4月2日


JUJUDHAU  FRY FRONT SHIRTS

color     DENIM

price     19000+tax

SIZE     FREE

昨日の雨で川幅が一気に広がり、水量もたぷたぷに。なので今日も遊歩道は途中までで迂回通勤。
3月が比較的あたたかく過ごせた分、この春の雨はどこかひんやりと感じてしまいます。
新年度となり、新しい生活がはじまった方も、色々あってこれからという方にも、こういう時だからこそ
誰かにとって一日や週の中で緊張がほぐれる時間や、好きなものに心が動く場所になれたらなと思います。
状況次第で臨機応変にとなりますが、今のところは毎日しっかり掃除と換気をしてお店を開けておりますので、
ふっと気が向いた時にお立ち寄りください。

ネパールを訪れることが出来たのが、なんだかもうだいぶ前の日のことの様にも感じますが
あの数日の間に触れたや匂いや人の暮らしなどの景色は、とても良い経験として記憶に残っています。
そんなネパールから届けられるのが”JUJUDHAU”の服。
春から特に夏の暑い日まで間違いなく出番が多いのがJUJUDHAUなのですが、その中でも個人的に着用率が
激しく高い一枚がFRY FRONT SHIRTSです。
シャツと言うよりはブラウスに近く、また一枚でさらっと着る以外にもカーディガンの様な重ね着もできる
その汎用性の高さが良いのですが、結局はフロントは留めて一枚でラフに着るのが一番しっくりくるシャツ。
春夏ではコットンリネンの薄くて涼しい生地のものを選ぶことが多く、今回は薄地ではあるものの透ける程ではない
柔らかいデニム生地に惹かれ、この形にこの生地はきっと相性が良さそうだなと思って選びました。


首元はしっかりと詰まっていて、インナーに何を着ても表に響かないのもうれしい。
TOP釦を留めずに中に薄手のタートルを合わせても良いですし、肌触りの良いクルーネックカットソーは
あえて釦を留めずにぱさっと羽織って着てみるのもいいなと思います。
肩は程よくドロップしていて、肩や腕を動かしたり重ね着をするのにも余裕があります。
何より着ていて窮屈さが無いのは気持ち的に楽なので、自然と着用頻度にも表れてしまうものです。
正面の釦は比翼型になっているので、身幅がゆったりしている割に印象としてはすっきりとしていて
着方によってきちんと見えたり、ラフにもなるしで、色んなボトムと着合わせが出来て万能さが際立ちます。


シャツなので袖にはカフスがあり、両サイドにはガゼットが付いています。
前後の着丈のアンバランスさも好きなのです。後ろの丈がお尻に掛かるぐらいちょっとだけ長め。
JUJUDHAUのちょっと抜けている様な、でもしっかりしている様な、掴み切れないニュアンスなのが楽しい。
着用したどちらかと言えばガーリーなデザインのスカートに、靴はカジュアルなスニーカーという組み合わせも、
また袖をぐるぐるっと捲って太いワークパンツを合わせて足元には可愛いフラットシューズというような、
アンバランスな組み合わせでも、すんなり馴染んで違和感を感じないのも、JUJUDHAUの服に漂う自由な空気感が
全てを包み込むからではないかと思います。
ふんわりとしている中にも、ちゃんと決まりや考えがあるので、柔らかくなり過ぎないのもすごく好きです。


表の表情等はまた変わって、背中には細やかなギャザーがあり、微かに甘さを感じられる部分。
身体と生地の間にもちょっと余白があるので、ふわっとした雰囲気や生地の柔らかさがより鮮明に
伝わるようにも思います。
薄いデニムのブルーは春の陽射しにも良く似合いますし、JUJUDHAUの服の良さは何より旅に向いていて
多少シワになっても気にならず、窮屈さが無く、そして着回しが利くなど良いこと尽くしなのです。
今はなかなか遠くへ出掛けるのは難しい状況ですが家にいる時でも、近所の散歩やちょっと買い出し行く時でも、
自分の心弾むような服に袖を通すだけで、多少気は晴れることもあるのではと思います。
物事の良し悪しはいつも隣り合わせ。
いずれ必ず、気ままに鼻歌でも歌いながら春をめいっぱい感じられる日がくると祈りつつ。

3月31日

雪どけ水で緑色に濁っていた川の色味も、日に日に透明度が増して川底が見えてきました。
川辺でゆっくり深呼吸したり、まだ姿は見えないけれど魚がいそうな場所を探したりと、
ほんの数分ですが気が浄化される、とてもよい時間。
3月最後の日、盛岡には澄んだ青空が広がっていました。

