4月2日

ASEEDONCLÖUD  Classic one-piece

color     BLACK

price     35200-(TAX IN)

SIZE     F

ASEEDONCLÖUD 2021 S/S workpermit 23 -shinshido-

心師とは人の心に花を咲かせる職人のこと
大道芸人と桜師の仕事をしている者
この仕事は代々続く仕事である

パフォーミング(大道芸人)は今の人の心に花を咲かせ
木こりとして桜を育てる(桜師)は未来の人の心に花を咲かす
今回はその中でも人見知りだった心師のお話


ここ数日の春の陽気に、梅の花も勢いよくほころびはじめて、通りすがりの人々の足を止めます。
桜前線もスピードあげてあっという間に北東北に届きそうそうです。妖艶な桜色に包まれる季節ももう間もなく。
お花見をすることも叶わなかった昨年の春の訪れの中で構想をスタートさせた、-shinshido-という名のCOLLECTION。
社会の混沌とした雰囲気の中で少しでも明るい未来を描きたいと、人から人へと心に花を咲かせる職人像を
花咲か爺さんのイメージから派生させて、桜の花を咲かす事が出来ず大道芸や喜劇を追求する子孫として描きました。
繊細で好奇心旺盛な探検家のようなデザイナーである玉井さんの思考から作製された、今季の春夏の服たちは
誰しもが想像していなかった世界の中でも、だからこそ何か明るい気持ちや人が楽しくなるような事を想像して
生まれたものではないかと思います。

先日ご紹介しました”HANDWERKER”の黒のHERBALIST COATとはまた違った雰囲気の羽織にもなるワンピース。
この形は元々はブラウスとして作製されたものがとても人気で、そこから形を変えてワンピースとなってから
ここ数シーズン続けて展開されているものの一つ。
ブラウス時代から欠かさずオーダーしていてますし、とにかく形が絶妙にロマンチックなところや着るとたちまち
心が躍る服なので、洋服で気分を上げたい時や気合を入れたい時には、このワンピースを着て欲しいと思います。
シャツ型で下部分は比翼釦になった前開きワンピースなので、着方も好きなように楽しめる一着。
今回は無地2色(黄色と黒)と、得意のオリジナルの総柄の全部で3つの色柄の中から、無地の黒と柄をセレクト。
既にプリントの方は完売となっておりますが、同じプリントアイテムは他のモデルでも入荷していますので
ぜひ店頭でご覧ください。

ピシッと見える襟ではなく柔らかな印象に映る微かにラウンドした襟の形や、肘が隠れる6分ぐらいの袖丈で
ほんの少しだけ膨らんだ袖と袖口のプリーツ。この可愛さと甘さのさじ加減が特に素晴らしい。
ウエストの位置にランダムなタックを配することで、きゅっと引き締める部分とふわっとした部分のバランスが良く
さらに両サイドにはゴム素材の紐が付きますので、前と後ろどちらかで結んだり、そのまま垂らしたりと
シルエットを気分で変えながら着て頂くのもお勧めです。
個人的には前開きにして、Tシャツとデニムに合わせてラフに羽織るぐらいの着合わせが好きですが、
釦をきちんと留めて可愛い靴下と、バッグと靴もちょっとよそ行き感のあるもので組み合わせる日も
あると良いなぁと思います。

生地は緯糸に綿シルクの糸を打ち込んだ、肉厚の綿シルクタイプライター。
物語の主人公が作業着としてアウターやボトムにも使える様な生地感をイメージして、一般的なものよりも
より強くぎゅっと詰まった質感のタイプライター生地に仕上げています。
適度な厚みとさらさらっとした質感は、作業着仕様と言えどもとてもしっかりしていて上品な肌触り。
ワンピースとして綺麗な印象で畏まった場に着る分にも、違和感なく取り入れて頂けるのではと思います。
真っ黒だからこその美しさと、アクセサリーなど他の部分に華やかな色を添える事で、それぞれの良さが輝き
際立つのではないでしょうか。
なかなか状況は変わりませんが、季節の移り変わっていく美しい瞬間をそれぞれに心寄せ合って楽しんだり、
そんな空気になったら良いなと思います。

PageTOP