11月11日


SOWBOW    蒼氓シャツC

color        DK INDIGO  

price        25000+TAX

SIZE         1   /   2   /   3   

今シーズンからお取扱がスタートした″SOWBOW”
春夏はイタリアンカラーとレギュラーカラーの前開きシャツを2型展開していましたが、秋冬の新作として
リリースされたモデルは、ざっくりとした表情が特徴のプルオーバータイプのシャツ。
最初にサンプルを見た時にはお世辞にも着易いとは言えないデザインだなという印象でしたが、翌日になっても
なんとなくずっと頭の片隅に残像が残っていて、これは着ていくうちに良くなると思えてセレクトしました。
今時期に重ね着するのに丁度良い肉感のコットンネルを使用。元々は生成の生地ですがSOWBOWの得意とする
インディゴ染めでじっくりと時間を掛けて製品染めを施しています。
ネル素材はブロードやオックスなどと比較すると、染料が生地に入り難く通常の5倍くらい時間をかけて染め上げる事で
色ムラなど一切無く綺麗にインディゴの深いブルーが生地に定着しています。
インディゴと言えば色落ちや経年変化を期待してしまいますが、SOWBOWが作りだす製品はあえて色落ちがし難い
染色方法を選ぶ事によって、量産されるプロダクトの様な冷たい雰囲気を纏っている様に思います。
どちらが良いとか悪いではなく、ブランドとしてのポリシーが何よりも大切で、お客様にどう着て貰いたいか・・・を
しっかりと製品に落とし込んでいると思います。


デザインはプルオーバータイプで、首元はスタンドカラーとも違う深く大きく開いたスキッパータイプ。
基本は開けて着るの方が自然だと思いますが、女性が着る場合には首が細いので釦が留められるかもしれません。
肩線はドロップした位置で、腕から袖にかけてもゆったりとした設定。
袖口はぎゅっと絞って綺麗に細かくギャザーを寄せて処理しています。
身頃がゆったりとしているので、インナーにシャツを着ていても着る際のストレスは全くありません。
生地も柔らかく着心地抜群で、保温性も確保出来る1枚になると思います。
特に今時期はシャツの上に何かを羽織りたいと思うのですが、シャツにシャツを上から重ねるという新しい着方が
とても新鮮でしっくりときています。良い意味で自分自身の固定概念を覆してくれた様に思います。
何かのデザインソースがある訳ではなく、SOWBOWが考え出す独特のパターンは自然と惹きこまれてしまう
不思議な魅力を放っていて、それでいて普段着として成立する絶妙な落とし所が選ぶ理由かもしれません。


大きく深く入ったサイドスリット。
釦は有田焼で作製されていて、九州での物作りを掲げるだけにブランドのアイコンの1つにもなっています。
単純に着易いシャツではないのですが、それなりに癖があってもすんなりと入ってくるような感覚は
洋服を幅広く深く熟知したデザイナーだからこそ生み出す事の出来る、デザインの妙だと思っています。
僕自身も早速1枚手にしてみましたが、インナーはバンドカラーのシャツとの組み合わが今の所はしっくりときていますが
もう少し季節が進んだ時にはハイゲージのセーターを合わせてみようかと想像を膨らませています。
サイズ感などを含めて着方の自由度が高いシャツなので、少しずつ距離を詰めながら自分なりの落とし所を見つける
楽しみがあるのではないでしょうか。こういうアイテムは時間の経過と共に着れば着る程に好きになってくると思います。


バックのスタイルもアシンメトリーな切り替えが珍しいデザイン。
なかなか気付き難い部分にも、きちんとギミックを加えている作り込みの高さにも感心させられます。
SOWBOWというブランドの匂いや癖がしっかりと服にも漂い、デザインと素材感との組み合わせも良い塩梅な1枚。
世代も性別も問わずアンテナに引っ掛かった方は、ぜひ袖を通して頂きたいです。おすすめです。

11月9日


JOHN SMEDLEY  WILLA

color         MIDNIGHT  

price         33000+TAX
 
SIZE         XS   /   S   /   M 

color         HEPBURN SMOKE

SIZE         XS   /   S   /   M

店のすぐ近くの大銀杏の木も日に日に紅葉が進み、緑、黄緑、黄、金へのグラデーションが美しく輝いて見えます。
そのうち現れるキラキラのアフロと、その後のイチョウの葉のふかふかな絨毯が楽しみだったりしています。
季節の移り変わりの早さには思わずぶるっと身震いしてしまいますが、毎年変わらずに四季折々の美しい景色に
出逢える瞬間は、少し立ち止まってでも目や耳や肌の五感を研ぎ澄ませて全身で感じていたいなと思います。


