1月24日


SOWBOW   蒼氓シャツ MANDARIN COLLAR

color      DK INDIGO

price      33000+tax

SIZE      1    /    2    /    3

大寒を過ぎて朝日の角度が少しずつ変化をしてきているのを日々実感しながら過ごしています。
中津川の白鳥も昨日は14羽いたのが、今日は2羽増えて16羽の集団になっていて、楽しそうにお喋りしている姿は
自然豊かな盛岡の景色の中でも格別だと思える景色の1つ。痺れるくらいの寒さと綺麗な川と自然が残っているからこそ
毎年この地を目指してやってくるのだろうと思いました。

気候も少しずつ移り変わっていくなかで、素材感・厚み・色とぴったりのシャツがSOWBOWから届いています。
少しマニアックな作りと、着こなすまでに時間の掛かりそうな一筋縄ではいかないオーラを放つSOWBOWの洋服。
時代の空気をしっかりと感じつつも、自分達が作りたい・着たいと思えるアイテムのみを作製するという芯のある
モノづくりでrasikuでも着実にファンを増やしているブランド。ジャンルを問わずに洋服をフラットな目線で
見続けてきたデザイナーだかこその奇をてらい過ぎない絶妙なバランス感に心を打たれます。
中国の人民服からイメージを湧かせて作られた新型のシャツは、マオカラーと呼ばれる立ち襟が特徴的な1枚。
3パッチポケットでカバーオールの様な井出達ですが、着心地を含めてシャツの延長線上にあるので、もっと気軽に
雰囲気良く着ていただけると思っています。着方としてシャツとしてインナー使いするのもありですし、
シャツの上からジャケットライクに合わせるのもお勧め。ゆったりとしたシルエットなので、窮屈にならないですし
冬から春と秋から冬への季節の狭間にあったら確実に着るなと思える羽織になるのではないでしょうか。


素材は中肉のコットンフランネルを使用。程好く温かみのある素材で、冬のウール素材から春の装いに切り替える
タイミングで季節感を問わずにコーディネートに馴染んでくれる汎用性と機能を併せ持った縁の下の力持ちになる素材。
特に春の風が冷たい北東北地方では、薄い素材感を着るのはかなり勇気がいるので、服装も身体も徐々に慣らして
いくという意味においても、気持ち良く袖を通して頂けるはずです。
昨年は同素材でプルオーバータイプで提案をしましたが、今シーズン前開きのデザインに落とし込む事によって
着回しという部分がよりクリアになるので、あれこれと着こなしを考え過ぎずに手が伸ばし易くなると思います。


通常では製品染めに適さないコットンフランネルをインディゴ染料で丁寧に染め上げる事で、深くて鮮やかなブルーを表現。
釦も1つ1つ有田焼のものに色を塗る事でボディの色との一体感を出しています。
プロダクトらしい量産されるモノの冷たさにプラスしてクラフトの要素も感じさせる仕上がりで、ハンガーに吊るして
おくだけでも自然と吸い寄せられるようなオーラを放っていて、実際に肌で触れて確かめてみたくなる感覚があります。


身頃や袖周りなどはゆったりと設定しているので、着た時の多少の野暮ったさがあるのは間違いないのですが
サイドスリットを深めに入れる事により、前身頃と後ろ身頃に生地が逃がされて重さを軽減。
歩くと綺麗に生地が揺れるので、春の温かな日差しを感じながら散歩をすればブルーの色も相まって爽快感がプラス。
シャツ生地なので鞄に丸めて入れておくのにも便利で、気温差の大きい日に活躍するのは間違いありません。
寒くもなく暑くもなくという中途半端な気温に対応出来る羽織物は、素材違いや厚み違いで何枚所持をしていても
着る機会はやってくるので、四季の移り変わりに応じた服装で自分自身が心地良く気持ちが満足して頂けたら嬉しいですね。


