5月22日

STUFF   bucket tote No.1     /     bucket tote no.2

color    dark navy

price    19800-(TAX IN)          24200-(TAX IN)

SIZE    28×32×18             36×40×20 SOLD

STYLE CRAFTが提案する革とは違う切り口と視点で作製されている”STUFF”のバッグシリーズ。
1つの”袋”をテーマに、素材やデザインを少しずつ変化をさせつつ定番になり得る使い勝手とデザイン性を両立した
日常生活により適し、それでもSTYLE CRAFTの持つ普遍的なニュアンスはしっかりと踏襲したバッグ。
キャンバス・ナイロンとリリースされて、今季は新しい素材が加わりました。
素材にスーピマのコットン×リネンを用いて、夏のうだるような暑さに対し軽さと、一切毛羽のないさらりとした質感で
バッグを持って出掛けようという気持ちにさせられる軽快な素材感が特徴。
デザインは立体的な構造を得意とするバケツ型、蓋が無駄の無い自然美で閉じる様に設計された独自のバランス感覚と
シンプルながらも実際に実物を見てしまうと残像に残る様な、完成度の高さに目を奪われるバッグです。

サイズは3サイズでご用意していますが、一番大きいサイズはまた後日にご紹介します。
今日は一番小さいサイズと真ん中の大きさ。
真ん中でも底のマチが広く設定されているので、それなりの容量が入ります。
A4ファイルが奇麗に納まる位と思って頂ければイメージが湧きやすいかもしれません。
何気ない普段使いというのであれば、小さ過ぎず大き過ぎずで真ん中のサイズがベストに思います。
肩にかけても窮屈さはありませんし、これから服装がより軽くなった際にバッグでバランスを保つのも
夏の服装としてお勧めしたいスタイルでもあります。

中に入る荷物が少なければ、底のマチがもう少し潰れてすっきとしたバランスで持つ事が可能。
内側には吊りポケットが1つ付き、折り畳んでバッグの中に忍ばせて旅先や出張先で使うのも良いかもしれません。
STUFFのナイロンシリーズは個人的にも数年前から愛用していますが、バッグ自体の軽さ、見た目の印象も同様に
軽快な空気感というのは、年齢を重ねる毎に惹かれてしまう要素になっています。
今回選んだコットン×リネンもそういった理由が大きく、プラスで天然素材というのも肌の露出が広くなる季節だからこそ
肌当たりの面でもプラスに働くのではないでしょうか。

STUFF   bucket tote No.1     /     bucket tote no.2

color    white

price    19800-(TAX IN)          24200-(TAX IN)

SIZE    28×32×18             36×40×20

白は当然ながら汚れが目立つ色ではあるのですが、多少の汚れもまた1つの完成形として捉えて頂けると
勇気が湧いてくるカラー。使っている方は気になっていたとしても、傍から見ると案外誰も気にしていなかったり
することが殆どなので、思い切りと大胆さがあると白に対する抵抗は少しずつ和らいでくると思っています。

必要最低限の手荷物を入れるのにベストな大きさ。
小さいサイズ感になると、持った時の印象ががらりと変わるのがバッグの面白さでもあります。

日常使いに適した素材選び、使う人との適度な距離感を保ちながらレザーとは違うアプローチ方法でも
高揚感を感じさせてくれるのは、デザインの妙があるからこそ。
レザーは興味があるけれど手が出せないという方もいらっしゃると思いますので、STUFFのアイテムから
試してみるというのも、ステップアップではないですが1つの方法として面白いかもしれません。
一番大きいサイズはまた後日に改めてご紹介させて頂きます。

PageTOP