店頭では毎シーズン楽しみにして下さる方も少しずつ増えてきた様に思う″JOHN SMEDLEY″のニットが
相変わらず凛とした表情で並んでいます。
秋冬でオーダーしているのは、JOHN SMEDREYが誇る上質なメリノウールを使用したカーディガン。
毎年クルーネックのタイプを選んでいますが、実は毎回異なるフィット感やシルエットの物を選んでいます。
今回セレクトしたのは新しく展開された″WILLA″というモデル。
身頃はややゆとりがあって着丈がすっきり短めなBOX型シルエットは、今まで展開してきたJOHN SMEDREYの
どのモデルよりも良い意味でクセが無く、個人的にも好きな形でした。


着用モデル身長166cm size M
高身長でもバランスが取り易くロング丈のワンピースやスカート、ワイドなパンツなどに合わせるのにも
丁度良い身幅と着丈。それでいて小柄な方にも着易く感じるシルエットだと思います。
サイズ選びに関しても展開する型によって毎回悩むのですが今回はXSからMまでの3サイズ展開にしています。
身頃がややゆったりな分Mサイズでも程よく余裕があるように感じます。M・Lぐらいのサイズ感。
ただし腕周りに関してはそこまで広くは無いので、中に厚地の物を着ると窮屈だったりもたつきが出てしまうので
インナーは着てもシャツなどの布帛で滑りの良いものか、薄手のカットソーなどをお勧めいたします。


首元は正統派なクルーネック。きゅっとした詰まり具合も絶妙です。
釦は留めずに前は開けっ放しで羽織る様な感じでラフに着るのも好みで、シャツワンピースやノースリーブの
ワンピースなど合わせるのも良いなと思いますし、写真の様にハイネックやモックネックのニットなどに
さらりと合わせるのも素敵だなと思います。
普段使いにはちょっと緊張してしまう・・・という方も多いのですが、今回選んだ″WILLA″の特徴としては
所謂JOHN SMEDREYが得意とする30ゲージのきめ細やかな糸よりも、少しだけ太さのある22ゲージの糸を使用。
滑らかさと共にぎゅっと詰まった質感は見た目にも表れていると思いますが、袖を通した際に
より強くしっかりと感じていただけると思います。
ですので、丁寧に扱うに越したことはないのですが、自分達も自宅で洗濯もしていますし思っていたよりも
気兼ねなく普段のカジュアルな服に合わせて着ているので、着てみたい気持ちがあれば勿体無いと思わずに
ぜひ一度、極上のとろける素材に袖を通してみていただけたらなと思います。


2世紀以上に渡りハイゲージセーターの最高峰として、英国生産で作り続けられているJOHN SMEDREYのニット。
シンプル且つミニマムなデザインで、ここまで気品を感じるセーターは中々出逢う事は無いと思ってしまいます。
繊細でありながらも気取らず、日常着として生活に取り入れる事の出来る側面をきちんと合わせ持っていて
「人が着る」ことを前提に、素材に拘りそして人の手による仕上げの技術を保持し続けたニットメーカーだからこそ
今もこうして、その物の良さに共感して手にしてくれる方が多いのだなと思います。
休みの日やちょっと体が疲れている時など、肌触りの良い洋服を着て過ごしていると、その日1日がとにかく穏やかで
リラックスして過ごせたり、気持ちの部分での満足度が高いセーターになるはずです。
是非、一度袖を通して頂きたいと思っております。何度見ても素晴らしいセーターです。

11月6日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE LARGE

color       OLIVE×DK-BROWN

price       11800+tax 

SIZE        29×49.5×15.5

color       GREY×DAIDAI

TEMBEAのバッグと言えば・・・と思った時に、真っ先の思い浮かべるデザインがこちら。
バゲットを入れるために作られた縦長でワンハンドルのトートバッグ″BAGUETTE TOTE”
自分達が初めてTEMBEAを購入した時に選んだモデルも″BAGUETTE TOTE”でした。
それも何と、2BAGUETTE!!
今思うと何故違う形のものを選ばなかったのかなぁとも思うのですが、普通っぽいのに普通じゃない
ここにしかないデザインの良さに惹かれたのと、色や柄・素材など一つに絞りきれない巧妙なライン展開に
見事にはまってしまいました。笑
なのでこのBAGUETTE TOTEには思い入れもあって、その時買ったものは今でも大切に使っています。