毎シーズンその速度はゆっくりながらも自分達ならではの切り口で、新しいモノを生み出している「SOWBOW」
決して一過性ではなく大切に残り続けていくようなモノ作りの姿勢を感じさせてくれますし、独自の発想力は他では
真似する事が出来ないオリジナリティとアイデンティティを感じて頂けると思っています。
サイズ展開は1・2・3の3サイズ。今まで展開していたSOWBOWのシャツと比べてゆったりと作られていますので
インナーとのバランスで適正なサイズ感を選んで頂きたいです。袖を通すと自然と笑顔に気持ちが上がるシャツ。
是非店頭で触れて確かめて頂きたいです。

1月23日


JUJUDHAU  DOUBLE BUTTON SHIRTS

color     TWILL BEIGE

price     20000+tax

SIZE     F


大寒を過ぎても、まだ当然気温は低いものの、朝の陽射しの中にほわっとしたものを感じたり
あとは夕方16時頃になると今までは暗闇だったのが、日が少しだけ長くなったこと。
雪が少ないというのも確かに過ごし易いですが、やっぱり陽の光を感じられると嬉しいです。
そこに春夏商品の入荷もあると、より一層気持ちだけは春へ春へと進んでいくのでした。
いま店内はバランスを見ながら季節問わずな感じで服が並んでいるのでじっくり探すと面白いと思います。
その中で何かお気に入りを見つけていただけたら良いなと思うので、ぜひお運びください。

JUJUDHAUの秋冬シーズンでオーダーしたツイル地のシャツとスカート。
コットン100%なので真冬よりもきっと秋と春に着たくなるし似合う素材だなと思っていたので
せっかくならセットアップで着てみよう!とこれもまた暖かさのお陰か、BLOG用の撮影の意気込みも違います。
気分が茶やベージュ、白、生成に向かっているため、個人的にはセットアップが想像以上に好みでしたが
無理にお勧めはしません。それぞれ別々に着ても恐らくすんなりと日常着に仲間入りしてくれると思います。


正面の真ん中で生地を折りたたむようにしてひだを作り、首元を二つの釦で留める。
なんともJUJUDHAUらしい大胆さとユニークさと、絶妙な可愛さを混ざり合わせた”DOUBLE BUTTON SHIRTS”
重なる部分を釦で留めているので、釦ホールは4つ開いている。
単純な構造で一見すると普通に感じますが、中々に斬新であまり出逢うことの無いデザインは
着てみても、どことなく曖昧な感じと少しの違和感を纏う感じで、それがなんとも癖になってしまいます。

JUJUDHAUに用いられる釦は、動物の角や骨を削ったボーン釦。
すべすべの触り心地と、コロンと丸い小さなフォルムが服のアイコンとしても際立ちます。


肩はドロップしていて身幅にも余裕があります。
釦をすべて外せば首回りも広く開くのでプルオーバーの懸念されがちな着難さもそこまで感じません。
着丈は短めで、袖幅と袖丈はすっきり目。
ほんの少しですがフレアなシルエットになりますが、大きい印象では無いので小柄な方にも気兼ねなく
着ていただけるサイズかと思います。
ボトムとのバランスも取り易いので、ワイドなパンツもボリューミーなスカートもばちっと合いますし
テーパードタイプやスタンダードなデニムでゆるりとした着合わせも良いなと思います。


背中のデザインも特徴的。
内側に入ったプリーツにより肩回りが動きやすく、また後ろのシルエットに立体感が生まれます。
コンパクトなようで着ると空間があって着心地も楽だったり、全体的にたっぷり大きめに見えて
着るとすとんと生地が落ちてドレープが綺麗であったり、着る人それぞれの体型に沿って形が決まるような
JUJUDHAUの服。決まりも正解もなくて自由に着て楽しいと思える服なので、ぜひ目に留まった方には
お試しいただけたら嬉しいです。

