2月28日

SUSURI   ディグカバーオール

color     khaki

price     62700-(TAX IN)

SIZE     1

毎年のことと分かって、年々加速しているかのようにこの2か月は足早に過ぎていきますね。
あまりに早いので、すでに記憶が1月と混ざり合ってしまっています・・・
そんな2月最後の週末も、足をお運びいただき嬉しい時間をありがとうございました。
考え込んでしまったり、やるせなさが心を覆う様な出来事ばかりですが、笑う事も忘れずに。
ちょっとでも心が和らぐような時間を持つ事を意識して、何より来て下さった方には気持ち良く
楽しい時間を過ごして頂けたらなと思います。


SUSURIの新しい季節の立ち上がりは美しいリネンを使用したカバーオールからご紹介。
2月納品のリネンアイテムは、この土地の気温を考えると正直躊躇してしまうことが多いのですが
このリネンに触れた時の、むしろ触れる前から服に滲み出ていた(よい生地です)という表情と
これぞまさにしっとり・・・な心地良い肌触りに、躊躇する心は何処かへ飛んでいってしまいました。
柔らかいだけじゃなくリラックス感だけじゃなく、ちゃんとコシがあって上品さを感じさせるところも
SUSURIならではという生地ですし、展開された3色ともに柔らかくて深みのある色でよかったのですが
その中でもこのカバーオールの雰囲気に合うなぁと感じたkhakiを選びました。

デザインには古い時代の素朴なドレスを土台とすることで、クラシックな雰囲気を纏っています。
しっかりと詰まった首元とやや内側に入った肩線。狭い感覚でみちっと並ぶ釦は手間取りますが可愛いです。
上半身はややコンパクトかなと思うのですが、釦を下から留めていくとなんとも不思議で身体がすっぽりと
納まって、生地のコシと柔らかさと、何より秀逸なパターンのお陰か窮屈さを感じさせません。
ドレスを想わせるのは腰よりも少し高い位置の切り替えと、そこに寄せられた細やかなギャザー、
そして裾先までゆらゆらと綺麗に流れる生地のドレープから。
ゆったりとしたシルエットのパンツは、足をパッと広げるまでは案外気付かれないかもしれません。
静と動の対比、そのどちらの瞬間の姿も美しく見栄える様に狙い定めたデザインに、着ている自分が
その時々でハッとする、まさにツボを突かれる感覚のドレスのようなカバーオールです。

横からの見え方も、上に記したように止まった立ち姿はエレガントなドレスを纏っている様で
一歩足を前に出せば、滑らかな生地が動きに合わせて心地好くはためきます。
パンツ部分には両サイドにポケット。
袖は少し短く設定していて手首が見えると軽やかさを感じますし、何よりも涼し気。というか涼しい。
インナーを着込まずに気持ち良く一枚でさらっと着られるのは、イメージとしては5月頃でしょうか。
そこまで薄い生地ではないので、少しでも早く着たい方インナーにシャツや薄手のタートルなど重ねたり
さらに上に羽織物を組み合わせることで、季節感もミックスされて良いと思います。
ワイドパンツは風抜けが良いので、冷えない様にタイツやレギンスでカバーしつつ。
足元もこれからもっと路面の状況も良くなって、少しずつ履ける靴の選択肢も広がってきそうです。
ペタンコのバレエシューズやローファーも合いそうですし、春色のソックスやスニーカーなども良さそう。
もうあれこれと想像するだけでも、明るい兆しのように感じます。

今回は同じ素材で作られた、ゆったりベストとパンツのセットアップもご用意しています。
そちらはkhakiとnavyの二色で、また別の機会にご紹介いたしますね。
春夏の、どちらかと言えば初夏の方まで近づいた新緑がわさわさっと茂った頃が似合いそうですが
リラックスしつつもちょっと気取った装いを、揃いの生地でというのもなんだか素敵ではないでしょうか。
3月という響きに誘われて、ぜひ店頭へ足をお運びいただけたら嬉しいです。

2月27日

STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯25

color     GRAY

price     55000-(TAX IN)

SIZE     Ⅱ    /    Ⅲ

玄関を開けると目の前には石のように硬くなった、大きな”氷の塊”があちらこちらに転がっている朝。
真夜中にどこからか聞こえた”ドゴッドゴッ”という音の正体がわかりました。
昨日の強い雨で屋根に残っていた氷が一気に融けて軒下に落ち、久し振りにキレイに屋根が見えます。
こういう1つ1つの出来事が長かった冬の終わりを告げるように、そして少しずつ春を迎える準備を
3月~4月の頭ぐらいまでしていくんだなぁと、地面から小さく盛り上がった水仙の芽を見て思いました。

