9月18日


trippen     BEUTEL

color       BROWN

price       45000+tax 

SIZE       35    /    36    /    37    /    38    /    39


秋祭りと三連休が終わり、あっという間に9月も半分を過ぎていましたね。このまま涼しさは冬へと加速していくのかと
思うと、ふいに寂しい気持ちになったりもします。岩手は四季がはっきりとしているので、日々の何気ない景色や
ちょっとした気配の移ろいを感じながら、毎日を健やかに過ごしていきたいなと思っています。
個人的には近所の荒物屋さんで、ざるに「林檎」が並び始めているのを見ると季節を感じて嬉しくなります。

これからの季節が一番活躍するtrippenから、今シーズンセレクトした″BEUTEL″が届いております。
″BEUTEL”はドイツ語で袋を意味する言葉で、フィッティングを調整する為のベロクロとアッパーの前後でレザーを切替した
デザインが特徴的で、定番で展開をしているスリッポンタイプの″YEN”とはまた違う良さを感じる1足です。
切り替えしの前側はエルク(鹿科)、後側はボックスカーフ(牛)と、それぞれに異なるレザーを組み合わせていて
エルクはしなやかでとても柔らかい質感で、履き始めからでもすんなりと足に馴染む感覚があります。
後側の明るいブラウンの切り替えしが、服装のちょっとしたアクセントになりますし履き込んでいって2つの革が
馴染んだ頃には、より一体感が生まれるであろうと思います。


アッパーに使用されているエルクは揉み革で表面に細かなシボが入ります。色はパッと見た感じは黒に近いですが
自然光に充てると少しだけブラウンの色味も混じったような色合いになります。
黒よりも柔らかさがあり、素材自体もカジュアルな服装に向いていると思うので普段着にとても合わせ易い靴だと思います。
紐を結ばずに穿き口のベロクロで踵の浮きなどを調整出来る点も″BEUTEL″の特徴と言えます。


内側はライニングなしの1枚革で、足を包み込んでくれるようなフィッティングを実現しています。
踵部分はボックスカーフとライニングの2枚仕立てになりますので、型崩れの心配は一切ありません。
ソールは何度もrasikuで別注というカタチでお願いをしている凹凸のある”trippen sole”に付け替えをお願いしています。
アッパー自体が1枚革で構成されているので、雨や雪などに強いとまでは言い切れませんが、
よっぽど酷い気候でなければ、日常使いの範囲で突然の雨や、雪道くらいでしたら履いて頂けると思います。
trippen靴の本質的な部分は、雨や雪用の為に作られた靴。と言う訳ではありません。
ただし僕達が今まで日常で履いている中では、東北の冬でもある程度対応できる革靴の1つと思っています。
その感じ方や捉え方は個人によって異なるものと考えていますが、無数に選択肢がある中で、服装との相性や
靴の製法、穿き心地、アフターケアを含めたメンテナンスなどを総合的に捉えて良い靴だと判断しています。


今時期は薄手のソックスとの合わせがお勧め。
もう少し気温が低くなれば、ウールのタイツなどともイメージし易くなるのではないでしょうか。
コバに2本のステッチが入る靴は、レディースでは見る機会がそう多くはないのではと思います。
足元全体にボリュームが出るので太いパンツなどはボリューム負けせずに好相性に感じます。
一足一足きちんとデザインされた靴は、自分達が提案する様な日常着から、もう少しエッジの効いたモードや
コレクション系の洋服との組み合わせにもしっくりくるのが、trippenの靴の面白さや奥深さでもあり、
デザインの落としどころが絶妙なんだと感じています。