JUJUDHAU  GATHER SKIRT

color     TWILL BEIGE

price     18500+tax

SIZE     F


セットアップで着たかったのも、このスカートとのバランスがとても良かったから。
左右にポケットの付いたシンプルなギャザースカートは、今までも何度か生地違いで展開してきた
定番の形になります。
ウエストは総ゴムですが緩くなりすぎず、腰まわりのギャザーはある程度しっかりと入りつつ膨らみは優しく。
この塩梅が意外と難しかったりするので、形の良いJUJUDHAUのギャザースカートは定期的にセレクトします。


スカート丈は約80cmなので、大体ひざ下か脛あたりぐらいの位置から足首が覗くぐらいの丈感で
穿いていただけると思います。
ツイル地の柔らかさと強さ、そして何よりこのベージュ。白から黒までどちらに振ってもまとまり易く
せっかくならワントーンでの装いも楽しんで頂きたいなと思わせてくれる色味です。
コットンですがそこまで薄地では無いので、ウールタイツやレギンスを下に穿けば今からでも着られますし
春には白シャツやパーカにカットソーといった、春と言えばなアイテムと軽やかに組み合わせるのも良いですね◎
同素材のパンツも一型ございますので、ぜひ店頭で見つけてください。

1月21日


maku     PANGOLIN 

color      ストライプ

price      42000+tax 

SIZE      M (Special Length)


昨年10月末のこと。とても心待ちにしていたCALICOとmakuの展示会を見に鎌倉へと足を運びました。
この日、盛岡はとても冷えて朝の最低気温は2℃。鎌倉駅に着いて、歩いて海の近くの会場へと向かう途中
日差しはぐんぐんと強くなり恐らく20℃は軽く越えているだろうなという感覚。
朝は必要だった巻物と羽織は早々に脱いで、商店街から住宅地に入ったところで携帯のMAPが示す目的地は
もう目の前のはずが、それらしき場所が見当たらない・・・
ぐるぐる迷いアポイントの時間も迫っているし、あまりウロウロすると怪しまれるのではと思うと余計に汗が出る。
なんとか辿り着いた展示会場は、それはそれは雰囲気の良い古民家で、その中にCALICOとmakuの色鮮やかで美しい服が
小気味よく並び、入った瞬間にすーっと暑さがひいていったのを覚えています。

その場でオーダーしたものは、今季の春夏のお洋服になるのでご紹介はもう少し先になりそうですが
たまたま一番最初に目に留まったCALICOの代表 小林さんと、スタッフの方が着用していらした
makuの2019秋冬コレクションの服も惚れ惚れするほど素晴らしいものだったので、選びました。
素材はウールとコットン半々で織られた生地で、今からでも良いですし肌寒い春先まで着続けられます。
厚みはないのですが、薄手で軽くてしっとりしたあたたかみを感じられる生地です。


首元もフロントの釦も少しズレた位置にあり、アシンメトリーなデザインが光るゆったりとしたドレス。
makuの2019秋冬コレクションは、be hereと銘うった世界の絶滅危惧種がテーマになっているということで、
このドレスには”PANGOLIN”(日本ではセンザンコウと呼ばれる哺乳類)という名が付いています。
首裏の内側には、小さな怪獣のような動物の刺繍があって、それがはじめは何か分からなかったのですが
PANGOLINを調べてみて繋がりました。
シンプルながらも独創性を感じるデザインと、隅々には手仕事の技を惜しみなく注ぎ込んだmakuの一着。
細かく打ち込みのされた大きな釦や、密やかに配されたプリーツやギャザー。
そんな服に心が弾まない訳もなく、着る度に何か自分の中に発見があるかもしれません。


墨黒に薄っすらとブルーの天気雨のような繊細なストライプが、カジュアルさを適度に抑えます。
袖幅は程よくすっきりとしていて、肩幅や身幅には余裕を持たせすとんと落ちるので縦のラインが綺麗です。
裾にはサイドにスリットが入るので、足元の動きを楽にもしますし、ボトムの合わせも幅が出せます。
ワイドなパンツやキュロット、ギャザースカートの裾を重ねる様にして穿くのも良いでしょう。
今時期から着たいという方は、ニットやウールのパンツやタイツを合わせて靴はブーツ。などもお勧めです。