春物のコート類は殆ど展開していないのですが、以前から気になっていたナイロン素材。
昨年にたまたま入った古着屋さんで質の良いナイロンコートを手にしてから、その使い勝手の良さと軽さ
持ち運びに便利な事に気付かされ、納得いくものがあれば提案をしたいと思っていたアイテム。
STYLE CRAFT WARDROBEの洗練されたデザインのコートにナイロン素材を組み合わせることで
より軽快な印象をプラスし、視覚的にも実際の重さも気にせず袖を通して頂けるのではないでしょうか。

当たり前ですがナイロン自体に保温性はありませんが、いま時期であればインナーにカシミアのセーターや
裏起毛のスウェット類を組み合わせて、首元に温かいストール類をぐるりと巻いて。
ナイロンの軽やかさに加えて冷たい風と少々の雨であれば充分に防いでくれるので、レインコートの様な感覚で
着用が出来ます。一度ナイロンの機能性を知ってしまうと。。。盛岡は寒い場所なのは間違いないのですが
風がしっかりと防げれば、案外着れる期間と機会は多くあるなと感じています。

裏地は付かない1枚仕立て。
首元はドッグイヤーの様なデザインで釦を留めることが可能。
肩から袖にかけてはスプリットラグランで可動域をしっかりと確保し、多少肉厚なインナーを着てもストレスはありません。
季節柄、前述でも書きましたが裏起毛のスウェット位までが心地良いと思います。
両サイドに深く入るスリットは、椅子に座った際に生地が逃げるように工夫がされていて、プラスしてパンツポケットへの
アクセスもし易いように工夫がされています。コートとして見た場合に特徴的なディティールに映るかもしれません。

北東北の春の過ごし方として、アウター自体に保温効果を持つものを着るのか。
もしくはインナーを暖かくしたり調整をしながら、コート類はしっかりと風を防げるものを選ぶか。
手っ取り早く簡単に済ませるのであれば前者なのですが、それだと何となく変わりゆく季節に対して風情というのか
面白味が無くなってくると、段々と素材やらデザインの違うコートや羽織物の種類を増やしたくなるものです。
僕自身もナイロンに対して疑心暗鬼というのか、これで大丈夫なのかという不安を持っていたのですが
予想以上の活躍に寒さを怖がり過ぎていた事と、風を防ぐことで保温効果は全く違うという点に気付かされました。
春物のコートと言われると今シーズンはSTYLE CRAFT WARDROBE COAT♯25のみのセレクトですが
素材・デザイン素晴らしいので、季節の狭間を埋めてくれる存在に役立てて頂ければ嬉しいです。

2月26日

FUJITO    MOUNTAIN PARKA

color     NAVY

price     50600-(TAX IN)

SIZE     2    /    3 

今日から北東北の玄関地、盛岡も春が近いと宣言しても良いかなと思える位に朝の冷え込みが緩みました。
気温がプラスに転じるだけで人はこうも活動的になれて、前向きな気持ちが湧いてくる。
これだけでもう素晴らしいです。中津川沿いの芝生も雪解けが進み少しずつ見えてきて、5月を過ぎる頃には
背丈を越える位に成長すると思うと、常に季節は移ろい繰り返していることを実感します。

FUJITOから素材を変更しながらリリースされるクラシックなデザインに落とし込まれたマウンテンパーカー。
秋冬素材よりもややウェイトを落とした生地感ですが、春・秋・冬の3シーズン対応出来る万能なアウター。
メインに用いられているのはコットン100%のキャンバス素材。所々同色のナイロン素材で切り替えていて
裏地はポリエステルの総裏仕立て。袖通りが良く保温力という点においても断然暖かさが違ってきます。
お尻がしっかりと隠れる長さもポイントで、インナーが中途半端に出ないので(特にシャツのテール)を気にせず
ざっくりと袖を通せるというのも、マウンテンパーカーを選ぶ際には重要視しています。