少しずれた位置にある持ち手は肩に掛けやすいだけではなくて、当然長いものが入れ易いようにもなっています。
また持った時の手の位置やバッグと身体の接着面など色んな部分の納まり具合が良くて、落ち着くのもひとつ。
人が持っているのを客観的に見ても、見た目が良いなと思いますし、定番として愛される物の共通点としてあるのは
使ってみてはじめてその人だけに分かる「なんか良い」が詰まっている物だと感じます。


今回ご紹介する″BAGUETTE TOTE LARGE″は、その時に自分達が選んだモデルと同じ大きさで
デザインは若干異なりはしますが、どっしりとした迫力のある雰囲気に妙に惹かれる自分がいます。
最近ではBAGUETTE TOTEのminiがラインナップに増え、店頭でも特に女性のお客様やギフト用にと好評中です。
それとは真逆に振ったLARGEのサイズ感はminiと比べると一段とより大きさを感じます。
自分達は夫婦兼用で色んな場面で使っていますが、体格の良い男性が持っても良いなと思いますし
大きいバッグがお好きな方には堪らない大容量なトートバッグです。
生地が馴染んでくると大きさをそこまで感じなくなると思いますし、日帰りの出張などに良く使っています。
縦に書類がすっぽりと入って、カメラに飲み物・お財布・ストールなどを詰め込んで丁度納まるくらいです。


カラーはオリーブ×焦げ茶の渋くて格好良い組み合わせと、ベーシックなグレーに発色の良いオレンジが効いている
GREY×DAIDAIの二色をセレクト。最近は服でも小物でも″色″を取り入れる事を心掛けていて、TEMBEAの配色も
今まで選んできた色とは少しずつ変わってきている様にも感じます。
とは言え店内に並ぶ服とのバランスも考えていますので、いきなり服で赤や緑などを着るのは難しいという方でも、
お手持ちの服の色がベーシックであればあるほど、小物に色を取り入れるだけで服が活かされて色も映えます。
見た目の印象だけじゃなく気分もちょっと新鮮になります。自分の今の気分や感覚を洋服だけじゃなく、
色でも表現出来たら楽しいなと素直に思うのです。
特に冬のアウターなどは落ち着いた色目が増えますし、自分自身もアウターはベーシックな色ばかりなので
バッグや巻き物・帽子、他にはインナーのニットなどで、鮮やかな色や綺麗な色を身に付けて温かな気持ちで
過ごして頂けたらと思います。

TEMBEA    TOTE BAG LARGE

color       BEIGE×SLATE BLUE

price       13800+tax 

SIZE        42×37×19

color       OLIVE×DK-BROWN


もう一型ご紹介するのは、こちらも定番として長くリリースされて続けているモデル″TOTE BAG″の
先程と同様に一番大きなサイズ、LARGEをセレクトしました。
ここ数シーズンは、ポーチタイプのものや、ハンドバッグなどコンパクトなバッグの展開が多かったので
形は定番ですが、この大きなサイズ感が店頭に並ぶのはとても新鮮です。そして中々の存在感を放ちます。
外側には定期や鍵、文庫本や携帯などさっと取り出したい物を入れられるポケットがひとつ。
そして片側にだけ付いたハンドルは荷物が入り重たくなった時や、高い場所や離れた場所などに置いても
持ち手を掴んでずずっと引っ張れるようにと、日常の中で使う事を考えられたデザインです。


蓋代わりにもなる巾着部分は通常は中に織り込んでしまっておく事も出来ますし、口をぎゅっと絞って
中の物が見えない様にする事も出来て、多少荷物がはみ出たりしても巾着分は高さが出せるので、
なんだか懐かしさ感じる巾着ですが機能面に於いてもとっても優秀な構造だと思います。


横に広くマチがしっかりあって、中に例えばお弁当などを入れても安定感がある形です。
口も大きく開くので、中の荷物も何処に何があるか一目で見つけやすいですし取り出す際もスムーズ。
旅行用のバッグとしてもお勧めで、大体一泊二日か持ち物の少ない方で二泊分くらいの容量になります。
内側に小分けのポケットなどは付きませんので、サイズの異なるポーチを使ったり風呂敷や布袋を使って
バッグの中も自分の使い易い様に工夫していただくのがTEMBEAのバッグの特徴でもあります。