サイズは一番小さい35(約22.5CM)~39(訳25.0CM)までの5サイズ全て揃えております。
人間工学に基づき、足にとって良い環境であることや健康的な歩行を目的として作られたシューズは、
気に入ったものに巡り逢えると、とにかく靴を履いて出掛ける事が楽しくなりますし、靴を変える事によって
服装にも様々な影響をもたらし、自分の中に変化が起きる可能性もあるかと思います。
何やら壮大な感じに聞こえますが、とってもシンプルで素敵な事です。
お洒落は足元から・・・といつも考えるのですが、自分に合った靴を一足でもワードローブに持っていて
そこから洋服を選ぶ事がより一層楽しくなって頂ければ、嬉しいことです。
今シーズンはブーツも1型入荷を予定しておりますので、そちらも是非楽しみにしていてください。

9月15日


MITTAN    野袴 

color         黒

price         18000+tax 

SIZE         2   /   3

color         濃紺

SIZE         2   /   3


昨日から始まった盛岡の秋祭り。威勢の良い掛け声と共に、山車がお店の前を何台も何台も通過していきます。
お店に来るまでの遊歩道にもすすきが出てきていたので、季節の移り変わりを目や耳で感じながら楽しんでいます。
MITTANの新作パンツ″野袴″は、商品名にある通りで「袴」をモチーフにしたベルトレスのパンツ。
元々あるシルエットから若干のアレンジを加えています。裾にかけて綺麗なテーパードをさせる事で野暮ったい
イメージを無くし、すっきりとしたバランスは現代服としての役割をより一層惹き立てた仕上がりに感じます。
腰回りに特徴があり、叩き付けられている腰紐をウエストでぎゅっと結ぶ事により独特のシルエットが生まれます。
ハイウエストにして紐を結んで穿く事で、ベルトでは感じる事の出来ない腰をしっかりと支えられている感覚があります。
元々は野良仕事や作業する際に穿いていたという背景からも、単純な作りですが理に適ったパターン構造と言えます。
色々とアレンジが効きそうなパンツですので、自分なりの穿き方を探してみるのもお勧めです。


ウエストは紐で縛った状態で上部を折り返して穿くのも良いですし、写真のようにそのまま立てていても問題ありません。
生地の厚みがあるので、穿き始めはごろつきが出てしまうかもしれませんが洗いを繰り返す事でカタチが付け易くなり
納まりが良くなってくると思います。フロントはZIP付き、ポケットは前と後で合計4つ付きます。
通常の5ポケットパンツと同様の機能を持たせていると言えるので、穿き慣れるまでに少し時間は掛かるかもしれませんが
今まで体験した事のないフィッティングは、洋服が本来持っている単純な機能性や作りなど本質的な側面を改めて感じて
頂けるはずです。素材は超高密度に織られた凹凸のはっきりとした厚地のコットン100%の平織りの生地で
履き込んでいく程に雰囲気が増してきます。
僕自身も展示会で見た時にはクセが強そうに見えたのですが、試着をしてみて思っていたよりも普通のパンツ同様
日常使い出来ると感じでオーダーしました。


バックポケットはベイカーパンツなどに用いられるポケットのデザインで、プロダクトとしての冷たさの様な部分を
感じられる点かもしれません。このポケットがある無しで機能性も大きく変わってきますし、袴パンツである事を
良い意味で感じさせないバランス感になると思います。


男性・女性に関係なく、ユニセックスで着れるMITTANの洋服。
僕らも夫婦でジャケットやコートを兼用して着ているアイテムが多くあります。
野袴に関してはウエストのサイズ感を気にするよりも、履いてみた時のシルエットでサイズを選んで頂きたいです。
パンツの丈も最初から短めに設定をされていますが、穿き方によってはすっきりと短く穿くのも良いなと思っています。
穿き方にアレンジが色々と加えられると思いますので、自分自身の気に入った着方を見つけて頂きたいです。
久しぶりにテーパードシルエットのパンツを購入しましたが、これはこれで新鮮で良いなと感じています。
気温が下がって秋冬本番になるタイミングでベージュのコートに合わせてみたいなと思っています。
見た目よりも、ずっと穿き易いパンツだと思いますので是非店頭でお試しください。

