12月15日


ANDERSEN-ANDERSEN   SAILOR CREWNECK 7GG

color      OFF WHITE   

price      42000+tax 

SIZE      XXS   /   XS

color      CAMEL

SIZE      XXS   /   XS

color      ROYAL BLUE

SIZE      XXS   /   XS

メンズの方では先にご紹介していました、デンマークのニットメーカー″ANDERSEN-ANDERSEN″
展開をスタートしてから3シーズン目、今季レディスでセレクトしたのは7GGの″SAILOR CREWNECK″
手で持った瞬間に皮膚越しに伝わるその確かなウールの感触。
重みも厚みも、独特な艶っぽさも、他のニットとはまた異なる空気を放つANDERSEN-ANDERSENは、
一度着てしまうと中々それ以上のものには出逢えないと思える程、素材も作りも素晴らしいと感じています。
視点を変えれば、他にも良いニットは様々あるのですが、もし古びることなく長く大事に着続けたいと思う
ニットを探されているという方でしたら、迷いなくこのニットをお勧めします。
厳しい寒さからも身を守ってくれる上質で暖かなニットに出逢ってから、冬を迎える気持ちにも幾らか余裕が。
ここ数日で朝晩の冷え込み方が一層厳しくなってきたので、今か今かと出番を待っている様なニットを横目に
まだ大丈夫!と、良く分からない根競べをしています。・・・一度着てしまうと脱げなくなりそうで。
きっと手が伸びるのもきっと時間の問題ですけれど。 


デンマークの伝統的なセーラーセーターを、後世にも引き継いでいきたいという想いの元生まれた
ANDERSEN-AMDERSENは、より良い質の糸と手間の掛かる仕様も実現可能とする高水準の技術を求めて、
イタリアの工場にアトリエを構えて紡績・生産を行っています。
肌に隙間を与えず、ぴたっと添うような着心地は、まさに冷たい海からの風や寒さと共存する暮らしに
相応しいセーラーセーターならではの道具としての一面を感じさせます。
それでいて時代が変わっても色褪せない、何処か懐かしさも感じさせるクラシックなデザインを残しつつ、
シルエットをすっきりとさせる事や、今の技術で良くできる部分には手を掛けることで、いつ誰が手にしても
その時の気分で着たいと思える様な、唯一無二なプロダクトとして完成されたニットだと思います。


少し高めに設定された首元。所謂、ガンジーネックと言われる昔ながらのデザインは趣きがあり
見た目も上品ですし、少しでも首が覆われているとそれだけで保温性はぐっと上がります。
身頃に余裕があればシャツを合わせた着方も良いですし、一枚でも存在感は十分ですので上にジャケットを
羽織ったりベストを重ねたりと、その人なりのその時の気分や好きな着合わせ方で、着ていただけたら。


南米産のメリノウール100%を使用して編みたてられたニット。
ボディから首、そして袖から裾の先のリブまで、美しい畦が続きます。
長めの袖には指抜きが付いていますので、指を通して着ても良いですし使わない方は袖捲くりして。
光沢を纏った上質な毛糸は、弾力もあってそれでいて引き締まったニットの触り心地も着心地も、
やはり自分自身着ていて、とても特別なものという感情がありますが、だからこそ自分なりにどうしたら素敵に
着こなせるかなと着方も工夫しますし、洗濯方法やお手入れの仕方も何が良いかと自分で探したり考えます。
物との付き合い方は、人それぞれの価値観で違ってくるとは思うのですが、手間が掛かったり自分の思った通りには
なかなかならない事を、時間を掛けて楽しんでみるという事を自分は大事にしたいなと、改めて思ったりしました。


デザインもシルエットも昔ながらの野暮ったさの残るニットも、それはそれで味わい深くて好きですが、
伝統を引き継いでいきたいという想いが込められた、ANDERSEN-ANDERSENのニットは過去から現在、
そしてこの先の未来へと続いていく為の、物作りが詰め込まれている様に思います。
だからこそ、同じように大事に着たいという方の元へちゃんと届く様に、そんな繋ぐ役割のほんの端っこでも
自分達が担っていけたらいいなと、そんな風に思いますし、自分達も大切に愛着もって着ていきたいです。

