5月5日


TEMBEA    BAGUETTE TOTE LOGO

color       MID INDIGO  

price       15500+tax 

SIZE       23×37×14 SOLD

TEMBEAから色鮮やかなインディゴブルーのバッグが3型入荷をしています。
キャンバスにレザーの組み合わせと言えば、TEMBEAのロゴがPRINTされるロゴシリーズ。
今シーズンは目にも鮮やかなインディゴを用いてリリースをされています。(ロゴは無し)
インディゴを使ったバッグは僕らが好きなアイテムで毎シーズン欠かさずに展開をしてきましたが、
持ち手にレザーが入ることによって、より洗練された大人な雰囲気がぐっと増した様に思います。
色目に関しても″MID INDIGO”というカラーで、濃すぎず薄すぎずの丁度良いブルーの塩梅に仕上げています。
キャンバス素材のバッグは通年を通して持つ事が出来るのですが、使う頻度であったり洋服との相性で言えば
春夏シーズンの方が断然使い勝手が良いと感じますし、軽装になればなるほどに存在感が増してきます。
″BAGUETTE TOTE″のこのサイズは見た目の大きさと、軽く肩に掛けて背負った時の雰囲気が特に良くて、
お財布などの貴重品と飲み物だけ入れて持ち歩くのに便利なバッグだと思います。


生地の耳を使ったデザイン、持ち手を真ん中ではなく少し横にずらして取り付けている点、インナーポケットなどは一切ない
とてもシンプルな構造ですが街中で持っている方を見かけると、ついつい目で追ってしまいたくなるよう不思議な魅力が
このバッグにはあるように思います。デザインだけではなく素材に用いられるコーマ糸は、短い繊維や不純物を取り除いた
ムラのない糸で構成されています。程良く光沢があって使用していくにうちにクタッとはなりますが、
きちんとバッグ自体が自立する点もTEMBEAの魅力だと思っています。
帆布のバッグは購入する際にはパラフィン加工(蠟引き)されているので、どれも生地が強そうに感じるのですが、
時間の経過と共に大きく善し悪しが分かれてしまいます。
自分達も色々と試した中でTEMBEAの帆布の素晴らしさに気付かされました。
素材が良いから良いという訳ではないのですが、物としての要素の1つとして納得させれる部分はあるかと思います。


インディゴ染料で後染めをしているので、衣服などへの衣染は気候や着ている服との相性によっては起こらないとは
言い切れませんが、TEMBEAのインディゴはそこまで激しい色落ちはしないと使っていて思います。
季節を考えるとやはり白いシャツやカットソーに合わせて持ちたいですね。
インディゴは外の景色の中でも映えますし、人を惹きつけるオーラがあるように思います。
強く、柔らかく、そして温かみと、どこか落ち着きを覚える不思議な色です。

TEMBEA    DELIVERY TOTE

color       MID INDIGO  

price       16500+tax 

SIZE       27×31.5×27


底が円形のカタチをした″DELIVERY TOTE″は牛乳瓶など買い出しした物を運ぶ為のバッグ。
マチが広く見た目よりも容量のある形は、それこそ普段の買い出しから休みの日のお出掛けまで、
幅広い場面でお使いいただけるサイズ感になります。
トートバッグでは案外珍しい円形の底は独特なフォルムを生みますし、物を入れても安定感があります。
お弁当と水筒を入れて、近くの公園でピクニック気分を味わったり。そんな風にして持ちたくなる形。


短い持ち手や丸い底のデザインなど、どちらかと言えば女性にお選びいただくことが多いバッグでしたが
すっきりと晴れた空の様に爽やかなインディゴと経年変化が楽しいレザーのコンビになると、どんな形でも
男女問わずにお持ちいただくイメージが湧いてきます。
兼用のバッグとしてお選びいただくのも良いですし、夏のギフトとしても喜んで頂けそうなバッグです。

TEMBEA    GAME POUCH

color       MID INDIGO  

price       13500+tax 

SIZE       20×28×20 SOLD


持ち方にバリエーションが出せる長いロープとレザーのタッセルがポイントの″GAME POUCH″
コンパクトながら、DELIVERY TOTE同様にマチがある分、意外と物が入り持つのも気軽な万能バッグです。
ロープは長くすると斜め掛けも出来、二重にするとプラプラとハンドバッグタイプに変わります。
お財布と携帯、その他頻繁に取り出す物を入れておいて、ちょっとそこまで出掛けるという時に頼りになります。
僕らは出張の際には必ず持ち歩くバッグで、無くてはならない存在です。
見た目よりも容量があって、500MLのペットボトルも立てにすっきりと納まります。


