと迫力があります。
素材は軽い11号の帆布を使っているので、重さは然程気にならないと思います。
荷物をいちいち整理するのが苦手な私にとって、ざっくりとそしてたっぷりモノを入れて運べるバッグは
使い勝手が良く、汚れや雨なども気にせずにタフに使えるのもTEMBEAの良さだと感じています。

color      NATURAL

price      22000-(TAX IN)

size      43×35×22

色違いの”NATURAL”はより爽やかな一昔前のテニスバッグのような空気。
ロゴは赤でプリントされていて、格好良さのみを追求するのではなく、何処となく茶目っ気のあるところが
TEMBEAらしさを感じさせる部分、配色の妙にも惹かれてセレクトしてしまっています。

PVCコーティングなのでちょっとした濡れにも、汚れにも強いという利点を活かして
海・山・川・公園などなどのレジャーシーンにもお勧めです。
アウトドアに限定せずとも、習い事でもお買い物などでも一度に運ぶ荷物がたくさんある時に
タフで容量のあるバッグで、デザインもシンプルなものってありそうで無いような気がします。
大きいバッグが好きで、いつもついはりきってオーダーしてしまうのですが、今回は同じ素材とカラーで
ミディアムサイズもご用意しています。
そちらはまた後日ご紹介したいと思いますので、何かちょっと気分の変わるような新しいバッグを
お探しの方に、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

PageTOP