サイズの大きいバッグは、本当に使うのかなと思ってしまったり見た目のボリュームに負けてしまって
手が出しづらかったりする方が多いのではないでしょうか。
いざ旅行や出張などに行こうとすると、丁度良い案外のバッグが見つからずに普段使い用の大きさのものを2つ持って
出掛けたりと・・・無ければ無いで妥協する事になってしまったり。
1つ持っておけば、そういった場面で悩んだりする必要は無くなりますし、帆布は素材が劣化しない点と丈夫なので
デザインがシンプルであれば、長い目で見た際に必ず役に立つ機会があると思います。
自分達でも更に一回り大きなタイプを使っていますが、生地が柔らかくなってくる頃には段々と角が取れていくので
今では全くと言って良い程に大きさを感じなくなります。最終的には車のトランクに入れておいても良いなと思っています。
沢山は展開していませんが定期的にセレクトするようにしていますので、大き目のバッグを探している方は
1つの候補として選択肢に加えて頂きたいです。

11月4日


TATAMIZE    SNOW PARKA

color        BEIGE

price        58000+tax 

SIZE         S    /    L


11月に入って、朝の最低気温はぐんぐんと右肩下がり。
布団にくるまっている時間が長くなり、朝の身支度までに時間が必要な今日この頃。
そろそろコートを羽織って出歩きたいなという絶好のタイミングで、TATAIZEの新作コートが届いています。
今シーズンの新たにリリースされた、ざっくりとしたオーバーシルエットの″SNOW PARKA”は
大きめに設定されたフード、木製のパーツ、フロントZIPの位置など捻りを利かせたデザインに仕上げています。
素材はコットン35%×ポリエステル65%の混紡素材で、薄手ですがしっかりと張りがあるのが特徴。
インナーにジャケットや厚手のセーター着込める事を想定しているので、ゆったりとしたバランスで
フード部分にのみウール生地が貼られています。身頃と袖は1枚仕立てなので、重くなり過ぎず3シーズン対応可能。
汎用性という面で考えると、ミドルウェイトくらいのコートが自然と着用頻度や着る時期は増えたり長かったりして
今回はインナーダウンの展開もあるので、よりコートの着回しや使い道などがイメージし易くなればと思っています。


首元をすっぽりと覆ってくれるチンストラップタイプの風よけは、見た目のインパクトと共に機能性と言う面でも
冬の冷たい風をシャットアウトするのに十分に効果を発揮してくれると思います。
首回りだけ生成色のウール生地が貼られているので、巻物要らずのコートになるはずです。
フロントのZIPはアシンメトリーな位置に付けられていて、左胸には斜めに走ったZIPが付きます。
ミリタリーなテイストを感じる部分もありますが、オリジナルを忠実に再現するブランドではなく
デザイナーの考えや、一見するとアンバランスに感じる部分が洋服としての面白さに繋がっているように感じています。


ポケットは貫通式で、ジャケットのポケットなどへ直接アクセスが可能。
如何にもコートらしいと感じさせるディティールの1つで、実際にそれを使う使わないは個々の判断になりますが
作り手の想いが垣間見れる部分だと思います。
日々目まぐるしく変わる季節と気温にある程度対応する事を考えた際に、コートの種類は最低でも3つ位は
持っていて損はないと思います。1つ目は真冬に対応出来る保温効果の高いコートで、ダウンやウールなどの
それ自体に保温性があるもの。2つ目は表地はコットン素材で裏地の付いた2枚仕立てのコート。
最後は1枚仕立てでインナーにある程度厚みのある服を着ても動きを制限しないゆったり目なもの。
岩手の様な四季がはっきりとした地域に住んでいると、羽織物やコートの重要性を身に染みて感じてしまいます。
インナーに着る物によって、コートを使い分けが出来ると洋服を着る事がより楽しく感じられますし
旅行や出張などに出掛ける際にも、服装にあれこれと迷う事がなくなってくると思います。


肩はラグランスリーブを採用。
両サイドは、紐でシルエットの変化を付けられるようになっています。


スノーパーカーの最もらしい特徴としてフードは立体的で大きめに設定されています。
オーバーコートのイメージを崩し過ぎずに、随所に感じさせる独創的なデザインとディティールの1つ1つは
日常着というカテゴリーでありながらも、自然に目で追ってしまうようなギミックと感性が詰まっています。
僕自身はこのコートを展示会で見た際に、レインコートの様な役割で着ていたら格好良いなと想像していました。
バッグはナイロン素材のリュックを背負って、足元はがしっとした革靴を合わせて。
男らしさと機能性を合わせ持ちつつ、独自のスタイルで洋服を着ている感じが良いなと思っています。
サイズは小柄な男性にはSサイズをゆったりとしたバランスで、普通体型からがっしりした方にはLサイズを
提案したいと思っています。是非店頭で実際に袖を通して、着るイメージや感覚を掴んで頂きたいです。

