9月8日


ASEEDONCLOUD  Csangos Dress

color           beige  

price           36000+tax 

SIZE           F


出張から戻った翌日から、続々と届く秋冬を彩る服の数々。(特にレディス!)
心なしか涼しさも増してきたように感じられるのと、東京が想像以上に暑かったこともあり
気候が気分と相まって、物欲急上昇です。店頭に出す度に「良い!欲しい!」と言っています。
今季、ASEEDONCLOUDよりリリースされた″Csangos Dress″を生地別注と言う形でオーダーさせて貰い、
コート色が強めな、上品さと恰好良さがバランス良く混ざり合ったワンピースに仕上げていただきました。
毎シーズン、様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得て、その職業の人、時には人とも言えない
何者かが着ている作業着や部屋着など、生活の匂いもスパイスとして香らせて、表現されるASEEDONCLOUDの服。
いつも思うことは、この圧倒的な世界観や服の可能性や面白さを、どう自分達に落とし込み提案するか。
難しさも感じますが、そこを考えるのが楽しくもあります。


ASEEDONCLOUDが得意とする、古い時代の作業着に含まれるシンプルな美しさをデザインに落とし込んだ
ワンピースは、前後どちらでも着られる仕様になっていて、見た目の印象も大胆に変化するところや、
自然と着方のバリエーションを考えたくなるディテールは、毎回見応えがありますし、素直に着るのが楽しいです。
自分で想像を膨らませて・・・と言うと、ちょっと着るのは難しいかも?と躊躇してしまうかもしれませんが、
ASEEDONCLOUDの服は、決して押しつけがましい感じでもなくて「もし前後逆に着たくなった時は着れます。」
ぐらいの立ち位置で居てくれるので、無理しないところで着方を遊べる点も嬉しいなと思います。


医療用ユニフォームなどに見られるちょっと癖のある衿の形。きゅっと詰まっている訳では無いので、
苦しさなどは無く、見た目にも凛とした印象を与えてくれます。
肩や袖には細かくギャザーが施されていて、ふっくらとした女性らしいシルエットが生まれます。
ボタンを留める留めないでも、袖の見え方が少し違ってくるので気分次第で。


横と後ろから見た時、すっきりさせる所と楽にする所、あとは丸みを出す所。
表情豊かで綺麗なシルエットは着ていて気持ちが良いですし、デザインが多少個性的でも
それが目立つというよりは、人を惹き立てるという感覚があります。
大きめなボタンが三つ。右下にポケットがひとつ。背中で紐を交差させフロントで結びます。
後姿はよりユニフォーム的な要素が色濃く出ていて、デニムや軍パンなどのメンズライクなボトムとも
相性が良いので、カジュアルに着たい気分の日にも合わせられます。
素材はコットン100%で生地にはハリと程良い光沢感があります。
生地感はやや強めですが、光沢によってエレガントな雰囲気もあるワンピースですので、
ふり幅も広く、足元を変えたり、色々な組み合わせで着こなしを楽しんでいただければと思います。


前後を逆にして羽織って見た所。立ち襟が凛々しいです。
釦が高めに位置するので、下の方がスリットの様になっています。
インにスカートやキュロットを合わせて、色や柄を覗かせるのも素敵です。
勿論かちっと釦を留めベルトを通して後ろで結ぶも良し。さらには内側には隠し?ベルトループが
あったりして、紐を中にしまっておくことが出来たりと、他にも秘密の仕様があるのでは?と
探したくなってしまうような服。


デザイン性は強く感じるのに、着ると不思議とそこまで個性的過ぎずに馴染んでしまうのは、
本来洋服の元ともなる作業服や職業服などをインスピレーションとして要所要所に落とし込まれているからこそ。
今回別注した素材も、気兼ねなく日常使いでタフに着る事をイメージしています。
洗ってシワがあっても気にせずに着て頂きたいですし、秋と春の一重のコート代わりにもお使い頂けますので
ご自身のライフスタイルに合わせた着方を楽しんで頂ければと思っております。
コレクションブランドらしいファッショナブルな一面と日常着としての役割との両面をバランス良く取り入れた
一着に仕上がりました。どうぞお試しください。