9月14日


FilMelange    DUOMO

color         CHAMPION MELANGE

price         11000+tax 

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         NAVY MELANGE

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         BLACK

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

color         SNOW MELANGE

SIZE         2    /    3    /    4    /    5

僕自身が、春と秋の季節の変わり目でちょっと肌寒いな~と感じる時に、首を暖めて体温調節するのに
良く着ているカットソーが、FilMelangeのモックネックタイプのTシャツ″DUOMO”
モックネックのカットソーは3年前くらいから提案をし続けていますが、店頭でじわじわと浸透をしてきている様な
気がしています。シンプルなデザインなので、ただ着るだけでは格好良いという感じにはならないのが逆に心地良く
性格的に天邪鬼な私にはぴったりなアイテム。シルエットはボックス型で、身頃がゆったり着丈は短めで身体のラインを
強調しないゆったりとした着心地も好んで着ている理由の1つ。
FilMelangeで定番で提案している半袖Tシャツ″DIZZY″と同様の素材を使っているので着心地に関しては折り紙つき。
冬になるとチクチクするセーターのインナーにも着れるので、夏以外の3シーズン着ている印象があります。
立ち位置としては主役ではないものの、微妙な気候の時など何を着ようかと迷った際の頼もしさたるや。
派手さや華やかさはありませんが、ふわっと体を包む保温性や着心地は、それだけで十分と思わせられる
万能なカットソーだと自信を持ってお勧め出来ます。


素材はFilMelangeが独自で開発しているオーガニックコットンと生産過程で振り落とされた良質なリサイクルコットンを
掛け合わせて出来たオーガニックラフィー。厚すぎず薄すぎずの中肉な質感は柔らかくて耐久性にも優れています。
一度袖を通すと肌が覚えて忘れられなくなってしまうくらい気持ちの良い素材です。
僕自身も半袖・七分・長袖・モックネックの4種類を季節に応じて着回していますが、1枚で着ても様になる厚地の生地感と
身体そっと囲う様な絶妙なシルエットも、色違いやデザイン違いで買い足し続けてしまう理由です。
今シーズンの新色″BLACK”は今までリリースされてきた、ヴィンテージライクな杢の色目とは一味違う
ソリッドカラーならではの洗練された雰囲気を感じます。


僕が良く着ている組み合わせはベスト。
ニットベストやワークベストなど種類は様々ですが、首元と体幹がしっかりと温められてジャケットやコート類を
羽織った際にも肩周りの動きが制限されにくく、機能性と見た目のどちらも両立した組み合わせで気に入っています。
春先はコットン中心、秋冬はウールなど時期によって素材を変えると、インナーの見え方や雰囲気ががらりと変わるので
季節に合わせた着方を楽しんで頂ければと思います。
個人的に良く着るカラーは″SNOW MELANGE″
重ね着を考えると春と秋のどちらの季節にも万能に活躍するのと、コートなどを組み合わせ際に首元から覗く「白」が
全体の印象を柔らかくするので、差し色として気に入っています。


軍物のジャケットやワークジャケットのインナーとして着るのも好きな合わせで、全体が少し野暮ったい雰囲気に見えるのが
逆に良かったりします。FilMelangeのアイテム自体も古き良き時代の製品などを参考にして物作りをしている部分もあるので
組み合わせて着ると相性の良さを感じる事が多く、精通する事柄などは少なからずあると思っています。
一見すると何処にでもありそうなカットソーに見えるかもしれませんが、シンプルなもの程、奥が深く、本当に気に入って
着続けたいと思える物に出逢うのは本当に難しいと思っています。
首元を覆うだけで随分と体感温度も変わりますので、寒くなる前に是非試して頂きたいです。
※サイズ2に関しては、レディースで展開をしています。