明日は店休日となり、明後日4月からの営業日程に関しまして今のところ通常営業となりますが
営業時間は当面の間、10:30-18:00を継続させていただきます。

春夏の立ち上がりでワクワクさせるのは洋服だけではありません。
むしろ季節のはじまりは先ずはここから!とも言えるぐらい欠かすことのできない足元を彩るアイテム。
各ブランドよりイロトリドリの靴下が届いておりますが、先ずはMARCOMONDEより人気定番のタビ型のソックスと
久し振りにユニセックスのサイズも選びましたのでご覧ください。

size    1

price   2000+TAX 

size    1

price   2000+TAX 

size    1

price   2700+TAX 

MARCOMONDEの毎シーズンひとつの国をテーマにしたコレクションラインとは別に展開されるのが
お気に入りの靴に合わせる為に、汎用性がありそれでいて素材にもこだわった”New Classic”
型数はある程度絞り、シーズン毎に色展開や素材感を変えてみたりと、基本的にはベーシックな色と形で
展開されるので、合わせずらさや買っても穿かないということは先ず無いと断言できるくらい出番多き靴下。
気に入れば同じものを買い足したり、色違いでローテーションしたり出来るのも嬉しいところ。
その中でも毎年好評で完売となるのが、親指と他の指とで仕切られた”タビソックスシリーズ”
5本指ほど穿くのに時間も手間もかからず、しっかり踏ん張りもきいて足の指も気持ち良くいられるので
購入される方の多くは、靴の形状に関係なく穿いてくださっています。
当然ですがタビ型のスニーカーや革靴、サンダルとは間違いなく合いますのでお手持ちの靴と相性の良い
色や組み合わせをお探しになってくださいね。
特にお勧めが、こちらはコレクションラインからリリースされたカラフルなtie-dyeカラー。
どこか懐かしさも感じますが、ここ数年で他のブランドでも取り入れたりと目にする機会は増えている
タイダイ柄。気分的にも明るい色や柄に目が惹かれますし、デニムなどのシンプルなスカートにスニーカーや
サンダルと組み合わせたら、足元から楽しい気分が伝わってくるとおもいます。

size    1

price   2700+TAX 

size    3

price   2000+TAX 

size    2

price   2400+TAX 

size    2

price   2600+TAX 

size    2

price   2600+TAX 

size3はメンズのフリーサイズで、目安として大体25.5~27.5cmとなります。
待望の?タビシリーズにメンズサイズが登場しましたので、普段使いでぜひお選びくださいね。
size2はユニセックスで、23~26cmぐらいのサイズとなっています。
ぴりっとアクセントになること間違いなしの幾何学模様に、踵と爪先だけぐるぐるしているのがポイントの
無地ソックスとアーガイル柄は、配色が素晴らしく迷わずセレクトしました。
遊び心の利いた柄ですが、無地ソックスとはまた違った装いの面白さを感じていただけると思いますので
ぜひ春服と組み合わせてお選びいただけたら嬉しいです。

3月30日


trippen    YEN

color     BLACK(VST)

price     47000+tax

SIZE     39    /    40    /    41


“trippen”の立ち上がりから最初の1足目に作製されたのが紐のないコロンとしたスリッポン型の「YEN」
rasikuでもメンズ・レディースどちらも定番という位置づけで展開してきたモデルの1つ。
今までお店で提案してきたのは、ボックスカーフという表面がつるりとした牛革でしたが
今回オーダーしたものは、表面に細かなシボのある”VST”と呼ばれるソフトな肌触りのものを選びました。
フィッティングがより柔らかく、履き始めからでも足に直ぐに馴染むような感覚のあるレザーで
質感に関しても光沢が少なく、しっとりとしたマットな印象を受けます。
スリッポンタイプなので脱ぎ履きがし易く、長時間歩いても疲れにくいのがtrippenの靴の特徴の1つで
人間工学に基づき、土踏まずをサポートし歩行を助ける目的で作られたインソールやオリジナルのソールなど
靴を履きながら健康にも繋がるアプローチをするのはドイツのメーカーならではだと思っています。
ファッションシーンにも違和感なくすっと溶け込む見た目の格好良さと、少し癖のあるフォルムは
歩いて街を散歩するのが楽しくなる存在になってくれるはず。
新年度を迎える季節の変り目に、新しい革靴を履き最初の1歩を踏み出す。験担ぎではないですが、
真新しい靴は気持ち良さと少しの気恥ずかしさがあって何だかんだ言って良いものです。


