INFO

熱波にたじろぎながらも、なんとか7月も無事に終えることが出来そうです。
暑い中お運びいただきましたみなさま、ありがとうございました。

今シーズンはいつもよりも鮎釣りを楽しむ方が少ないように感じるのは気のせいでしょうか。。。
中津川沿いの草はもりもりと成長をして、今では僕の背丈を越える長さまできてしまって
遊歩道は両側から草や花に覆われて、川も見れない状態。
1日も早く草刈りが実施されないかな~とその日を心待ちにしています。


そして8月ですが、今週の営業日程についてお知らせです。
明日からは「さんさ踊り」がスタート。盛岡の夏もいよいよ本番を迎える大きなイベントで
待ち侘びている方も多いのではないでしょうか。
なのに天気が怪しいので・・・何とか良いコンディションで踊れることを祈るばかりです。
いつもはさんさ期間を夏休みにしていたのですが、今回は前半はオープンしようと思いまして
平日の後半にお休みをいただきます。3日(水曜日)から5日(金曜日)を連休とさせていただきます。
以下、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

8月1日(月曜日) 10:30 - 17:00
  2日(火曜日) 10:30 - 17:00
  3日(水曜日) 定休日
  4日(木曜日) 臨時休業
  5日(金曜日) 臨時休業
  6日(土曜日) 10:30 - 17:00
  7日(日曜日) 10:30 - 17:00

お盆の週は変わらずに水曜日は定休日、その他は通常通り10時30分~17時まで営業です。

7月30日

AULICO   TEE-SHIRTS

color     SAX

price     10450-(TAX IN)

SIZE     S    /    M    /    L

今日も相当に気温が上がっている様子の盛岡。
昨日はあまりの暑さに保冷剤を購入し、一日中、頭や首を冷やし続けていました。
昨シーズン頃までは涼しい素材のパンツありますか。。。というリクエストを多く頂き、ようやくというのか
ある程度のバランスでお応えすることが出来てきたのかなと思った矢先、最近は半袖の涼しいシャツありますか。。。
という数多くのリクエスト。え~っとと苦笑いしつつ、これしかありません!!とお勧めしているAULICOの新作Tシャツ。
そして有難いことに二回目のリピートも残りLサイズのみとなりました。
涼しい素材の長袖シャツを捲れば何とかなっていたような気がしていたのですが、もうそれでは凌げないかもと
いよいよ僕自身も感じはじめたころで、来年こそは半袖の涼しいシャツを”それなり”に揃えていきたいと思います。

AULICOの生み出すプロダクトは、どこか色気があって性別に関係なく選んで頂けているのが嬉しい。
展示会がある訳ではないので不定期に届くのですが、どれも1つ1つ完成度がとても高いと思っています。
新しいTシャツは、ポリエステル75%・リネン25%を掛け合わせた何とも不思議な質感。
太陽光に当たると肌が透けるような生地感で、その辺りも含めて色気というのかコットン素材のカットソーでは
この絶妙な塩梅は表現しきれない部分になるのではないでしょうか。

縫製を極力入れないミニマムに作成されたTシャツ。
簡素に仕立てているのにも関わらず何処か洗練された雰囲気にも映り、染色による透き通るような”SAX”と
シャンブレーの様な”DARK SAX”の2色展開。
袖も素材の影響を受けて綺麗に落ちて、肘が隠れる5分袖位までの長さまでくるので妙な安心感を覚えます。

前丈に比べると後ろ丈が少しだけ長めに設定。
ポリエステル×リネンという、あまり見かけない素材の特性から、生地がさらさらとしているのも手伝って
身体から離れて風が抜けていくので涼しさに繋がる要素。インナーのタンクトップは同ブランドの布帛素材を
組み合わせるとより機能的な側面を感じて頂けると思います。

color     DARK SAX

price     10450-(TAX IN)

SIZE     S    /    M    /    L

着易さで言うと”DARK SAX”の方がやや優勢な印象を持ちます。
ベーシックなパンツ類(デニムやチノ)に合わせた時にしっくりくる印象があるからではないかと推測。
もう1色の”SAX”はパンツに黒とか張りのある素材を組み合わせて頂けると、ナードなエッセンスがプラスされて
なんとなく怪しさもあってそこが個人的には好きなスタイル。
どちらも其々にふとした瞬間に個性が見える場面があるので、着比べて頂くのがベストだと思います。

サイズは既にLのみのご紹介ですが、普段Mサイズ位を着られる方にも、このパターンであればまた違う良さを感じて
頂けるはずです。涼しいトップスをお探しの方がいましたら、シャツ・カットソーともニュアンスの異なる
AULICOのTシャツをお試し頂ければ嬉しいです。ようやく僕も自分用に1枚手にする事が出来ました。嬉しい。

