5月5日

MITTAN    PT-31 大麻ワイド 高密度

color      濃紺

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

color      墨黒

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

color      黒

price       33000-(TAX IN)

SIZE      2    /    3

昨日の休日は朝から活動的にと思って、まずは早朝4時50分グランド集合にて朝野球。
うっすらと雪化粧をした岩手山を見ながらの野球で一汗かいて、気持ちも身体もリフレッシュ。
一度家に帰り、洗濯と掃除をいつも以上に丁寧に。床拭きまでして気の流れが良くなった部屋でごろり。
と気付いたら寝落ち(笑)やることが目白押しなので奮起して買い出しその他諸々をすませて2度目の帰宅。
そこから本日のメインイベントとなる少し離れた場所にある畑へ。目を覆いたくなるほどの雑草が一面びっしりと。
約2時間、畑仲間とひたすらにクワを振り上げて雑草を抜き、何とか畑としての姿に戻すことが出来ました。(笑)
いや~本当に長い一日でした。クタクタの脱力状態で布団に入ると気付かないうちに目を閉じておりました。。。
収穫は秋の予定ですので、タイミングが良ければ収穫物をお配り致しますので楽しみにしていてください。

今日の盛岡は最高気温が26度予報。お店は割とひんやりしていますが外に出ると太陽の日差しがぎらりと照り付けて
その気温までしっかりと上がりそうな気配がします。そうなると必然的に涼しいパンツを手が伸びてきます。
MITTANは今シーズンからフルレングスの涼しいパンツを提案していて、個人的にはとても嬉しい限り。
昨シーズンまでは丈がすっきりしたアイテム中心でしたので、自分で丈の調整が出来るということになり
自由度が高まった印象を持っています。
糸の番手を細くし高密度に織られた大麻の生地を贅沢に使用したウエストがイージー仕様のワイドパンツ。
ワタリから裾にかけてストンとテーパードを最小限に抑えたシルエットは、トップスの比重が軽くなるタイミングで
パンツで全体のボリューム感を整えるには最適な太さだと感じました。

先ずは素材から。
昨シーズンに登場しました大麻高密度と呼ばれる素材。
最初に展開をしていた大麻素材を基に、糸の番手を細くして高密度に織りあげられたMITTANが得意とするファブリック。
ばりっとした生地の強さとハリが特徴的で、当然ながら清涼感も抜群。
身体と生地との間に空間が生まれるシルエットなので、肌に密着し過ぎずに適度な距離を保てると思います。
お洗濯しても次の日にはからっと乾く速乾性も大麻の持つ機能的な一面を垣間見ることが出来
旅行などに行かれる際に、手荷物を少しでも軽くするために穿いた日にお洗濯して次の日にも着れる
そんな事も可能にしてくれる嬉しい素材です。

ウエストは総ゴム+ベルトループ・内側にアジャストする際の紐が付きます。
お尻周りは割とすっきりとさせているのですが、ワタリから裾にかけてボリュームを持たせることで
野暮ったい印象を薄れさせるワイドパンツに仕上げています。
今シーズン選んだ色目は化学染料を中心で、濃紺・黒に加えて新色の”墨黒”が仲間入り。
“墨黒”が良い仕事をしてくれるのではないかと勝手に思っています。
特に黒のパンツが苦手な方に、墨黒は中和されたニュアンスがありお勧めしたいカラーです。

着丈の長さですが身長178CM 体重63キロで着用しているサイズ3 で踝が隠れるフルレングス丈と言った所。
好みに合わせて少し短くカットしても良さそうですし、丈の長さを好みのバランスに変えられる点も
今季のMITTANが提案する夏素材パンツの小さな変革かもしれません。
因みに昨年も展開していました大麻パンツも店頭に並べておりますので、丈感やシルエットなどを比較して頂くと
其々の良さを感じれて、その中でご自身のライフスタイルとイメージに合うものをお選び頂ければ嬉しいです。

夏の暑い季節に着る黒は、すっと背筋が伸びるような感覚を纏えるカラー。
濃紺・墨黒と比べると好みがはっきりと分かれる気もしますが、好きになる色や身に着けていたいというカラーは
時間の経過と共に変化すたりもするので、夏の黒の魅力にも触れて頂きたいなと思っています。

年々暑さが増しているのは盛岡に住んでいても実感しますし、全国どこにいても変わらない気温になるのは仕方のない事。
寒さに対する洋服の選択肢というのは多く存在するように思いますが、暑さとなると、選択肢は増えているものの
自分達が納得してという素材などに巡り合うことはそう多くはありません。
MITTANの夏素材に対する取り組みは毎シーズン目を見張るものがありますし、実際に自分達で着ていても着心地・涼しさ
デザインを含めたトータルでのバランスは素晴らしいなと思っています。
暑さを凌ぐのに限界はありますが、着用していて気持ちの良い素材というのは自然と手にとってしまいますし
前向きな気持ちにさせてくれる洋服が手元にあるだけで、暑さに対してのモチベーションや出掛ける際の理由にも
なりそうですし、5月5日の今日は暦でいう「立夏」にあたるので、大麻ワイドで少しでも快適な夏時間を
お過ごし頂ければ嬉しいです。

PageTOP