個人的に一番惹かれた後ろのデザイン。
セーラーカラーやコートのアンブレラヨークのようにも見えますが、きっとこのデザインのモチーフは
“PANGOLIN”の全身を覆っている松ぼっくりに似た角質の鱗なのではないかなと想像しています。
襟の形状はヒラヒラっと可愛い印象ですが、実際のPANGOLINの鱗は縁がとても鋭いみたいです。
そんなギャップを思うととてもユーモラスなデザイン。

左側の脇裏付近に小さく刻まれたブランドロゴ。
昨年より展開しているmakuとCALICOの服。
両ブランドは共に「インドの手仕事布の世界をつくる活動である」という思想のもと、インドの伝統的な
織りや縫い、染めの技法を磨くことで伝統を絶やさずに、職人の方々の暮らしを持続させることを念頭に
モノづくりを行っています。
まだまだ私達もそういった生産現場について知り学びたいと思っている段階ではあるのですが、先ずは
それぞれのブランドから届けられる素晴らしい服を、自分なりの捉え方で着て楽しんだり、感じたりしながら
お客様へ提案出来たらといいなと思っています。

1月19日


SUNSHINE+CLOUD  COZY CREW

color     PAPAYA

price     8000+tax

SIZE     M

color     MARINE

SIZE     XS     /    S    /    M    /    L    /    XL

color     CHOCO

SIZE     S    /    M    /    L    /    XL

昨シーズンに引き続き”SUNSHINE+CLOUD”の定番アイテムとして人気の高い”COZY CREW”
程よく力の抜けた色合いや風合いがブランドの空気感を表現したようなクルーネックタイプのスウェット。
裏起毛の中肉素材で、真冬の寒さの底を越えたくらいの時期から気分的にも丁度良く着れるカットソーで
良い意味でアメリカ生産らしい雑多な感じも好みな部分で、気楽にお茶目にさらりと着こなして頂きたい1枚。
インナーにはクルーのサーマルがベストだと勝手に思い込んでいましたが、何となく気分で合わせてみたシャツが
予想を越えて良かったので、固定概念は捨てて自分ならではの着方を見つけていただけたら。
色は3色の他にもDUSTという黒系の色があったのですが、好評につき完売。
カラーによりサイズがかなり欠けてしまっているのですが、春の寒い盛岡の気候に丁度良い保温性があって
SUNSHINE+CLOUDならではの明るい色目は、着こなしの気分をきっと盛り上げてくれると思います。


首元は程よく開いたクルーネックで、肩のラインはラグランスリーブを採用。
シルエットはざっくりとしたボックス型で、ジャストサイズでも気持ちゆったりとしたサイズ感で着るのもお勧め。
張り切ったお洒落をするのとは違って、気軽に日常着としてラフで雰囲気良く着るのがベストだと思います。
いつも穿いている愛着のあるボトムスにクタクタのキャンバスのスニーカー。
肩肘張らない位の合わせがきっとしっくりとくるはずです。
インナーにあえて綺麗なシャツを合わせると全く違う表情を見せてくれるので、着こなしのバリエーションの1つとして
良いのではないでしょうか。


肩のラインはラグランスリーブなので、肩幅や肩線などを気にせずに着用が可能。
袖と裾は小振りな切り替えで処理をしていて、リブなどのテンションが無いので窮屈な印象は一切ありません。
個人的に好きなディティールの1つで、長リブのヴィンテージライクなものも好きですが
切り替えしにする事で全体がすっきりとミニマムに見えるのが良いなと感じています。
この辺りのディティールには好みが分かれると思うのですが、一度試してみると案外癖になってくると思います。