TEMBEAのインディゴシリーズ。
今までリリースされたモデル、今回の新しい3型も含め何度見ても素晴らしいと思えるバッグです。
僕らには欠かす事の出来ない、作り続けられる限り提案をし続けていきたいです。


みどりが一段と濃く鮮やかで、風がさわさわと木々を揺らす気持ちの良い5月は、連休後も各地でイベントが目白押しです。
新たにバッグを新調して、外へ出掛ける理由を作るのも良いのではないでしょうか。
きっと気持ちも変わり、盛岡の景色の色も更に良く見えてくると思いますよ。

5月4日


maillot    BORDER LONG SLEEVE T-SHIRTS

color     BLACK  

price     7900+tax 

SIZE      0   /   1   /   2   /   3   /   4 

color     NAVY

color     GREEN  

color     COFFEE

color     GRAY

rasikuで今現在、定番で展開しているボーダーTシャツはフランスの″SAINT JAMES”でしたが、
頭の中にはもう1つ思い浮かぶボーダーTシャツあり、微かにニュアンスの異なる其々を並べたいと思っていました。
今シーズンからお取扱いがスタートした”maillot”はブランド立ち上げた当初から同ピッチのボーダーを作り続けています。
探せばすぐに見つかりそうなアイテムですが、毎シーズン作り続けているブランドは案外少なかったりします。
クオリティは勿論の事、デイリーウェアとしての価格、デザインなどを含めて自分自身が納得して販売出来るものが
見つかるまでは無理に展開をする必要はないと感じていました。
お洗濯にも強い度詰された生地感、首元は丸首、袖口と首元はバインダーで処理。
色違い、サイズ違いを欲しいと思った時に、同じ商品をメーカー側が根気強く作り続けているという点も大切な要素。
様々な条件を満たしていて、見た目のバランスも優秀で素晴らしいカットソーに出逢えたと思っています。
maillotのボーダーTシャツは色展開が豊富な事も魅力ですが、先ずは基本となるブラックやネイビーなどのベーシックな
カラーを中心に5色をセレクト。サイズは0から4までの4サイズ展開。
レディースからメンズのXLサイズまで幅広く提案しています。
気温が20℃前後になると気持ち良くカットソーを1枚で着れるので、太めのパンツに合わせてリラックスした雰囲気での
着合わせが個人的にはお勧めです。


厚すぎず薄すぎずの生地感はジャケットのインナーとして着た際にもごろつきにくく、袖口のバインダーの処理も
すっきりと納まりの良いディティールになると思います。首の詰まり具合も程良くて癖のないボーダーTシャツという
印象を受けます。ワードローブの中心になる1枚になるはずですし、カラーバリエーションを増やして
その日の気分に合わせたカラーを着たくなるのではないでしょうか。


ボーダーTシャツは、とてもシンプルなアイテムですが、そういったアイテム程、奥が深くて格好良く着るには
着合わせ方(特にパンツのサイズ感)が重要だと僕自身は思っています。
カットソーを着る際のサイズに関しても、以前はジャストサイズで着ていたけれども年齢に応じて着たいと思えるバランスが
少しずつ変わってくるでしょうし、そういった小さな変化を感じながら楽しんで着て貰えたら嬉しいです。
普遍的なアイテム程、着方は自由で十人十色だと思いますので自分なりの落としどころで着て頂きたいです。
僕が思う本当に恰好良い大人とは、ボーダーTシャツや白シャツの様なアイテムを如何に普段通りに余分な力を抜いて
着こなせるか・・・だと思っていますが、なかなか上手くはいかないものですね。


ボーダーTシャツは何枚も持っていても僕自身のワードローブには欠かす事の出来ないアイテムの1つで、
素材やピッチ違いなど同じようで少しの違いがあるものを見つけるとどうしても集めてしまいます。
白いシャツやデニムと同様にボーダーTシャツは、常にお店に並べておきたいアイテムです。
SAINT JAMESの様な少しマリンな雰囲気が気分であったり、maillotのベーシックなパターンが良かったりと
どちらも使い分けながら着て貰えると、洋服の着方のバリエーションは格段にアップすると思います。
原点ではないのですが、何を着ようかと困った時に頼りになる1枚があり、着合わせの軸が出来ると
着こなしが少しずつ上手になり、基本を何度も何度も繰り返す事によって見えてくるスタイルがあると思います。


通年を通して活躍するアイテムですので、季節の商品などと違うのでタイミングで選んで頂ければと思っています。
時間を掛けてじっくりとrasikuに浸透をしていければ良いなと思えるアイテムで、僕自身もボーダーTシャツにさらりと
軍パンにビルケンを合わせるだけで格好良いと思われる人になりたいと思っています。
中にはボーダーが苦手という方もいらっしゃると思いますが、嫌いは好きになる可能性がありますので、何かのきっかけで
好きになるお手伝いであったり提案が出来れば洋服屋としての意味があるように感じます。
そういった事も全てひっくるめてお勧めの1枚です。

