5月15日

MITTAN    SH-30C 大麻ロングシャツ

color      胡桃

price       28600-(TAX IN)

SIZE       4

昨日は夕方にかけて一気に気温が下がり、二人ともシャツ1枚しか着てこなかったのもあって
満月になりかけの月を横目に震えながら家路へと急ぎました。
今日はしっかりと寒さに対応出来るように、1枚多く羽織り万全な体勢を整えてきましたが
思っていたよりも遥かに気候が良いですね。川の流れも吹く風も抜群のコンディションです。

MITTANから梅雨時期には最適な素材、速乾性と蒸れにくい特性を持つ大麻を用いたロングシャツ。
以前にも一度展開したことのあるモデルですが、期間を空けて久し振りにセレクトをしました。
シャツのデザインをそのままにテールを伸ばして、両サイドに深くスリットを配した潔いディテールに
貝釦がずらりと並びます。ロングシャツというやや曖昧なニュアンスが着る人の創造力であったり
装いに対する意識を解したり、掻き立てたりするようなところもありますし、寄り添い過ぎない適度な
距離感に慣れてきた頃には、これまでの服装からのちょっとした変化なども感じられるのではと思います。

デザインは定番でリリースされている大麻シャツをそのまま活かしているので、首元はスタンドカラー
肩幅や身頃もそこまで大きく設定はされていません。僕たちの提案としては羽織の要素がある方が使い勝手が
良いと思い大き目のサイズをあえてセレクトしています。着用サイズは4。
その分、袖丈が長く感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、くるっと捲ってしまっても生地が薄い分
もたつきが少なく、それでも気になるという場合には気持ち良い長さにお直しで対応するのも選択肢の1つです。
身体の全てに綺麗にアジャストする洋服というのは稀ですし、不安定な要素をプラスに捉える方法と
奇麗にお直しをして自分に合わせていく、どちらも洋服を楽しむ上では大切なアプローチだと考えています。

色は2色を選びました。
先ずは胡桃染め。ベージュ系の柔らかい色目で天然染料ならではの空気感が漂います。
自分自身も同じ大麻の素材で胡桃染めのアイテムを着ていますが、定着し易い染料と比べると少し色が抜けやすい
印象を持っています。抜けた色目も個人的には気に入っていて、これからの季節はどうしても洗濯回数が増えて
いきますので、その辺の感じが気になる方は優しく手洗いで洗浄力の強くない洗剤で対応されると色の持ちが
安定すると思っています。体感してみると気付くことが沢山あって、そういった経験を重ねる事で洋服との
付き合い方や感覚的な部分が段々と研ぎ澄まされてくるのではないでしょうか。

MITTAN    SH-30 大麻ロングシャツ

color      濃紺

price       24200-(TAX IN)

SIZE       3    /    4

もう一色は化学染料でムラのない綺麗な染め上がりの”濃紺”
生地に対して染料の定着度が高くて、安定した発色も魅力的。MITTANの作る製品は天然染料・化学染料どちらも
同じ位に好きで、その時の気分に応じて提案するカラーを変えています。
最近気に入っている黒と紺色との組み合わせ。何処となく先練された空気があって、色があまり得意では無い方に
雰囲気良く組み合わせて頂ける間違いない配色だと思っています。

客観的な視点で見て男性よりも女性の方には、この丈感に慣れている印象があるのですが、固定観念で物事を
決めつけすぎずに常にフラットな視線と柔軟な頭の中の考え方が大切ではと改めて思う所があります。
釦を全て閉じずに開けて着ると、サイドに配したスリットの効果も相まって生地の揺らぎが出て無国籍な空気が纏えますし
MITTANのブランドコンセプトでもある現代の民族服というニュアンスにぴったりなアイテムではないでしょうか。

PageTOP