12月14日


今シーズンからコレクションがスタートしたストールやブランケットなど布を中心に展開するブランド″LOOMER″
愛知県一宮に工場があり、機屋だからこそ出来る利点を活かして世界中から多種多様の原料を取り寄せて
ブランドオリジナルで糸を掛け合わせたりする事で、独自のエッセンスを表現しています。
日本に残っている古いショヘル機でじっくりゆっくりと時間を掛けて織り上げる事により、空気を多く含んだ
ふっくらとした布地に仕上がります。モダンでシンプルなデザインの布物を展開するブランドになります。
″LOOMER”は″PRODUCT″と呼ばれる新しい価値観を生み出していく素材の広がりや面白さを伝えるラインと
使われなくなった生地や糸を使って再構築させる″REPRODUCT”の大きく分けて2つのラインで構成。
どちらにも其々に良さがあり、ご自身のライフスタイルに合わせて選んで頂けたらと思っております。
私達も早速お店のフィッティングルームと自宅でブランケットを使用していますが、柔らかさだけではない
しっかりとした芯の強さを感じる生地に包まれると、冬の寒さから心と体が解放される感覚になります。
是非店頭で、見ただけでは感じとれない上質な素材感を確かめて頂ければと思います。

LOOMER   Baby Camel Throwket

color      Camel   

price      32000+tax 

SIZE      200×140

大判のストールは、私達も2年前位から使いはじめて寒さの厳しい時期には本当に重宝するアイテムの1つになっています。
大きさによって使い方は大きく変わってきますが、大判タイプは薄手のコートを着た際にその上からざっくりと体全体を
覆うようなイメージで使っています。室内に入ればひざ掛けなどにも使えるので、特に女性であればお気に入りの1枚を
持っていると、室内外の両方でとても重宝すると思います。


モンゴル産地のベビーキャメル(フタコブ駱駝)の毛を用いた″Baby Camel Throwket″は、肌触りとしてはカシミアと
大差がないくらい柔らかで滑らかな生地感で、キャメルの中でもベビーキャメルは特に貴重とされています。
色目は染色を施していない濃いめのベージュで、視覚からも素材の持っている良さがしっかりと伝わってきます。
機屋だからこそ手に入れる事が出来る貴重な素材だと思いますし、何かを大きく変えるという訳では無く出来る限り
素材をそのまま活かすデザインも″LOOMER″というブランドらしさが出ていて気に入っています。


両端は薄く白い1本のライン線が入り、唯一のアクセントととして蛍光の糸で刺繍がされています。
広げるとすっぽりと隠れてしまうくらいの大きさがありますが、二つ折りにしてショールとして使うのも良いですし
三角を作ってコンパクトにまとめてストールの様な巻き方で首元にボリュームを持たせて暖めるのもお勧めです。
綺麗なスタイルにもハマる素材感と色目だと思いますので、これから多くなるホテルでのパーティーや畏まった場に
持っていくのも良いのではないでしょうか。

LOOMER   HERRINGBONE THROWKET

color      WHITE×ECRU   

price      32000+tax 

SIZE      195×130


冬の景色に映える白のブランケットは、縦糸に高級綿として知られるピマコットンとアルパカをブランド独自で混紡し、
緯糸はカシミアを用いて、3つの素材を織りあわせて作製しています。
コットン51%・カシミア45%・アルパカ4%の配合で、表面を立体的に見せる為に織の組み合わせを1列毎に変えています。
遠目からは無地に見えるのですが、近くで見ると斜め織の生地が5cm感覚で切り替えられているのが分かります。
ネイビーや黒のコートや羽織物が多くなる季節に合わせる白はアクセントになりますし、それでけで気持ちの面も
明るくしてくれると思いますのでお勧めです。

LOOMER   LAMBS WOOL RING THROWKET

color      OFF WHITE   

price      25000+tax 

SIZE      195×148

生成にブランケットステッチが映える″LAMBS WOOL RING THROWKET″、倉庫などに眠っている使われなくなった
多種多様の様々な質の高い糸を再利用する形で、新たに物として生まれ変わらす″REPRODUCT″ラインの1枚。
ヴィンテージではないのですが、ちょっとした時代の″匂い″を感じさせる物作りで新しい物と古い物とが混ぜ合わさって
化学反応をして出来上がった面白さがあります。現在では作られていない糸を使用しているので、生産出来る数に限りがあり
タグに生産可能な枚数が1つ1つに記入されているのも、個人的には好きな部分です。
私達も自宅でソファーに掛けて使用していますが、これに包まってしまうと暖かさと気持ち良さで動けなくなって
しまうのですが、冬の幸せな時間を過ごす事が出来ています。