4月30日


STYLE CRAFT   BELT

color         DARK BROWN            /            BLACK   

price         22000+tax 

SIZE         S    /    M    /    L           S    /    M    /    L
※Sサイズ=30インチくらい  Mサイズ=32インチくらい Lサイズ34インチくらい あくまで目安になります。

桜の淡いピンクから濃いピンク色でグラデーションに染まった景色があっという間に過ぎ去り、いつも歩いてくる
遊歩道の草木の緑色が徐々に色濃くなっていくのを感じながらお店に着きました。
今年は随分駆け足気味ですが、毎日少しずつ風景が移り変わるのを見ながら歩くのが今時期の何よりもの楽しみです。
STYLE CRAFTから真鍮素材でオリジナルで作製した重厚なバックルを用いたベルトが入荷しています。
昨シーズンも展開して、一部サイズが欠けてしまっていたのですが2色で3サイズが揃いました。
ベルトを購入しようと思うタイミングは、季節に変わり目や今使っているベルトがくたびれてしまって見映えが悪くなるなど
何かしらのきっかけが無い限り、なかなか手を出しにくいアイテムだと思います。
更に、自分が気に入るデザインとなるとより選択肢の幅は狭まります。
どちらかと言えば、洋服などと比べると後回しにしがちなアイテム。
その分、一度気に入ったものを購入してしまえば長く大切に使い続けて頂けると思っています。
STYLE CRAFTの様に革のバッグ・革小物に特化したブランドが作るベルトは、シンプルなデザインながらも主張があり
身に付ける度に気持ちが上がる雰囲気を漂わせています。


タックインをしてすっきりと着るスタイルは、習慣が無いとしない方のほうが多いと思いますが、
時々でもタックインして着てみると、シャツ自体の着こなしの幅もぐっと広がるのは間違いありません。
今まで見落としがちになっていたかもしれないベルトの重要性にも気付けるはずです。
ベルトがある事で新たな発見があるかもしれないですし、一つ持てば身に付けている時間は長くなると思いますので
身だしなみとして、中途半端にせずに自分が気に入って愛用出来るものを選んで頂きたいです。
そういった観点からSTYLE CRAFTのベルトはとてもお勧めです。


ベルトは洋服を惹き立てる名脇役かもしれません。
どんな事にも共通するかもしれませんが、主役を惹き立てるのは脇役があってこそで、STYLE CRAFTのベルトは脇役にも
その日の服装によっては主役にもなれるくらいの懐の深さを感じるアイテムです。
僕自身は身に付ける物や財布やバッグ・ポーチなどに、その人のセンスや生き方が現れると思っています。
洋服だけ格好良いものを着ていたとしても、身に付けている革小物などがボロボロであったり気を使っている感じが
なかったら全て台無しになってしまいます。何事においてもバランスが一番大切だと思っています。
どこかのタイミングで、自分にとって愛用出来るベルトと出逢って頂ければ嬉しいです。
ブラック・ブラウンどちらも汎用性が高いと思いますので、服装に合わせたお色をお選び下さい。

4月29日


trippen    SPOON

color      BLK-BK   

price      43000+tax 

SIZE      35   /   36   /   37   /   38   /   39


今季の春夏TRIPPENは、昨年からの名残で素足や薄い靴下でかぽっと履けるモデルを展開したいと思い
革靴でありながらスニーカーに近いくらい軽快な履き心地の、「CUP」COLLECTIONから2型選びました。
そのうちのひとつが、この踵の無いシンプルなスリッポンタイプの ″SPOON″
つま先から甲にかけての一本のセンターシーム。
アッパーは足の甲を半分くらい覆い隠して、綺麗なV字曲線が踵へすっと流れる。
無駄の無い美しいデザインは、素足でラフに履いた際にも、またカジュアルなTシャツに合わせても
エレガントな雰囲気と、凛とした空気をそっと足元に残しておいてくれるように感じます。


足を入れると革が、きゅっと足の甲に張り付く様なフィット感で、足の形にもよるとは思いますが、
かほっと浮いたり脱げたりするような感覚はありません。
歩く際にも甲に触れるアッパー部分はとても柔軟で、密着感と革の柔らかい質感がなんとも心地良いです。
「素足で歩く感覚を反映させる」というアイデアのもとに生まれた、CUP COLLECTIONのシューズは
2つに分離したシェル状のソールが特徴的。履き始めこそ、体感した事の無いような独特なクッション感に
不思議な気分かもしれませんが、足がインソールに馴染んでくると、まさに靴と足が一体化しているような
感覚になってくるのです。この素足感覚の気持ち良さを知ってしまうと、靴下ですら煩わしくなります。笑
長時間の歩行には、正直向いているとは言えませんが、サンダルとしての履き心地で言ったら極上そのもの。
夏の開放的な景色や気分に合う、服や靴があることでより一層その季節が楽しく過ごせたらいいなと思います。


