9月24日

HATSKI   BACK BUCKLE DENIM

color    ONE WASH

price    24200-

SIZE    0    /    1    /    2    /    3    /    4

昨日からの3連休、今日は中日ですね。雨が朝から降って湿度が高め。
張り切って出したストーブは一旦お休み、その代わり気を抜くと生乾きになりそうな洗濯物をファンヒーターで乾かす。
どっちにしても何らかのストーブは使っているので、機能性は色々とあるにせよ灯油ストーブは偉大ですね。

HATSKIから久しぶりに新しいカタチのデニムをセレクトしました。
今まで展開してきたデニムは15.6OZのウェイトのある素材でしたが、BACK BUCKLE DENIMは2オンス下げた13.6OZの
軽快な穿き心地の1本です。見た目では正直違いは分からないですが、足を入れた瞬間に全くの別物というのは
わかって頂けるはずです。
ヴィンテージの中でも年代がかなり遡る、1930年代頃の特徴的なディテールであるバックルがお尻に付き
シルエットは当時を踏襲したワイドなパターン。リプロダクトでもなく、ヴィンテージの様な色落ちや細部に至るパーツや
縫製技術を再現する様な方向性ではない、いつも通りの普段着として何も気にせずに穿けるのが個人的には良いなと
思っています。モノ自体に力強いオーラを放つものはそれはそれで好きですが、様々な洋服を手にして着てきた中で
今の生活に無理なく馴染んでいるのがHATSKIのデニムで、正直そうなるとは自分でも思っていませんでした。
毎日でもデニムを穿きたい方にも、とても心地良くフィットしてくれると思いますし、選ぶサイズや丈の長さ
靴とのバランスなど、その人自身の感覚的な部分やセンスが浮き出るところも惹かれる理由かもしれません。

HATSKIで展開しているWIDE TAPEREDのシルエットに近い感覚があります。
お尻まわりからワタリにかけて、身体を締め付ける部分がなく裾にかけて緩やかにテーパードさせて丈はスッキリと。
好みは分かれそうな雰囲気ですが、ぎゅっとしたデニムが少し疲れるなと思ったタイミングで試して頂けると
新しい感覚と締め付けのないシルエットの面白さを発見して頂ける様な気がしています。

ワンウォッシュの状態なので、当たり前ですが立体感がなくのっぺりとした見た目。
使用頻度にもよりますが、最低でも2年穿いて頂けるとほんのりと自分らしさの様な雰囲気が出てくると思います。
そこまで辿り着くかどうか。。。がデニムを穿き続ける難しさでもあり、人を魅了し続けている理由なのかもしれません。
仕事着としてデニムが大丈夫という方の、ダメージの進行具合は逆に凄いものがありますが(笑)
もし身近にそういった方がいらっしゃれば、一ヶ月くらい預けてみても良いかもしれませんね。
かくいう私も数年前まではデニムをきちんと色落ちするまで穿いたことがありませんでした。
HATSKIのデニムは既に2本、そろそろピークを超えてきているなという所まできているのを見ると
自分でも正直びっくりします。なので、バックルバッグの付いたデニムがとても気になって眠れなくなる寸前です。。。

これから季節が進んで、質の良いセーターにデニムの合わせ、もしくはフランネルなどの温かみがある素材に組み合わせて
足元はくたっとしたキャンバススニーカーを。普通な服装かもしれませんが、何処か情緒を感じたり、なんとなくでも
雰囲気が良い服装がしたいなと思い続けています。
デニムは主役でもあり脇役でもあると思うので、ある程度の年数を穿き続けてみたいと感じて頂ければ嬉しいです。

サイズ展開は0・1・2・3・4の5サイズ、フルサイズでご用意しています。
ジャストサイズで合わせるのも、そうでなくワタリやお尻周りのゆとりで決めるのも、其々が思い描くイメージ
穿き心地があると思いますので、固定観念に囚われ過ぎずに自由な発想を持ってご試着いただきたいです。

PageTOP