9月4日


STYLE CRAFT WARDROBE    T-SWEATER♯2

color         NAVY BLACK

price         16000+tax 

SIZE             /    Ⅱ    /    Ⅲ

color         GRAY 

SIZE         Ⅰ    /    Ⅱ    /    Ⅲ

まだ雨は降っていないものの、どんよりとした厚い雲が空一面を覆ってきました。
何だか心も身体もじっとりとした重さを感じる一日になりそうです。
空気の中にしっかりと湿度を感じるので、張り切って長袖を手にしようとは思えないのですが、
秋の入り口にお勧めしたい長袖が届いています。
STYLE CRAFT WARDROBEが毎シーズン素材を変えながら作り続けている″T-SWEATER”
今シーズン選んだ素材はアメリカの高級コットンと位置付けされているスーピマコットンを使用した1枚。
生地表面に品の良い光沢があり、ゆったりとしたシルエットながらもラフになり過ぎずに大人がきちんと着れる
絶妙な落としどころのカットソーに仕上げています。
自分自身も含めてですがリピートして買い足して下さる方が多く、一度袖を通すと素材の着心地の良さは勿論の事
カットソーの概念を覆すくらいのストレスを一切感じない独自のパターンに気付いて頂けるはずです。


首元はすっかりと詰まったクルーネック。
肩はラグランスリーブを採用し、袖と裾に切り替えしの細めのリブが付きます。
身頃がゆったりとしていますが、決してオーバーサイズという作りな訳ではありません。
カットソーを着ているのですが、少し背筋が伸びる様な感覚さえあります。
無理・無駄を最大限に取り除き、それでいてブランドらしさをきちんと表現した素晴らしいアイテムだと思います。


裾と袖に付いたリブのテンションが程よく設定されていて、少し腕まくりが出来るくらいのゆとりを持たせています。
カットソーに関しては、ちょっとした事で着心地の良さなどに直結する事が多く、実際に着てみて分かる事も多いのですが
T-SWEATERは、生地の選び方や1つ1つのディティールが絶妙なバランスで作製されています。
シンプルなアイテムですが、着ているとカットソーの奥深さに気付けたり着方を考えたりする事のきっかけになるくらい
色々な事にはっとさせられる要素が詰まっています。
サイズの選び方に関しては、今までの固定概念を無くしてどれくらいの余裕を持たせて着たいかというシルエットを重視した
選び方がお勧めです。


お気に入りのカットソーを見つけるのは、簡単そうに見えて案外見つからないと思っています。
例え気に入ったものが見つかったとしても、色違いや同じ商品を買い換えたいと思ったとしても作り手の側が
同じ製品を作り続けるかどうかも分かりませんし、巡り合わせや時の運とも言えば良いのでしょうか・・・
カットソーに関しては、そういった事を強く思ってしまいます。
STYLE CRAFT WARDROBEのT-SWEATERは、細かなディティールをアップデートしながら作り続けれていて
シーズン毎に素材違いなどもリリースされるので、rasikuでは提案をし続けたいと思うアイテムの1つです。
カットソーの種類をある程度お持ちの方には、新鮮に感じて頂けると思いますし、1枚でサマになるので
季節の変わり目にとても重宝するはずです。
是非サイズが揃っているうちにお試し頂ければと思います。

9月2日


TATAMIZE    NO COLLAR SHIRTS

color         STRIPE

price         20000+tax 

SIZE          S    /    M    /    L

朝の気温と日中との気温差が大きくなり、何を着て出掛けようかと迷う日が続いている様に思います。
僕自身もお店に着ついて、着てきたものがどうにも暑くて脱いだり、温度調節に悪戦苦闘しながらも、
そんな日々もずっと続く訳ではないので、この巧くいかない感じも良いなと思いながら楽しんでおります。
TATAMIZEから新型シャツが届きました。展示会で見た時のインパクトが大きかった″NO COLLAR SHIRTS″
襟の形状やデザインの面白さなど洋服好きの心を動かす″TATAMIZE″だからこそ生まれるアイデアとユーモアが
詰まった1枚。洋服だけの力に頼らずに自分の感性や感覚、着方を問われている感じが心地よくもあります。
衿元はクルーネックの様なデザインで、表現が難しいのですが布帛素材で襟が付けられている事でシャツだと実感出来ます。
プルオーバータイプのシャツは、TATAMIZEが作り続けている得意なパターンで着難さなども含めて一度袖を通すと
病み付きになる前開きのシャツとは一味違う雰囲気があります。