フロントの仕立てはZIP+釦。フードは首裏に収納されているので気分と気候に合わせて使い分けが可能。
ジップアップタイプの羽織物は使い勝手が良いアイテムだけに、逆に言うと割と早い段階で飽きが着易いのも事実。
服を装うという視点で考えるとスナップ釦が付いていると、インナーの見え方や着方にアクセントを入れたり
自分なりに工夫が出来るのでシンプルな着合わせになり過ぎずに、じわじわと面白さを実感して頂けると思います。

ポケットはやや高めの位置に付き、インナーはしっかりと着込めるようにゆったりとした設定。
90年代のアウトドアブランドが盛り上がりを見せた時のギアを彷彿とさせる佇まい。
現代のプロダクトながら、アプローチとしては洗練された空気を殆ど感じさせずに当時の面影をしっかりと反映し
それでも街並みや今のファッションシーンにも違和感なく溶け込む、無理と無駄を無くしたそんな印象を持つ
マウンテンパーカーで、春の風が冷たい盛岡には打って付けの1枚になるのではないでしょうか。

内側には雑誌が入れられるような大きなポケットを完備しています。
旅を頻繁にしていた時は、こういった気の利いた内ポケットがあることで随分と機能的に感じられることが
多くありました。車移動ですとあまり使うタイミングは無いのですが、バッグをあまり持たない方にとっても
タブレットを入れたり、読みたい文庫本を忍ばせておくのにも使えたりして良いと思います。
個人的にもプラっと出掛ける時には財布を入れたり良く使うポケットで、それが外ポケットではなく
内ポケットという所が、とてもお洒落だと思いませんか。

FUJITO    HUNTING VEST

color     NAVY

price     35200-(TAX IN)

SIZE     2    /    3

同素材を使った多機能ベストもセレクト。
藤戸さん自身もライフスタイルの変化によって、自然に触れる機会が多くなったとお聞きしました。
そんな生活を送るなかで畑仕事にも自然と携わり街と自然との行き来の中で、この類のベストの面白さに気付き
作製されたとの事でした。機能的なポケットが全面に6つ配したベスト。
マウンテンパーカーと同様に総裏仕立てで、スウェットの上からざっくりと着用が可能。
着こなしに物足りなさや保温性をプラスしたい時にベストの存在は、想像以上の活躍を約束してくれます。

トップ釦は剥き出しでそれ以外はスナップ釦の仕様。
ベストをどのタイミングで着るのか・・・ということを聞かれることがあるのですが、これ自体に暖かみなどの
機能的な一面はそこまで期待は出来ないのですが、ジャケットを組み合わせたりする事で1つ1つ空気の層が生まれて
暖かさがじんわりと増したり、ベストを着ている時の佇まいがシンプルに格好良いと思ってしまいます。
ある意味では心の余裕とも置き換えることが出来るのかもしれないのですが、一度袖を通して頂けると想像とは違う
何か違う感覚を掴んで頂けるのではないでしょうか。

店内もウールを使った洋服を少しずつ減らしながら、明るい色目や心弾むような軽快な素材のアイテムが増えてきました。
それでも冷たい風が岩手山から吹き降ろす盛岡の春はちゃんと寒いです。
無理する事なく身体をしっかりと守ってくれる洋服に身を包み、日々移り変わる雪融けの景色を見ながら
気持ちを少しずつポジティブで能動的な方向へ移行して行ければ良いですね。
焦り過ぎずにご自身のワードローブに目を向けて、心強い春のアウター類をお探しの方に、そしてプラスαの要素を
取り入れてみたい方に、FUJITOの同素材シリーズはとてもお勧めです。

2月24日

maillot    Panel Border Basque

color     WHITE×PURPLE

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 

color     WHITE×ROYAL

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 SOLD

color     WHITE×BEIGE

price     11880-(TAX IN)

SIZE     0    /    1 SOLD

スカッと晴れた空に煌めく陽の光が反射する川のせせらぎの音などは、もう春だと言っているような
気もするのですが、とにかく気温が低いんですね。身体が強張ります・・・
強張っている理由がもうひとつ。昨日のお休みは友人家族と一緒に県営スケート場へ行きました。
祝日なだけあってオープンしてすぐに比較的賑やかでしたが、屋外リンクは広々と人との距離も程よく
とても開放感があって、冷たい風に押してもらってスイスイ滑るのは気持ち良かったです。
帰ってからは急激に眠気と首から背中のあたりが怠くなり、そして今日のこの強張り(苦笑)
体の悲鳴は中々ですが運動不足解消にもなり、お子様とちょっと遊ぶのにも良いと思います。
特に晴れた日の午前中がお勧めです~