9月11日


JUJUDHAU     WIDE PANTS

color         CHINO GREY

price         24500+tax 

SIZE         F SOLD

color        CHINO KHAKI SOLD


昨日の最高気温17℃・・雨の冷たさもプラスされ、今にもストーブを出したくなるくらいの寒さでしたが
今日は一変して清々しい秋晴れ!!空気も雨に洗われて透き通っているように感じます。
22~24℃くらいの気温って本当に最高です。
店内は、気候の変化に合わせて毎日の様に衣替えなどをしておりますが、その中でも今季のjujudhauは
比較的入荷のタイミングが早かったこともあり、何を着れば良いのか悩む今の時期に丁度対応できる
シャツワンピースやチュニック、スカート、羽織など早速手に取って下さる方も多く嬉しい限りです。
今シーズンもビビッとくる好きな生地に出逢えたので、同じ生地で何型かを展開しています。
本日はその中から、今までも何度か展開している″WIDE PANTS″をご紹介致します。
がっしりと厚手のコットンのチノ素材は表面がうっすらと起毛していて、頼もしいけれどどこか優しく、
起毛感とくすんだ色との雰囲気も、今の気分にもぴたっとマッチしています。


個人的にも何年も前に購入したjujudhauのWIDE PANTSを、今もほぼ通年愛用しています。
穿いていると「そういう感じの太いパンツ欲しいです。ありますか?」と聞かれる事も何度か。
お尻・太腿から、そのまま真っ直ぐにどかんと幅の太さはありますが、穿くとそこまで太く見えない。
ウエストはゴムで、前は幅広目のタックと後ろは細かなタックが入っていて、立体的に膨らみが出て
そのシルエットのふっくらした感じも穿きやすさに繋がっていると思います。
jujudhauでは、他にも″MONPE PANTS″だったり、″DUMPY PANTS″だったり定番で欠かさずに
オーダーしているパンツもあるので、そこまで沢山の本数は展開出来ていないのですが、
ある時は数種類並んでいますので、ぜひ、それぞれの形を穿き比べてみて欲しいです。
ちょっとした仕様の違いで、一見同じようにな形でも穿くとまた、全然違って見えるので、
そこがとっても面白いなと思います。その中で自分の好みに合うのを見つける過程も楽しいですよ。


穿いているのは、CHINO KHAKI
写真では焦げ茶っぽい色目に映っていますが、実際はもう少し緑がかった感じの色になります。
身長166cmできっちりウエストで穿いて、やや足首が覗くぐらいの丈になっています。
明るい色や柄の可愛い靴下を見せるのも良いですし、ミドルカットのブーツを合わせても良いです。
服だけでは無く、靴や靴下など足元も穿きたい物が変わってきている感覚があるので、お手持ちの靴を見直して
その靴に合わせてボトムを選ぶのも、秋の装いに切り替わるきっかけになるかもしれません。


決して物凄く何かに特化した服という事でも無く、ただネパールという土地でネパールの職人によって
地道に作られ、海を渡って届けられるjujudhauの服。
そこに何か大きな意味を込める事も無く、いつも淡々としていて、揺るがない芯のある服。
プロダクトとしての量産される製品としての冷たさと、どこか手の仕事を感じる暖かみ。
だからなのかは分かりませんが、その適温具合が心地よく、jujudhauの服は着ていてもそのままの意味で
自分らしく自然体でいられる気がします。
日常着として、毎日でも袖を通したい。洗って乾いたらすぐ着たい。と思える服というのは
洋服本来の在るべき姿を示してくれているような気持ちさえしてきます。
今シーズンはチノクロスを使った羽織やパンツを色違いで多く揃えていますので、ぜひお気に入りの1枚を
見つけにいらしてください。