足を入れた時には履き口が窮屈に感じる事もありますが、内側に付いたゴムが伸びるとぐっと中に入っていきます。
紐など足を固定するものが一切ないので、フィッティングは余裕を持たせ過ぎないジャストサイズがお勧め。
コバが大きく突き出したデザインも特徴的なディティール。ステッチダウン製法を用いてアッパーとソールを
2本のウェルトで固定をする事で、水などが入り難くなり機能性がプラスされる仕様です。
登山靴を作る際にも良く見られる製法の1つで、見た目の迫力が増してボリュームのある仕上がりに。
革靴なのでザーザーぶりの雨の日にはお勧めしませんが、アッパーに防水スプレーをふって貰えたら多少の
雨や水くらいでしたら問題なく履いて頂けます。気を使い過ぎずに日常使い出来るのがtrippenの良さだと思っています。


内側は総ライニングで、足全体をぎゅっと包み込むようなフィッティング。
靴全体にシワなどが入ったらより雰囲気が増してきますし、普段着るようなカジュアルな装いにマッチします。
ソールは凹凸のあるtrippen soleの組み合わせで、丸みを帯びたフォルムに強いソールのギャップが好みです。
オールソール交換が可能で、rasikuでメンテナンスの為にお預かりする靴で最も頻度が高いのが「YEN」です。
お客様を見ていても良く履かれている印象があり、紐を結ばずに履ける楽さと服装を選ばない汎用性の高さから
ついついすっと足を入れてしまう革靴になっているのではないでしょうか。
グリップ力が高く、雪の積もった冬道でも通用するので、足元の選択肢が難しい東北の地でも1年を通して活躍します。


コバのボリュームに負けないくらい、裾の太いパンツとの合わせが抜群に感じます。
僕自身は軍パンに合わせて履くことが殆どで、強さのある直線的なシルエットのパンツに対して曲線的な
革の柔らかさを感じるtrippenが、コーディネートを程よく中和してくれる印象があります。
ドレスやオールコンフォートシューズと呼ばれているような革靴とは、良い意味で全く違うジャンルの靴になりますので
日常着に合わせる革靴のバリエーションを増やすという意味でもとてもお勧めです。


久し振りにセレクトをしたメンズサイズのtrippen。やはり何度見ても完成された素晴らしい革靴です。
デザイン性のある革靴は、履く人の個性を少し引き出してくれるような存在になるのではないかと思っています。
街歩きが心地良くなる季節です。自分が歩きたいと思える靴を履いて、心地の良い空気を吸って穏やかで健康的な
時間を過ごしてみては如何でしょうか。
そんな時間が今は叶わない方には、静かに過ごす時のちょっとした気晴らしにBLOGをお楽しみいただけたらなと
思い、コツコツお店に並ぶモノの事を綴っていますのでお暇な時にでも覗いて貰えたら。

3月28日


MITTAN   竹ワンピース

color     藍

price     32000+tax

SIZE     2

color     胡桃

price     32000+tax

SIZE     2


昨日のポカポカ陽気から気温は下がり、青とグレーが混ざったような不思議な色の空を見ながら出勤。
自宅の庭の桜の木も少しずつ芽が膨らみはじめ、近くの公園では梅の花がぽこぽこっと咲いて居たり
毎日の小さな変化に気付くのはとても楽しい。
服装も明るいぱりっとした薄手の洋服を手にしたい気持ちでしたが、気温差に滅法弱いのでぐっと抑えて
暖かい服に袖を通しました。そんなこんなで今日もいつも通りにお店を開けています。

以前にも何度か展開のしたことのある竹素材を使った、MITTANが作るロング丈で仕立てた羽織のワンピース。
竹素材55%・綿45%を混ぜ合わせたオリジナルのファブリックで、程よい厚みの目のしっかりと詰まった平織素材。
シンプルなカットソーにさらりと羽織るだけで肌当たりも良く、何より見た目の雰囲気が抜群です。
春コートから薄手の羽織に変わるタイミングでとても使い易く出番の多い1枚になると思います。
私達も3年ほど前に購入してから頻繁に着用しているワンピースで、夏でも夜になるとTシャツ一枚では
気持ち肌寒かったりするので、そんな時に何を着ていてもぱっと羽織れるのが心強い。
あとは特に身長が高い方には、この着丈(約123CM)の長さは膝がしっかりと隠れるという、他であまり見かける事が
少ないロング丈なので嬉しいのではないでしょうか。
※着用しているモデルは身長166CMになります。


MITTANの羽織物に共通する日本の着物などからインスピレーションを沸かせた独自のデザイン。
現代の民族服を作るというテーマに基づいて作製。古い物からヒントを得て現代の生活やファッションシーンにも
自然と溶け込むようなデザインに落とし込んでいて、プロダクトらしい一面がしっかりと感じられるのが好みです。
今季選んだ色目は「藍」と「胡桃」の2色。天然染料ならではの柔らかな色合いと深みに目を奪われます。