素材はコットン100%の薄地のブルーストライプ。
通年素材なので、カーディガンやプルオーバータイプのベストなどを組み合わせて着るのもお勧めです。
これからはニットベストなどが活躍する時期なので、相性の良さを感じて頂けるはずです。


裾のラウンドした形状はクラシックなシャツを髣髴とさせるデザインで、基本に忠実な部分とオリジナリティが
交錯する落とし所の面白さがあります。
基本的にはタックアウトで着る方が使い勝手が良いと思いますが、プルオーバータイプですがタックインで着ても
不思議と様になる点もデザインの妙かもしれません。


プルオーバータイプなので、少しゆったり目のサイズ感がお勧め。
着丈が少し長めに設定されていますが、裾のラウンドの形状が視覚的にすっきりと見せてくれるので
自分なりの着方に落とし込んで頂ければと思います。

TATAMIZE    BBC

color         NAVY CORD

price         9000+tax 

SIZE          M

color         BROWN CORD


春夏シーズンに引き続き、秋冬素材の太畝コーディロイでリリースされた″BASEBALL CAP″
TATAMIZEのアイコンになりつつある″WORK CAP”とも違う、乗せて被るという新しい感覚と愛嬌のある表情が
個性を惹きたてます。凹凸のある太畝の素材感も抜群に良いです。


4枚剥ぎで構成されていて、縫い目は白のテープで補強をされています。
帽子に芯が入らないので、くしゃっと折り畳んで持ち運べるのも旅行などに行く際にも重宝する理由の1つです。


どちらも一癖あるデザインですが、少しずつ自分のものにしていく過程がTATAMIZEらしさだと思っています。
似合う似合わないもあると思いますが、イメージを変えたり、引き出しを増やすという意味でもTATAMIZEの洋服は
今までとも違った感性を自分次第で如何様にも広げてくれるはずです。
厚着をする前の、貴重な期間。洋服選びは難しいですが、逆を言えば何でも許される季節かもしれません。
ふらりとお立ち寄りくださいませ。

8月31日


susuri     フルッターパンツ

color      black (cotton 100%)

price       19000+tax 

SIZE        F

color      beige (linen 100%)

price       21000+tax 

SIZE        F SOLD

前回ご紹介した際に、BLOGを見て気になって・・・と嬉しい反応が多かったsusuriの万能フルッターパンツ。
ワンピースやチュニック、スカートなど薄手の素材の透け防止に一枚重ねて頂いたり、着丈が微妙に短く感じたり
ちょっと一癖欲しいなと思った時に、サッと穿くだけで心を満たしてくれる&ちら見せプリーツが至高の一着。
前回は繊細な綿ローンを用いた薄地のタイプに、金糸がキラキラ光のように差し込んだデザインのものでしたが
今回秋冬のコレクションでは、素材違いでベージュとブラックの二型でリリースされました。
ブラックの真っ黒さは静かで暗く冷たい気配を感じさせますが、実際に触れた生地はネップ感のある柔らかな素材。
もう一方のベージュもつぶつぶとしたネップとシボのある表情がどこか切なくも映る、淡く滑らかなリネン素材。
インナーとして穿く事を考えると、どちらの生地も通年活用出来そうな気もしますし、リネンとコットン二つの
素材を同時に見てしまうとどちらも甲乙付け難く、春夏で展開したより薄地のものを着用している身としては、
その使い勝手も知ってしまっている分、二本目・三本目と持っていてもいいんじゃなかろうかと・・・
何処からともなく囁く声が聞こえてきます。それぐらい優秀で万能で、何よりもこの甘さを抑えつつも幅しっかりで
大人が楽しく重ね着できる裾プリーツのデザインが大好きです。


ウエストはゴムでサイズもフリーですが、腰回りワタリ幅などもある程度余裕はあるものの
スカートやワンピースがたっぷり膨らんだり、ゴワついたり、変に広がったりはしない、
すっきりとしたシルエットです。
ワンピースやチュニックと重ね合わせた際に、揺れ動く裾から覗いたヒラヒラの裾が、
どちらも一緒になって繋がっている様にも見えたりと、主役を惹き立てるアイテムでありながら
インナーパンツその物も主役の一部を担うという働きっぷりが素晴らしいのです。