7月29日

homspun   バルキーシーチングノーカラーBL    /    ダブルポケットギャザーSK

color     オリーブ

price     19800-(TAX IN)                24200-(TAX IN)

SIZE     M SOLD                    M SOLD

color     サックス

price     19800-(TAX IN)                24200-(TAX IN)

SIZE     M SOLD                        M

color     WHITE

price     24200-(TAX IN)

SIZE     M 

何をしても暑いですし、何をせずとも暑いですねー。
毎朝ラジオでチェックする天気と気温。今日は34℃と聞こえた瞬間にクラッとしました・・・
産直でもとうもろこしを見ると迷わず買ってしまうくらい、体が欲するものも本格的な夏到来です。
(そろそろ枝豆も。。。)
珍しく食欲が落ちていた数日でしたが、先日のお休みにとても美味しいカレーをいただいたり
差し入れにいただいたお汁粉が沁みたり、やっぱり食べることは大事だと実感。パワーの源ですね。
どうぞ皆さまもしっかり食べて、7月も残すところ僅ですが元気でいましょう。

homspunのバルキーシーチングシリーズ。
やっぱりrasikuでは同素材のギャザーパンツが圧倒的に人気で、どのタイミングでご紹介しようかと
考えているうちにパンツはほぼ完売となり、あるのはWHITEのみ。
今季は継続して展開しているスカートと、もう一型ブラウスもご用意しています。
それぞれでも良いですが、セットアップで着るのもとてもお勧めなので合わせて着用してみました。
素材自体は高密度なコットンですので、30度を超える気候にはちょっと手に取るのは躊躇する生地ですが
半袖でノーカラーのブラウスは、Tシャツとシャツの間くらいの塩梅なので、気張らずでもラフ過ぎないという
絶妙なバランスが、実はとても頼もしかったりするのではと思える一枚です。
詰まったクルーネックにはいつもの太番手ステッチがアクセントになり、袖は二の腕が隠れるくらいの5分袖。
一見シンプルなデザインですが、スッキリとゆったりの見せ方であったり、正面と後ろの印象の違いだったり
ボトムを合わせた時のシルエットなどなど、着るとこれは巧妙に仕組まれたブラウスだと感じると思います。

首裏にキラッと光るシェルの釦。
1箇所だけをループで留めて着る、プルオーバータイプのブラウスです。
肩は少しだけキュッと内側に入りますが、そこまでタイトな感覚は無いですし
その分アームホールと袖幅がゆとりを持たせた幅広の設定になっているので、着心地も楽です。
身幅は脇下にダーツを入れることで、裾にかけて極微かにシェイプしています。
着丈が少しだけ長いのですが、スッキリとしたラインにスリットをプラスすることで
タックイン・アウトどちらの着方も出来ますし、ボトムにボリュームがある組み合わせの際も
上下のバランスが整いやすくなっています。
なので同じ生地のギャザースカート・パンツとの着合わせがとても良いのも頷けます。

そしてこちらが何度目かの展開になりますが、変わらずに重なりポケットが素敵なスカート。
色展開では、着用のサックスが新色となっています。
バルキーシーチングは薄手ですが高密度でハリのある生地。タフな質感で透ける心配もなく
お洗濯も心置きなくご自宅で出来る安心感もありますし、通年で着用いただけます。
その分、真夏は暑いかな・・・と思っていたのですが、スカートですと風が抜けてくれるので
想像よりもずっと涼やか!でした。涼しい素材のパンツばかりに気持ちが向いていましたが
スカートやワンピースを一枚でさらっと着るのが、実は快適なのかもしれません。

ダブルポケットギャザースカートに限らず、homspunのギャザースカートの良さは何といってもシルエット。
生地によっても違いますが、この生地のようにハリがあると膨らみがどうしても気になってしまいます。
ですがhomspunのギャザースカートは、ウエストが太いゴムでキュッと締まって腰の位置は適度にふんわりと、
そして裾にかけて流れるようで、ボリュームを気にせずに穿けるというのがとても嬉しいポイントですし
Tシャツに合わせても、それだけで様になるような、ポケットだったりステッチだったり小技が効いているという点も
間違いなく人気の理由ですね。ついつい色違いで、丈の長さ違いで、素材違いで・・・と増えていくのも自然なことかと。

普段タックインすることがほぼ無いのですが、裾がスッキリしているブラウスはインした時にも
腰回りがもたつくことも無いので、意外とあっさり着られそうです。
セパレートですがワンピースのようにも見えて、上下それぞれの使い勝手も間違いなく良いので
私服でお仕事されている方にも、バリエーションが増えるという点でもセットアップがお勧めです。
もちろんスカート、ブラウスどちらかだけでのお求めも大丈夫です。
新しい服を着ると気分が幾らかフレッシュにもなるので、暑いですがぜひお試しにいらしてください。