圧倒的な存在感や、洋服自体が持っている格好良さ、とかそういった部類には属さないと僕は思っている洋服。
だからこその面白みや深みが出せるのではないかと思っていて、結局は洋服ではなく人が着るという事を実感出来るのが
良いなと思っています。何とも言えない独自のカラーリングや素材感も抜群に良いとは言いきれないカサっとした
質感であったりも、着る人の捉え方で色々な表情を見せてくれると思っています。
価格帯からも少し遊びの利いた色目にも挑戦し易く、今までにない自分を見つける事が出来るかもしれません。
そんな事を楽しんでみても良いのではないでしょうか。

1月16日


ERA     CODURA DAYPACK SE

color     BLACK

price     22000+tax

SIZE     40×36.5×16


ERA     B.T DAYPACK SE

color     BLACK

price     18000+tax


頻繁に足を運ぶわけではないのですが、久し振りに行ったとある飲食店。
いつ行っても変わらずに同じ温度でお店を淡々と続けている姿にぐっときました。
遠すぎず、近すぎずの気の利いた店主の言葉と振舞いは、当たり前に感じてしまっている接客業の大切な部分を
見つめ直す良い機会になりました。本当の意味での良いお店とは・・・というのを改めて考える時間にもなりました。
翌日が定休日という事もあったせいなのか緊張が解けていつもより余計なお喋りをして、時間を忘れてしまう位の
心地良い時間。また時間を空けてプロ野球シーズンが始まる頃に行ってみようと思います。

昨年の春夏からお取り扱いが始まった「ERA」
レザーを中心にしたラインナップを展開しているのですが、デザイナーの幅広い知識と生産背景を活かしたプロダクトを
作製しています。今季はレザーアイテムの他に、新作として幾つかバックをリリース。
その中でも、メインポケットを2層に分けた機能的且つすっきりとしたデザインのデイパックに惹かれました。
色は潔く黒のみの展開。素材は3種類から選べたのですが、rasikuでは厚みがあり強度を重視たコーディラナイロンと
よりライトな生地感のブリザテックナイロンの2種類をセレクト。どちらも甲乙つけ難い素材感ですが、強さと柔らかさ
お好みの肌触りでお選び頂ければと思います。


ERAのバックパックの一番の特徴として、前述でも書きましたがメインのポケットを2層に分けている点。
完全セパレートで、メインとサブとで荷物の出し入れや整理整頓がし易くなると思います。
大きさも通常のデイパックと比較すると容量が大きく設定(23リットル)されているので、日常使いプラスαで
1泊くらいの旅行であれば十分に対応するのではないでしょうか。


ZIPはブランドオリジナルの黒のつや消しを採用。
メイン・サブのポケットにはメッシュ素材の吊りポケットが其々に付きます。
リュックを背負う長さを調整するストラップは、初めから短かめに設定されていてデザイナーの意図で
見た目がだらしなくならない位置で背負って欲しいという意味も込められています。


見た目からは23リットルも入るのが想像が出来ないくらいにすっきりとしたデザインに映ります。
ブリザテックナイロンは、超高密度のナイロンで素材自体がとても軽く撥水性にも優れた高機能素材。
コーデュラナイロンと比較すると表面がつるりとしていて、クセが少なく、シンプルなデイパックを
お探しの方にはとても使い易く、男性・女性問わずにデイリーに気軽に持つ事が出来ると思います。


特別に意識した訳ではないのですが、店内はいつも以上にリュックが充実しております。
自分自身でもリュックタイプは好きで、大きさ毎に様々なブランドからリリースされたものを使用していますが
ERAのデイパックは日帰りの出張の際に、メインポケットに頂いた資料などを入れて、もう一方のポケットには
飲み物・ポーチ・ストールなどを入れて持ち歩くのに良さそうだなと想像をしています。
バッグを1つ新調すると、それを持ってどこかへ出掛けよう!そんな気持ちが沸々と湧いてきます。
旅の理由があって選ぶのも、買ってから予定をたてるのもどちらでも良いと思うのですが、そんな風にして
お買い物するのはとても楽しいことだなと思います。
機能性と見た目の落しどころが見事にマッチしたERAのデイパック。春のお出掛けに如何でしょうか。

PageTOP