12月12日

hompun    細コール ラップL/S OP

color     ブラック

price      39600-(TAX IN)

SIZE      F

寒さも控え目で過ごしやすい、穏やかな雨の日曜日。
東日本には寒波が接近しているというので、今日はよりゆっくり身体を休めるのも良いですし
雨の中ドライブがてら温泉などなど、どちらにも良い一日になりそうですね。
これから必要な冬のあたたかな服はまだまだしっかり揃っていますので、近くにいらした際には
どうぞお立ち寄りくださいね。

homspunの秋冬アイテムもほぼ揃いましたが、このワンピースの到着を待ち侘びていました。
デザインの可愛さと、細畝のコーデュロイの素材感や色合いが気分にもとても合うのではないでしょうか。
ラップワンピースでも型にはまらず、流行にとらわれることなく素直に自分達の着たい服をつくる
homspunならではのアイディアが光るユニークなディテールは、着る瞬間からなんだかワクワクしますし
まっすぐに洋服の醍醐味を肌で感じさせてくれる一着は、冬に限らず出番が多くありそうな予感。

構造としてはとてもシンプル。
所謂のラップワンピースのイメージで、内側と外側をそれぞれ付属する紐でループに結び留めます。
大体はこの仕様だと思いますが、さらにもう一カ所プラスして首元にも紐を結ぶ箇所があって
そこを結ぶと首元のラインがスクエアになり、結ばずに布をぱたんと内側に折り畳むとVネックに。
無理に畳まずリボンも結ばずの状態も良さそうですし、”着方はそれぞれお好きにどうぞ”という、
自由気ままさと遊び心がポイントで、インナーにはタートルでもシャツでも色々と合わせられそうで
着る人によっても、きっとまた雰囲気が変わるワンピースだと思います。

ハリとコシのあるしなやかな細畝コーデュロイは、そこまで厚地ではないので保温性に関しては
冬仕様にするのであれば、あたたかなウール素材のインナーやボトムを着たり、上からざっくりニットや
カーディガンを羽織るなどそれなりの工夫は必要かと思います。
かえって北国の秋や春には、ワンピースとして以外にもそのままばさっと纏う様な着方も出来ますし
生地感としては丁度良い暖かさになるので、コットンだから冬場は着れないという事でもなく、
その時の気温や気候に合わせてコーディネートを組むというのもそれはそれでとても楽しいと思います。

身体を包み込むように着るラップワンピース。
リボンやギャザーの膨らみなど柔らかで動きのある部分と、すっきりさせた肩回りや袖や切り替え部分に
配された0番手ステッチ。コーデュロイの生地を用いることでほんの少しの重さと微かにピリッと大人っぽさが
絶妙なバランスで漂うように仕上げられたワンピースは、カジュアルにガシガシと着ていただきたいです。
トップスはキレイな生地感にして、ボトムはワイドデニムに足元はスニーカーで。
冬から春まで元気に乗り切れるように、お気に入りにの服に袖を通すのも健康法のひとつかもしれません。

hompun    細コール ラップL/S OP

color     ブルーグレー

price      39600-(TAX IN)

SIZE      F SOLD

落ち着きと汎用性で言えば間違いないブラックですが、もう一色の何とも言えないスモーキーなブルーグレーは
展開されていると選ばずにはいられない不思議な魅力があります。
ニュアンスカラーがお好きな方はきっと着合わせも難しくないと思いますが、ぼやっと感が気になる方は
インナーの色を黒やチャコール、紺など濃い色で引き締めていただくと、後は気にせずお好みで。
明るい色でも暗い色でも、どちらでも合う色なので、お手持ちの服の色がワンパターンで新鮮味が欲しい・・
という方にも、手を伸ばしやすい色目だと思いますのでぜひ挑戦してみてください。

ワンサイズで着丈は115cm。
身長165cm以上の方ですとワンピースとして一枚できるにはやや短く感じる着丈ですが、
中にロングスカートを穿いてワンピースの裾から見えたりするのも可愛いと思うので
色や柄、シルエットの異なるボトムを合わせてみたり、好きな着合わせを探ってみてください。

ラップワンピースの着る時の仕草や着た際のムードが好みで、これまでも度々展開してきましたが
どうしてもギャザーの位置やバランスなどからボリューム感が出過ぎてしまったりなど、
自分が着た時に多少気になるところがあったりしました。
homspunのラップワンピースはかなり前のモデルでも、いまだに着続けているものがあります。
ふんわり感が無い訳ではないのですが、すっきり見せるところとのメリハリやギャザーの位置が秀逸で
着ると自然と背筋が伸びるのを感じますし、ただただ気分が上がります。
今回は同じ生地でスカートのご用意もございます。
春まで長くお楽しみいただけるコーデュロイの生地をどうぞお試しください。

PageTOP