(二つに折り畳んだ状態で持っています)
生後六カ月以内のオーストラリアで育った柔らかい子羊の毛をループ状に織り上げる事で、表面に表情が出て
軽くてふんわりとした肌触りを実現しています。最近は自宅で過ごす時間を自分の気持ちが上がる物を少しずつでも
揃えていきたいと思う様になりました。洋服もそうですが時間を共に過ごす道具というのは、生活していく中でも
とても大きな役割があって、折角であれば気持ちが豊かになるものを・・・という考えが自然と強くなりました。
たまたま出逢った″LOOMER”のブランケットは、もう既に私達のライフスタイルに溶け込んで無くてはならない
存在になっていて、物作りの姿勢や、新しい価値を想像している点なども共感出来る部分が多くあり
これからも少しずつですが、提案をしていければと思っております。
他にもカシミアやヤクのストールなどを何点か展開していたのですが、有難い事に全て完売していて
また来冬の楽しみにして頂ければと思っております。

12月11日


TEMBEA   PAPER BAG

color      CAT   

price      12800+tax 

SIZE      29×35.5×11 SOLD

color      DOG   

color      SKI SOLD   


通年通して、ギフトとしてお選ぶいただく機会もとても多いTEMBEAのバッグ。
大中小のサイズに、無地・PRINT・LOGO・INDIGO・・・その他にもたくさんの種類のモデルがあり、
これにする!と心に決めたはずでも、一瞬迷いが生じてしまうほど、選ぶのが大変ですが楽しいバッグの数々。
今シーズンのPRINTにはリニューアルした柄もあり、そして新型もリリースされ、届くのを心待ちにしていました。
PRINTシリーズが並ぶと一気に賑やかさが増して、そして毎回、顔が緩みますね。
新しいモデルの、PAPER BAG は細い持ち手に、広めなマチ、縦に深さのあるの形で容量もたっぷり入ります。
以前LOGOシリーズでもPAPER BAGをご紹介した事がありましたが、またちょっとニュアンスが変わっています。
デザインソースは一緒でも、全く同じ形にしないところもTEMBEAの物作りに対する姿勢を感じます。
キャンバスでありながら、異素材のショップバッグの形を想像させる、ユニークなデザイン。
普遍的な形だからこその使い勝手の良さがあり、気軽に持ち歩けそうなバッグだなと思います。


内側には横に広いポケットが一つ。
普段殆どポケットのないTEMBEAのバッグを使っているので、ポケットの有る無しはそこまで気にしないですが
あると実際便利ですね。鍵や貴重品、ティッシュやハンカチなど小分けに出来るスペース。
特に深さのあるバッグですと、細々した物を探し出すのに中身を掘り返して欲しい時に見つからなかったりします。
ポーチなどで綺麗に整頓するのも一つですが、一つポケットがあるだけで些細なストレスは解消されますね。
サイズ感としてはA4サイズもすっぽり入りますし、ファイル類や資料などの紙物であったり、雑誌や本などなど
大き過ぎず、小さ過ぎず、男女問わず持ち歩き易いサイズではないでしょうか。


持ち手はそこまで長くなく、肩に掛けるまでとなるとちょっとキツイと思いますが、持ち手が細くて短い分
全体のバランスが大袈裟にならず、PRINTが程よくアクセントになって洋服と合わせた際もバッグが映えます。
ここ数年、続けて展開しているSKI柄。TEMBEAロゴのセーターに、ニット帽とゴーグル、ハの字で滑る人。
要所要所に赤が効いたSKI柄は、なんだかほっとする様な微笑ましい様な、毎回ぐっと心を掴む柄です。
冬のお楽しみとして持つも良し、あえてシーズン関係なく気分次第で持つも良し。
ワンポイントに何か欲しいなと思った時の遊び心としてもお勧めです。

TEMBEA   OPEN TOTE MINI PRINT

color      DOG   

price      8500+tax 

SIZE      18.5×16.5×7.5


color      SKI   

color      CAT   


待望のニュー猫柄。
ぱっと見では気付かない方もいらっしゃいますが、今まで展開していましたモノトーンからリニューアルして
所々に色が入り、勿論まどろむ猫たちの姿も一新されています。
丸くなる白ネコ、目を黄色に光らせるグレー猫、紙袋に入って遊ぶ黒猫。
可愛いけれど、可愛過ぎず、キャラクター感の無い猫のプリントは、大人がちゃんとバッグとして持てる事を
想定してデザインされています。少し前にリニューアルした″DOG″も、同様の理由で好評です。