見た目は幅も細く見えますが、柔らかなカーフレザーは、一日履いただけでも革が足型に伸びて馴染みます。
TRIPPEN特有のコバも無く、見た目も履き心地もシャープなので足が小さ目の方にも穿き易い形です。
コロンとした可愛らしいソールも、かかとと親指・小指の関節部分を保護する役割を果たしています。
想像力を掻き立てられるデザインとネーミング。そして靴本来の機能としての履き心地や品質管理。
そのどちらをも両立させ継続し続けられるということは、決して簡単な事では無いと思うのですが、
ずっと変わらずにそのスタイルを貫く姿勢には感心させられますし、安心してお客様に提案出来る事は
とても有難い事だと思います。


今日は暑いくらいですが、良いお天気の中、連休がはじまりましたね。
昨日も今日もたくさんの方にお出でいただき、久しぶりにお逢いできた方もいたり、良い日でした。
春の服も充実していますし、Tシャツ類も少しずつ並び始めています。
今週の営業は、通常通り2日(水曜日)は定休日とさせていただきます。
ぜひ、お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ。

4月27日


ohh! nisica  プルオーバーベスト

color      ブラック(麻)

price       23000+tax 

SIZE       2    /    3    /    4

color     ネイビー(サマーウール)

price      23000+tax 

SIZE       2    /    3    /    4 

nisicaよりも更に遊び心が加わったデザイン、今の気分で着たいと思う商品をダイレクトに表現をする”ohh! nisica”
その数あるラインナップの中でも、毎シーズン素材を変えながら作り続けられているプルオーバータイプのベスト。
今シーズンは涼し気で大人の雰囲気が漂うブラックのリネン、サマーウールのネイビーと2種類でセレクトしています。
気温が高くなるにつれて着こなしが段々とシンプルになってきますが、ベストはマンネリを解消する役割や手持ちの
シャツやカットソーに新鮮さをプラスする1枚になってくれると思います。
まだまだ気温が安定しない盛岡の気候では、体温調整をするのにも大いに役立ちます。
プルオーバータイプは前開けに比べると脱ぎ着の際には着難さは多少ありますが、被りにしか出す事の出来ない
スッキリとした見え方と、裾の形状とがパンツとの組み合わせを良くしてくれるのでとても好みです。
素材によっての保温効果はリネン・サマーウールどちらも然程変わらないので、好みな生地で選んで頂きたいです。


首元はnisicaが得意とするガンジーネックをモチーフにしたデザイン。
ボタンダウンシャツとの組み合わせは鉄板、ボートネックのボーダーカットソーなどもお勧めです。
ベストには珍しくハンドウォーマーポケットを完備している点も、機能的で気付くと手を入れてしまうと思います。
気の利かせかたがわざとらしくなくて、シンプルだけれども何処か面白味を感じ取れるディティールが随所にあり
着ているうちに段々と癖になりいつの間にか好きになっている・・・そんな洋服だと思います。


脱ぎ着をする際に左肩に付いたスナップボタンを外して、両サイドに付いたZIPも開く事で、スムーズに着脱出来ます。
最初は脱ぎ着するのに慣れないかもしれませんが、そういった事も含めて楽しめるようになると
今迄ともまた違った目線や着方で洋服を着れるようになるかもしれません。


着用しているサマーウール(ネイビー)ですが、さらりとした質感でいつも着ているシャツに合わせるだけで印象が
がらりと変わります。素材の持っている雰囲気はとても大切で、カジュアルな服装を中和させる役割を果たしてくれますし
ベストという特性、ウールという素材がマッチして、着るだけで良い人に見えてしまうのは私だけではないはず(笑)
ジャケット程ではないのですが背筋が伸びる感覚がありますし、日常生活を送るうえで気分を変えたり、
いつもとは少し違う自分を演出しるのも良いのではないでしょうか。rasikuはこれからもベストを推奨します。


このベスト以外にも、ohh! nisicaからもう一型スウェット素材のベストが入荷をしているので後日に紹介させて頂きます。
GWは気温も上がり、薄手のカットソーにベストくらいの着合わせが気持ち良く感じられるはずです。
ベストは一度着ると病み付きになるアイテムですので、着た事がないという方に手に取って貰えたら嬉しいです。
サイズM L XLと揃っていますので、是非お試し下さい。

PageTOP