合わせているスモックワンピースも届いたばかりのsusuriのものです。
小さくリボン、チェックに見える凸凹の生地、袖口と袖の膨らみ、ネックラインなど、叫びたくなるくらい素敵です。
ワンピースの詳細はまた少し季節が進んだらお伝えします。気になる方は店頭まで。


ブラウンやカーキ、そしてグレーや黒。
季節が進めば、自然と気分も移ろいで、気になったり手に取る服の色目が変わってきます。
柔らかなベージュも、凛としたブラックも、どちらも秋や冬の静かに落ち着きのある色合いとの
相性が良さそうですし、お手持ちの服の印象をほんのりと変えてくれるパンツでもあるので
ちょっとした見た目の変化が、見慣れた服に新鮮さを与えてもくれます。
一枚あれば良いなと思うニッチなアイテムですが、一度穿いて頂くと生地違いで欲しくなってしまう理由が
きっと分かると思います。先ずは、ぜひ一度お試しください!

8月30日


TEMBEA     3CAP

color        NAVY

price        5500+tax 

SIZE        2 SOLD

color        BLACK SOLD

color        CHARCOAL SOLD


個人的にも愛用していて、毎シーズン展開を続けているTEMBEAが作るワークキャップ。
ロゴが入ったタイプを数シーズン続けてきましたが、今回は別注というカタチでロゴ無しバージョンを展開中です。
ベースボールキャップとアンパイヤーキャップの丁度「間」を取ったようなデザインは、
被り口が浅すぎず、かと言って深過ぎずで、その加減もなんとも絶妙。単品だけで見ると伝わり難いかもしれませんが
色々CAPを被り比べるとわかる、如何にもベースボールキャップ!といった風貌にならない点が流石のTEMBEAです。
似たような形の帽子を被ってはいますが、中でもここ数年は頻繁に登場する帽子の中の1つです。


今シーズンはクラシックな素材、60/40クロスを用いてリリースされています。
普段使いや、カジュアルな街着に合わせての提案ですが、物作りする方が作業する時に被ったり、
アウトドアやレジャーを楽しむ際に、多少の雨は弾く素材なので雨除けとしてなど。様々な場面で活躍すると思います。
マットな生地感なので服にも合わせ易いですし、アジャスターが付くのでサイズ調整が幅広く対応出来る点も
人気の理由です。汚れたタイミングでじゃぶじゃぶ洗えて、扱いが楽なのも手に取り易いと思いますし、
はじめは照れるかもしれませんが、素材がくたっとなったくらいの雰囲気だと意識せず格好良く被れますよ。


帽子は被る被らないがはっきり分かれるアイテムですが、自分が気に入ったものを見つけると色違いや素材違いで
毎シーズンリリースしていると、男性特有かもしれませんがどうしても収集したくなるもの。
洋服以上にしっくりくるものに出逢うまでの道のりが険しく、失敗する事も多々あるかもしれません。
そういった経験や投資は何か物を買う以上は必要だと思いますが、感覚的に「これっ」というのが見つけた時の嬉しさは
何とも言えない喜びがあります。被る人のアイコンにもなり得るので帽子選びは楽しいですし、少しずつでも気に入って
被ってくれる方が増えたら良いなと思っています。


カラーはベーシックな色を3色で揃えました。今時期はロンTEEやスウェットなどが相性抜群で気温が下がりウール素材が
着れる気候になれば、発色の良いシェットランドセーターなどと合わせるのも良いなと思っています。
TEMBEAの作るキャップは、帆布で作るバッグや小物と同様に、分かり易く人目を惹くデザインという訳でもなく
クリアで淡々とした表情が好みです。フラットな目線で作られるアイテムだからこそ、使う人や被る人の色に
徐々に染まっていくそんな過程が楽しいんだと思います。自分の個性を少し引き立たせるアイテムと思って、
挑戦して頂ければ嬉しいです。今までになかった、新しい引き出しが増えるかもしれませんよ。

PageTOP