maillotから新しい春に向けてのボーダーカットソーが入荷しています。
春になると不思議なのが、いたって普通の本当に何でもないような服が着たくなること。
この感覚は誰にでも当てはまる訳ではないと思いますが、一部の方には共通してあるような気がします。
何か色味が欲しくなる。という感覚にも似ているのかもしれません。
普通のデニム、普通のチノパン、普通のパーカー、普通のボーダー。
maillotの服のコンセプトは、シンプルで丈夫な服。ブランドオリジナルの生地はぎゅっと目の詰まった
タフな生地感に拘っていて、くったりするまで長く着続けたくなるようなものばかり。
定番のシャツやカットソーはまさにコンセプトそのままで、買い替えるまで相当時間もかかりますよと
メーカーさんが仰るくらいですし(笑)そんなお墨付きの、普遍的アイテムをお探しの方にも
はたまたボーダーがお好きな方にもお勧めの新型パネルボーダーカットソーです。

ワイドシルエットのパネルボーダーカットソー。
サイズは0と1の、2サイズをユニセックスで展開しています。WHITE×BEIGEの着用サイズは0。
サイズ0で着心地としては、大体レディスのLサイズよりもちょっと余裕があるくらい。
特に身幅はたっぷりとっていて、バストやウエストまですっぽりと覆ってしまうシルエットです。
手持ちのバスクシャツは、ゆったり着るために大きいサイズを選んだりしていてその分着丈が長いのを、
そこまで気にはせずに着ていたのですが・・・やっぱり丈の長さによって印象の違いはありますね。
maillotのバスクシャツはその辺りのバランスも上手で、ゆったりだけどすっきり仕上がっています。
小柄な方が着ると丈はお尻が隠れるぐらいのでしょうか。
袖をくるくるっと軽く捲って、インナーにシャツやタートルを着るのも可愛いです。

袖丈も長めに設定されていて、袖や裾のリブの仕様もシンプルですが厚みがあって丈夫さを感じます。
ニットならではのむっちりとした生地の柔らかさも特徴的で、ただただ頑丈にタフな素材感とも違って
着ていくほどに肌にしっとり馴染んで、ボロボロだけどお気に入りのタオルケットやパジャマのような
着続けた人にだけ得られる、極上の風合いや質感もお楽しみいただけるのではと思います。

年齢とともに、自分の好きな着心地やシルエットは変化していきます。
普遍的なボーダーカットソーでも、その時の自分の気分と体型に合ったサイズ感やシルエットで
楽しんで着ていただけたら年齢・性別問わずに、いつでも素敵に映るアイテムだと思います。
春限定でも無いのですが、何だか春から着始めたくなるボーダーカットソーです。

説明する事が殆どないので雰囲気重視と言った方がしっくりとくるような気がします。
昔ほどボーダーTEEに対して特別な感情や思いを巡らせることは少なくなりましたが、それでも洋服を好きになる
きっかけになったのは間違いないですし、デニム・軍パン・チノに足元はBIRKENSTOCKのサンダルの合わせは
僕には欠かすことの出来ない普遍的な着合わせになるのかもしれかもしれません。

SAINT JAMESのNAVALと比較すると生地の柔らかさがポイント。あとはシルエットも現代的なアプローチで
気持ち良くゆったりと設定され、好みは分かれると思いますが、どっちにも其々良さは見いだせるのではないかと。
あまりに頑なになって洋服について語る必要性もなくなってきたように感じていますし、この辺の柔軟性のある
シルエットや生地選びはmaillotの得意とする部分になるかもしれません。

パネルボーダーはそれだけで爽やかさが2~3割増しになるくらいに、爽快感が抜群。
袖を通すだけで気持ちが軽やかに足取り軽くなりそうですし、ドライなタッチは季節をまたいで夏手前まで
着られる機能的な一面も合わもっています。
気負わずに日常着として丁度良いアプローチをし続けるmaillotの真骨頂とも言えるボーダーTシャツ。
まだ1枚で軽やかに着るのは流石に早いですが、陽射しだけ見るとそんな着方をしてしまいそうになる位に
心地良い光に変わってきているので、そろそろ服装の変り目を意識しても良いのではないでしょうか。

定休日のお知らせ

明日23日(水曜日)は祝日ですが通常通り定休日となります。
どうぞよろしくお願い致します。

PageTOP