元々あるモデル、OPEN TOTEが小さくなって、さらにPRINTが入りました。
ポケットなどは一切なく、必要最低限の物を詰めれば中はぎゅうぎゅうになるくらい小さいサイズ。
使い勝手や機能性などは二の次で、とにかくこのサイズ感でこの柄だから良い!とピンときた方にお勧め。


小さいバッグはTEMBEAを展開し始めてから、自分達も使うようになりました。
ちょっと財布だけ持って出掛ける時など、使いだすと意外と重宝しますし、女性の方はポーチの様な感覚で
使用したり、バッグinバッグとして使う方もとても多いです。
ギフトとしても、友達へのさり気ないプレゼントとしても、いつでももらうとニヤッとしてしまうTEMBEAのバッグ。
好みの柄、形、見つかりましたら、ぜひご来店お待ちしております。

12月9日


STYLE CRAFT WARDROBE   COAT♯17

color        BEIGE

price        65000+tax 

SIZE           /      /    SOLD

color        DARK NAVY

price        68000+tax 

SIZE        Ⅰ   /      /   Ⅲ


今シーズンもSTYLE CRAFT WARDROBEのステンカラーコートが届いています。
3シーズン着用出来る2枚仕立ての機能美が備わったコート″COAT♯17″
毎シーズン展開しているベンタイルコットンのベージュに加えて、今シーズンは新素材として
イタリアの老舗生地メーカー″リモンタ社″のナイロンを用いたダークネイビーの2色を選びました。
コットンは変わらずにしっかりとした張りのある生地で、ナイロンタイプはマットで重厚感のある落ち着いた色目で
洗練された雰囲気が漂います。ジャケットや厚手のセーターを着た上からでもストレスなく着れるパターンとシルエット。
ただ単純にオーバーサイズに見せないバランスの妙が気に入っていて、自分自身も着用をして3シーズン目になりますが
冬から春の桜が咲く頃くらいまで着用出来る汎用性の高さから、なんだか結局、一番出番の多いアウターとなっています。
普段使いは勿論ですが、スーツの上からでも羽織れるサイズ感はビジネスシーンでも活躍すると思いますので、
如何にもといったビジネスコートとは、少し視点を変えたコートをお探しの方にもお勧めの1枚です。


首元はドックイヤーの様なイメージで、スタンドにすると左右が閉じて風の侵入を防ぐ役割を果たしてくれます。
フロントはZIPと釦の二重構造で、センターから少しだけずれたアシンメトリーな位置に釦が付きます。
コート自体の保温性は然程ありませんが、冷たい風はしっかりと防ぎ、ナイロン素材は雨や雪を弾いてくれますし
それぞれ素材の特性を発揮しますので、余程寒い日でなければ十分に冬を越せるコートだと思います。
内側に厚いセーターやインナーダウンなど暖かみのある素材感のものを着用して、その上からざっくりと着ると、
変に着膨れしたり、もたついたりなどもせず、すっきりとした雰囲気で着ていただけると思います。


肩はスプリットラグランを採用、前から見た時は肩線が入るので、どこかきちんとした印象に映ります。
反対に後ろはラグランなので、ややカジュアルで可動域をしっかりと確保した作りになっています。
内側にチェック柄の滑りの良いナイロン生地を張り合わせている点も袖通りがスムーズになり、
ついつい手が伸びてしまう理由かもしれません。


袖にはリブが付けられているので、冷たい風が入らないようにしています。
ハンドウォマーポケットのサイズも大きくて、長財布くらいまでの大きさのものは収納が可能です。


ZIPはダブルジップを採用。
左右の内側には大きめのポケットを完備しています。
機能的にも申し分ないと思いますし、裏地のチェックの生地も渋くて気に入っているポイントです。
折角選ぶのであればコートは少しでも長く着て頂きたいと思うので、小さな部分のパーツ使いやディティールも
より重要になってくると思います。