定休日のお知らせ

明日27日(水曜日)は定休日となります。
一気に気温が上がってきましたので、水分補給と栄養補給しながら夏を乗り切りましょう。

7月24日

TEMBEA   GARDEN HAT

color     BEIGE

price     8800-(TAX IN)

SIZE     0    /    2

ようやく梅雨明け。。。というか何をもって梅雨というのかも分からなくなるくらいに
雨の降り方や、気温の上がり方など、気候の変化が大きくて、この先もどんな夏になるのか・・・。
今週は晴れ間が続きそうで、岩手県の高校野球も明日が決勝戦。天気が良い中でで何よりです。
セレクトする商品の中でもバッグや帽子などの小物類は、最終的に直感で選ぶことが殆どですが
余程太陽の陽射しを防ぎたいと思っていたのでしょう。今季はハットが次から次へと入ってきます(笑)

TEMBEAの新作”GARDEN HAT”は、商品名にある通りで庭仕事の際に良さそうなドローコード付きのハット。
素材も久しぶりにタフな素材の代表とも言えるコットン60%・ナイロン40%を掛け合わせた
通称ロクヨンクロスと呼ばれる、マウンテンパーカーなどに用いられることの多いパリッとした質感。
最近は軽い素材に惹かれることが多かっただけに、ヘヴィーな素材を目の前にして、これはこれでアウトドアや
畑仕事などに良いなと思ったりしています。街中から畑までではないですが、何処となく服装の合わせ易さを
感じていて、守備範囲の広さがTEMBEAの作る帽子にはあると思っています。

ツバが広くジャングルハットの様な佇まい。
素材がやや硬めなのでツバの形状を自分の好きなように出来るのも64クロスの特性かもしれません。
あごに固定できる紐は風の強い日や自転車での移動時などに、ハットは案外風の抵抗を受けて
飛んでいってしまう場合が自分の帽子でも多々あるので、よりアクティブなシーンにぴったりの仕様。

color     RED

price     8800-(TAX IN)

SIZE     0    /    2

色展開は全部で3色。
ベージュ・ネイビーは間違いない色目に対して、レッドは刺し色として全体のトーンを明るく程良いアクセントに。
森林の中を散歩したり、緑が多い場所だと色物がきれいに見える様に思います。
アウトドア用として普段中々身に付けない色を選ぶのも、より非日常感があって楽しみ方のひとつ。
真っ赤な赤というよりは、くすんだ赤なので被ってみると案外しっくり方もいらっしゃると思います。

color     DK-NAVY

price     8800-(TAX IN)

SIZE     0    /    2

TEMBEAが作る帽子の良さは、どのタイプの帽子に関しても本格的すぎず適度に抜け感があって
力まず気を緩めてくれる様なユニークさと、素材と色の気の利かせ方が絶妙な点。そして実用性。
CAPも数種類、その他バケツ型など実は店頭には他のモデルも並んでいます。
一度使いだすと、他の形が気になって気付けばいつの間にか増えているTEMBEAのバッグ同様に
帽子も一度被ってみると癖になってしまう方が多いです。
GARDEN HATは、これからの時期の外遊びに最適な形。サイズもあるので帽子が欲しいけれど
試着するのが・・・という方にも、ぜひお試しいただければと思います。

TEMBEA   CAMP GUNTE

color     GREY-MIX

price     3300-(TAX IN)

SIZE     F

冬の軍手シリーズがお馴染みになり、今季は新しくキャンプなどに用いる際の軍手がリリース。
薪を運んだり、ダッジオーブンを持ち上げたりと、何だかんだとあったら便利な厚地の手袋。
使い始めはぎゅっとした感覚がありますが、少しずつ広がって外遊びや自宅の鍋掴みとしても
色々と妄想が膨らむ。。。そんなアイテム。素材は綿100%。
ちょっとしたギフトにというのも、気が利いていて喜ばれるのではないでしょうか。

流木を掴んでも安心なふかっとした厚み◎
一時期は夏に県内のキャンプ場に行ってたこともありましたが、今は俄然年がら年中温泉の方に・・・
眠っているバーベキューコンロなども、これから出番はあるのだろうか。。など思いながら
こういったグッズを見てしまうとなんだかウズウズしてしまう道具から揃えるタイプの人。
これからキャンプ・アウトドアしたいと思っている方に、ぜひテンションの上がるアイテムで
より楽しい時間をお過ごしいただけたら嬉しいです。

PageTOP