極力残生地を出さないようにパターンにも工夫がなされていて、腕を平行にしていみると肩と袖の作りが
ほぼ直線裁ちで仕立てられているのが良く分かります。袖周りはとてもゆったりとしているので動き難さや
着難さは一切なく、必要最低限の中で着用時の気持ち良さを最大限に発揮出来る仕組みが面白く、奥深いです。


個人的には長袖や半袖のカットソーの上にカーディガンの様な感覚で、さらりと羽織る着方が好みです。
汗をかいても気兼ねなく洗えて乾きも早く、ワンピースとカーディガンの2通りの役割をそつなくこなしてくれる
ユーティリティな1枚になってくれるはずです。


ウエストをマークする腰紐を付けると、メリハリのある着こなしが可能。
最初は使い方が難しく感じる方もいらっしゃるはず。普段着ているような洋服で紐を使う機会というのは圧倒的に少ないと
思いますので、少しずつ慣れていく時間も必要ではないかと思っています。
その日のインナーとのバランス、着こなしの気分で使い分けをして頂きたいです。
ウエストをマークすると、見た目の格好良さが格段にアップしますので是非トライしてみてください。


MITTANの服の様に生地の存在感がしっかりしているものほど、普段着ている様なデニムにTシャツなど
出来るだけいつもの服装に合わせるだけで、全く違う雰囲気を楽しめるのではないかと私たちは思っていて
勿論上下組み合わせて着た方がブランドの世界観はより伝わるかもしれませんが、あまりそこに固執し過ぎずに
柔軟な発想で洋服を着たほうが、思いがけず面白さが意外性に出逢えると思います。
着る程に気持ち良くなっていく生地と共に、様々な着合わせをお楽しみください。

MITTAN   ナースシルクショール

color     ログウッド

price     22000+tax

SIZE     150×200 SOLD

color     藍(濃)

price     22000+tax


シルク100%を用いた”ナーシシルクショール”は、良い意味でシルクとは思えないギャップのある手触りが特徴。
シルクと言えばするするっと繊細な糸を想像しがちですが、ワイルドな表情としっかりとした質感で薄手ながらも
ふっくらボリュームのある巻物です。首元にぐるりと巻くのも良いですし、たっぷりとしたサイズの大きさを
活かし肩に羽織って使うのも良いと思います。繊細さと大胆さのどちらも持ち合わせた不思議な感覚のショール。
カラーは墨黒のような色目のログウッドと、こちらも濃く染めれらた藍の2色での展開です。


使い始めは少し硬さの残る質感ですが、使っているうちにどんどん和らかなシルクならではの肌触りに。
シルクの糸は不純物を取り除く事でつるりとした質感へ変化していきますが、ナーシ糸は糸から出る節などの不純物を
取り除かずに使われる糸で、糸の凸凹がそのまま表情に出てきます。
空気の層を多く含んでいるので、暖かくて涼しいという相反する2つの機能的な性質を持つ合わせていて、
シルク100%という素材感も相まって、真冬意外の季節に活躍するのではないかと思っています。
使い込む事で味わい深い表情に変化を遂げるので、じっくりと時間をかけながらお付き合いしたいショールです。


様々な天然素材のポテンシャルを引き出しながら、日常着にアプローチするMITTANの洋服。
自分自身でも着れば着る程に素材の持っている機能的な部分や着心地の良さも含めて全部を肌で実感しています。
自分の感覚で生地の面白さや気持ち良さに触れてみることで、単純に着る事への興味をそそられますし
素材の経年変化が劣化ではなく魅力になっていくことを知ると、擦り切れてでも着てしまうほど服がぐっと
身近なものになると思います。
あくまでも一つのきっかけとしてですが、そんな側面からも着る事を楽しんで頂けたら良いなと思います。

3月27日


ASEEDONCLOUD  SEEDING PANTS

color       INDIGO

price       30000+tax

SIZE       M  

朝から春の陽射しが注ぎ、ただ外に出てじっとしているだけでも気持ちが良い。
今日も早起きに成功をしたので、いつもより1時間くらい早く家を出て中津川の遊歩道を散歩。
まだ冷たい川の水に触れてみたり、魚が釣れそうな場所を探したり、先日は閉まっていたパン屋さんにも
立ち寄ることが出来、お店に戻ってゆっくりと朝食を楽しみました。
わずかな時間でも、朝の澄んだ空気の中で深呼吸するのはとても気持ちが良かったです。
身体も室内も空気の入れ替えは大事ですね。今は一人一人の意識と行動がためされるときかと思います。
どんな状況下でも、柔軟な心で人の為になる事を考えて健やかに過ごす工夫をしたいものです。