9月9日


TEMBEA     BAGUETTE TOTE MINI

color        PIZZA

price        8500+tax 

SIZE        15×25×9


TEMBEAから今シーズンの新たなプリント柄″PIZZA”のアイテムが其々入荷をしています。
シーズン毎に帆布とは違う異素材を用いてみたり、思いもよらぬプリントに、毎回心を鷲掴みにされているのですが
今回プリントになったのは”ピザ″。単純にピザそのものを描くのではなく、デリバリーするバイクにまたがった
スタッフや何枚もピザを重ねてよろけてしまっている人など、いたって真面目なのにふざけている様にも見える
イラストは見れば見る程にくすっと笑ってしまう。ユーモア満載の仕上がりになっていると思います。
rasikuで選んだ商品は全部で4つ。
BAGUETTE TOTE MINIはTEMBEAのアイコンにもなっているバケットトートの一番小さいサイズになります。
お財布・スマートフォン・小さなポーチ。最低限の持ち物を入れて、ちょっとそこまで迎えに行ったり、
スーパーに買い物に行ったり、近い所へ出掛けるという場面で案外このサイズ感は重宝すると思います。
女性に圧倒的に人気な形で、miniサイズとなるだけで一気に可愛らしさが増すのが何とも不思議ですね。

TEMBEA     TOILETRY BAG MEDIUM

color        PIZZA

price        4500+tax 

SIZE        18.5×13.5×6.5


TOILETRY BAG MEDIUMはポーチの中では丁度真ん中のサイズになります。
大き過ぎず・小さ過ぎずのサイズ感で、ハンドクリームやいつも持ち歩く薬などを入れたり、旅行の際には充電器の
コード類をまとめて入れたりするのにもお勧めです。自分でも使っていて用途の幅がとても広いと感じています。
バッグからポーチを出し入れする際に、無地のタイプも良いですがプリントだと気持ちが穏やか・楽になるのは
きっと自分だけではないはず・・・(笑)
こういったプリントものはさじ加減と意外性が重要だと思います。
インスピレーションを働かせて、遊び心で使ったり持ったりしていだたら良いなと思っています。

TEMBEA     PAPER BAG

color        PIZZA

price        12800+tax 

SIZE      29×35.5×11


持ち手のハンドル部分が細く設定をされたトート型のバッグ″PAPER BAG″
底のマチが広めに設定をされていて、内ポケットが付くのもTEMBEAには珍しい仕様です。
A4サイズがすっぽりと入る大きさなので、パソコンやタブレットなどを持ち歩くのにも良さそうですし
入り口が広く荷物の出し入れがし易いのもトートバッグの特徴かもしれません。
ハンドルは短いので肩掛けは出来ませんが、手に持つバッグの良さをようやく理解出来たように思います。
機能性も大切な要素の1つですが、見た目のバランスであったり、その仕様だからこその利点や可愛らしさや
恰好良さがあると思います。個人的には習い事や、図書館、そういった場面に持って歩きたいかなと想像しました。


TEMBEA     SACOCHE

color        PIZZA

price        8500+tax 

SIZE        20×26.5


最後は、ここ最近続けて展開している″SACOCHE″
バッグを普段持ち歩かないという方やイベント用に両手は空けてコンパクトなバッグを持ちたいう方に
お勧めしているバッグで、貴重品だけ忍ばせて持ち歩くのには丁度良い大きさです。
斜め掛けにしたまま車の運転をしても邪魔になりにくい点も小さいバッグならではのメリットだと思います。
プリントがあると服装のちょっとしたアクセントになりますし、シンプルな装いの時にこそ合わせて頂きたいです。


面白いと思った物や事を素直に受け止めてみる。
どうしても機能性や使い勝手、付加価値などを優先的に考えてしまいがちですが、何かを選ぶ時には
まず自分自身の直感を信じてみる。というのがやっぱり後々後悔せずにいられて良いなと最近は思ったりしています。
日常にちょっとした笑いであったり嬉しさがあると、それだけで1日が充実したようにも感じられるはずです。
TEMBEAの物作りを見ていると人を楽しませようという気持ちと、くすっと笑える要素、きちんとしたプロダクトとしての
生産背景があるからこそ、遊び心も含めてじんわりと人の生活の中に浸透していくのだと思っています。

PageTOP