10月30日


AURORA SHOES    MIDLE ENGLISH

color        BLACK

price        27000+tax 

SIZE        5H    /    6    /    6H    /    7    /    7H


今シーズンからお取扱いが始まったアメリカのニューヨーク州にあるオーロラ村で作られている″AURORA SHOES”
ぽってりとした愛嬌のあるシルエットが特徴的で、スニーカーに近い履き心地とシンプルなデザイン。
脱ぎ履きがし易いスリッポンタイプの″MIDLE ENGLISH″は、AURORA SHOESの顔とも言える一足で
一年通して愛用して履いている方もいるくらい、履き易くそして親しみ易い革靴と言えます。
紐靴には紐靴の良さがありますが、スリッポンにはスリッポンにしか出せない独特なフォルムがあるので
どちらにも偏り過ぎる事無く、洋服との組み合わせやその日の気分で靴を選んで頂けるのが理想です。
今まで″MIDLE ENGLISH″に関してはブラックのみの展開でしたが、ブラウンも入荷致しました。
冬になるとどうしてもトップスが暗くなりがちなので足元を少し軽く見せたいという時に、茶系の靴があると
重たい印象を程よく中和させてくれるので、一足でもワードローブにあると足元のコーディネート事情も
幅が広がったり、楽になったり、面白くなったりするのではないかと思います。
裏張りの無い1枚革で茶色の革靴は、時間の経過と共に色の変化が楽しめる点が愛着にも繋がってきるはずですし
新品とは全く異なる表情に変化を遂げるので、長い目でじっくりと付き合って頂きたいと思います。

color        BROWN

SIZE        5H    /    6    /    6H    /    7    /    7H   /   8


2枚の革で構成されていて、ストラップでフィッティングを調整が出来ます。
甲は低く設定されていて、横幅はDウィズで広めの作りになります。
土踏まずをサポートするようにアーチ型の設計で、ソールはVIBRAM社のスポンジ素材で長時間履いていても疲れにくく
普段使いは勿論ですが、旅行や出張などにも重宝する靴になると思います。
縦伸びは然程ありませんが、横幅は履いているうちに足のカタチに馴染んできますので少し窮屈に感じるくらいが
後々丁度良いフィッティングになるはずです。
表側にたっぷりとオイルが含まれている革を使用しているので比較的水にも強く、雨や水にあたってしまった際には
乾燥させると最初は少し固く感じるかもしれませんが、オイルをつけると直ぐに元の状態に戻りますので
気を使い過ぎずに、最低限のメンテナンスをしながら上手に革靴と付き合って頂けたらと思います。
スリッポンタイプは、大き目のサイズを選ぶと時間が経って革が馴染んできた頃に踵が抜けてしまう恐れがありまので
店頭でしっかりとフィッティングする事をお勧め致します。


きちんとした畏まった井出達のある革靴とも違い、どこかのんびりゆったりとした懐広めな革靴。
どうしてもスニーカーだとカジュアルに見えて、ほんの気持ち足元はかっちりさせたいという方にとっては
まさに痒いところに手が届く、無い部分を埋めてくれる1足だと思います。
革靴を手にした事が無いという方にも、メンテナンスのし易さや履き心地などを含めてお勧めです。


当然ながらソール交換も可能。
普通に履いた場合に大よそ2年から3年くらいでソールが減ってきてしまいます。
靴全体の型崩れも原因にも繋がりますので、こまめにチェックしながら気になる事があればご相談頂ければと思います。
当店でお預かりしてオールソールが可能です。


デニムやチノなどのカジュアルな服装には言うまでもなく相性が良いです。
秋冬になるとウールのスラックスなど、季節を感じさせる素材の出番が多くなるので外しとして合わせるのも◎
ソックスは色のあるもので組み合わせると、ちらりと見える色目がアクセントになるのでお勧めです。


夏に裸足やアンクルソックスで足首出して穿くのと、どんな靴下を合わせようかなと考えて穿くのとは、
また気分も違いますし、見た目の雰囲気も秋冬仕様に変わりますね。
ふわふわ厚地のウールソックスを穿くか、それともデザイン・柄優先にするかでサイズ選びも若干ですが
変わる事もあるので、先ずは店頭でフィッティングされるのが良いと思います。
どうぞお気軽にお声掛け下さい。

PageTOP