着る人にもよると思いますが、着丈は膝が少し出るくらいの長さに設定をしています。
外を歩いての移動が多い方ですと、ある程度長さがあったほうが暖かいですしコートを着た姿も様になります。
僕自身は普段は歩くことが多いですが、丈に関しては長すぎもせず、車の運転の際にも然程支障はないと感じます。
クラシックな雰囲気もありながら、ただそれだけではない独特のシルエットや細部にまで気配りされたデザイン。
恰好良さや重厚感が強く出過ぎるということもなく、それでいてコートらしさは失わずに、程良く包み込む感じが
STYLE CRAFT WARDROBEらしさでもあり、なぜか気になってしまう理由かもしれません。
何を基準にコートを選ぶかはその人次第ですが、飽きずに長く付き合えるものをお探しの方には、
是非一度袖を通して頂ければと思います。

12月7日


veritecoeur    ダリナコート

color        BEG

price        58000+tax 

SIZE        F SOLD 

color        AKA


昨夜と今朝方の冷え込みは、一段と厳しかったですね。。。
いつもは何もかもがキラキラして見える気持ちの良い川沿いの道も、今日はとても嶮しくてつらくて。涙
(それでもどの世界も美しいには変わりないのですが。)
川に近い場所に生えている木の枝は凍っていたり、土のある場所は霜柱がざくざく伸びていたり。
冬の姿が濃くなり、微かに変化した景色を見つつ、早足でお店へと駆け込みました。
そんな今日は、少しでも気分の上がる素敵なコートをご紹介致します。


ふわっとした軽さで、厚着をした上からでも難なくからだを覆い尽くすダリナコート。
veritecoeurの冬のコートは、決して完璧な北国仕様という訳では無いのかもしれなのですが、
ウールの醸し出すしっとりとした雰囲気と、中にあれこれ着込んでも変に着膨れしないサイズ感と、
カジュアルでもだらっとしない品の良いデザインのバランスが良く、毎回好評だったりします。

首元のデザインはコートではありますが、細めのラペルなどジャケットライクな一面もあってとても綺麗。
シャツを合わせても良いですし、タートルネックでもクルーネックでも、または少し開きの広いハイゲージニットも
どれも其々のネックラインがしっかり映える様な、美しい形だと思います。


ラグランスリーブでアームも太く、ざっくりとしたシルエットは外套のイメージに近いものがあります。
ワンピースにふかふかのフードや厚手のニットカーディガンなどを羽織った上からでも、すすっと腕が通り、
肩も脇周りも楽々、釦もきちんと留まります。裏地がキュプラ100%なのも、袖通りの良さに繋がります。
冬になると出番が減る様な服でも重ね着できれば通年通して楽しむ事が出来ますし、ぎゅっと目の詰まった
頑丈肉厚セーター一枚に、コート一枚、と言った様なあっさりでも暖かな着こなしもどちらも合わせられるのは
とても有難いですし、着合わせのし易いコートの出番が自然に増えるのは必然なんです。


丈は膝よりも少し下のロングコート。
どうしても背の高い人じゃないと似合わない・・・と思われる方も多いのですが、veritecoeur本店の
スタッフの方の中には華奢で小柄な方もいて、その着方の巧さと言うか、裾や袖をくるっと捲くるにしても
その捲くり方だったり、その人にしか出せない格好良くて可愛いらしいセンスは、身長云々よりも、
その服が好きで着たいかどうかに尽きるなぁと、スタイリングを見ては勉強になることばかりです。
なので、私は小柄な方がたっぷりとしたシルエットやサイズを着ている姿もとても好きですし、
その背格好だからこその素敵な着こなし方あって、それが楽しめるような提案が出来たら良いなと思います。


そして何よりもこの真っ赤なコートの、色が何よりも綺麗なこと。
色違いのベージュも優しい色で、それこそ同色のスカートと一緒にセットアップで着るのも格好良い。
ベージュと赤、どちらもちょっと黒味がかった奥行きのある大人の色合いが気に入っています。
赤は光の加減で色が表現し難く、BLOGの写真の中でも色の違いがありますが、凛とした濃い赤です。
ベーシックな色のコートをお持ちの方には、とても新鮮な気持ちで着ていただけると思いますし、
どうしても黒や紺やグレーが中も外も多くなりがちな季節ですので、華やかな色が一部分でもあると
それだけで勇気が湧く様な、最近はそんな気分で色を取り入れています。
軽やかなウールのたっぷりとしたコート。羽織るだけで雰囲気あります。ぜひ。

PageTOP