ASEEDONCLOUDから届いた、野良着をモチーフにしたウエストを紐でアジャストして穿くパンツ。
今シーズンの物語の中に出てくる主人公が、種を蒔く時に穿いていたであろうパンツをイメージして作製。
左右非対称になるアシンメトリーなデザイン、裾の釦で大きく変わるシルエット、ダブル二―の仕様など
コレクションブランドに相応しいクリエイティブな発想と作り込みとがマッチした1本。
素材は2種類をセレクトしINDIGOはコットン67%×ナイロン33%・BROWNはコットン100%
どちらも其々に生地の特徴があって全く雰囲気の異なる素材感になりますので、穿き比べて頂きたいです。


フロントはスナップ釦とZIPが付いていて、上から被せる様にして紐を結ぶと左右が非対称になるアシンメトリーな
バランスに納まります。展示会で見た時に最初は難しいかなと思っていたのですが、試着をしてみるとデザイン性を
そこまで感じる事がなくて、いつも穿いているようなイージーパンツと同様の気持ちで穿けると思いました。
素材もはピュアインディゴでロープ染色を施したコットンナイロンをワッシャー加工する事で、パンツに立体感をプラス。
薄手ですがしっかりと張りのある素材感で夏場まで涼しく穿ける事も選んだ理由。
パンツを主役にして白やグレーの半袖カットソーを1枚着て、麦藁帽子を被ってシンプルに合わせるのもお勧めです。


バックポケットは1つで、裾に付いたスナップ釦でシルエットの調整が可能。
軍物に見かける様なオーバーパンツにも似た雰囲気で、良い意味で野暮ったさを削ぎ落してファッションとして
落とし込まれている所が、とても好みです。


アジャスターを留めずに穿くと、裾口までストンと落ちるシルエットで丈の長さはほぼフルレングスになります。
もし長さが気になる方は一折して穿くのも良いと思います。生地が軽いので折り返しても裾に重たさが出ないですし
サンダルなどを合わせて足首を見せる事で軽さを出していくのもお勧めです。
※身長178cmがウエストでしっかりと合わせて、着丈の長さはジャストになります。


お尻回りはフラットな作りで、ワイドなシルエットですがすっきりとした印象を受けます。
個人的には立体的な作りのパンツよりも、どちらかと言えば直線的なざっくりとしたものが好みで
サイズを上げたりしながら調整をして落しどころを見つけるのが良いなと思っています。
SEEDING PANTSもウエストは大き目に感じるのですが、ウエストをぎゅっと絞って穿く事で自分が
イメージするシルエットになるので、固定概念に囚われずに挑戦をして頂きたいです。


裾に付いた釦を留めると、テーパードをしたラインに代わり印象が異なって見えると思います。
自転車に乗る際にも役立ちそうですし、着こなしの気分によって使い分けをして頂きたいです。

ASEEDONCLOUD  SEEDING PANTS

color       BROWN

price       27000+tax

SIZE       S    /    M  


素材違いでコットン100%の雰囲気抜群の杢調のブラウン生地も選びました。
ムラ糸を用いる事で浮き出てくるような表情になり、穿き込む程でより生地に風合いが増してきます。
中肉よりも少し薄手のしっかりと張りのある生地感で、今時期くらいから夏場まで活躍するのではないでしょうか。


色目が薄くなった分、太腿から膝にかけてのダブル二―の仕様がはっきりと見えています。
単純に穿いているだけで気分が高揚しそうなパンツで、ベーシックなパンツをある程度の本数をお持ちの方には
少しエッジの利いたアイテムもお勧めです。プレーンなパンツの穿き方が上手くなるきっかけにもなるでしょうし
なによりも気持ちの部分で、穿きこなす楽しみがあります。


ASEEDONCLOUDが作り出す世界観にはいつも圧倒されてしまうのですが、1つ1つを良く見てみると日常着としての
機能性や汎用性、単品で見れば案外溶け込み易いアイテムだったと気づかされたりして感覚や感性の部分で
とても刺激を受けます。僕らがセレクトする基準にもなっている中津川沿いを散歩していても、景色にマッチする
装いという部分にも合致したパンツだと思っています。最近は男性が積極的に取り入れてくださるのは嬉しい事で
性別や年齢などは一切関係なく、1つの洋服としてフラットに見て頂きたいです。

PageTOP