3月19日


homspun  L/C ツイル VネックフレアOP

color    イエロー

price    42000+TAX

SIZE    F


店の窓への日の入り方や時間帯が変わったり、日がのびたなぁと感じたり。。
明るさの増してきた店内や、歩いてくる途中の道の脇に草花がちいさく芽吹いてるのを見つけると
そろそろ色のある服を並べたいな~という気持ちが自然と湧き上がってきまして、毎日ちょっとずつ
気分に合わせて展開内容を変更中です。お店の中も花の芽吹きの様に色が増えつつあります。
homspunから届いたこちらのワンピースも、店内に並べるのを楽しみにしていたものの一つ。
素材自体はコットン×リネンのツイル地で、毎シーズンこの生地が好きで欠かさず選んでいるシリーズですが
その時々で色・形・デザインは変わるので、自分達も展示会で見ては毎回、良いね~と心躍らせています。


首元はVネックで前は留め具の無いコートの様に羽織るタイプのワンピース。
被って一枚で成立するワンピースとは違って、インナーやボトムとの着合わせが必要ではありますが、
脱ぎ着がサッと出来て、ある意味自由に着方が楽しめるデザインはジャンルや世代も問わずに、
いつまでも色褪せず着続けられる形だと思います。
homspunでも素材だったり姿かたちは変えながら、ずっと欠かさず展開されているこのワンピース。
時折展示会でもデザイナーさんが着られている姿を見るのですが、コーディネートごと真似したいくらい
とにかく素敵で、生地もくたっといい具合に馴染んでいて気負わずさらりと着ていて格好良いのです。
いつかそんな風に着熟せるようになりたい!という憧れの気持ちも抱きつつオーダーしています。笑
今時期はハイゲージのタートルなどの上に着てさらに上からコートを羽織るぐらいが丁度よいと思いますが
気温上昇と共にインナーを薄手のものに切り替えていくと、春から梅雨時期ぐらいまで着て頂ける素材です。


春のほわほわっとした空気の様な色だと思いました。
鮮やかな黄色も春に似合いますが、淡く優しい黄色味が何とも言えず儚さもあって春らしくて素敵です。
長袖なので今時期から重ねれば着られますし、夏には汗ばんだ肌に触れる生地がサラサラと気持ち良く
冷房や直射日光と肌の間に一枚挟む事で、肌を守ったり快適に過ごせたりと万能な一枚になってくれます。
リネンとコットンが混ざった生地は、着続けていくと次第にくったりとした柔らかさを帯びてくると同時に
水通しすることでハリ感が強くもなります。
強さと柔らかさが混在し、何とも言えない抜群の風合いとなり着心地もお気に入りのタオルケットのように
肌身離さず着続けたくなる生地感になっていきます。


袖や裾に施された0番手の太いステッチ糸が腰紐にも。
着て洗ってを繰り返していくと、ステッチ部分がクシュクシュっとなったりあたりが出てきて、
風合いとなり見た目の雰囲気の良さにも繋がります。


腰紐は結んでも結ばなくても、その日の気分と服の組み合わせ次第で使っていただければ。
使わないときは左右にループも付くので通して先をポケットにしまい込んでも良いですし後ろで結んでも◎
ポケットと言えば、homspunではここ数シーズン色んなモデルで特徴的でユニークなデザインのポケットが
あったのですが、実は今回も密かに二重構造なポケットになっていたりと、斬新且つキュートで飽きさせない
オリジナリティに富んだデザインはhomspunの揺るぎない魅力だと感じます。
そしてポケットブームは続きます。
裾にかけての生地分量をたっぷりとったワンピースですから、ゆったりとした裾の広がりや余分な生地が
勝手に折りたたまれて表情が生まれたりと、着こなしだけじゃなく着て動いた時の生地の重みや揺らぎなども
堪能していただけると嬉しいです。

color    ネイビー


もう一色は定番のカラーネイビーをセレクト。
はっきりとした濃い紺色が潔く、ベーシックな色だからこそ着合わせの幅もぐぐっと広がります。
homspunの定番カットソーのシーズンカラーは発色の良い綺麗な色や、とにかく絶妙なニュアンスカラーなど
着たことのない色でもあり着てみたい色が展開されるので、そういった色物カットソーにさらりと羽織ると
色の難しさもさほど感じずに着れちゃったりします。
もちろん色・柄の明るいものばかりではなく、普段出番の多いベーシックアイテムとは問題なく合います。
インナーに白いカットソーやボーダーカットソー、ボトムには色落ちしたデニムにサンダルやスニーカー。
春らしい爽やかな装いがしたくなります。白いボトムも穿きたくなります。


カットソー一枚だと、ラフに見えすぎたり心許ないという方にも、こういったコート兼ワンピースアイテムは
さっと羽織るだけで様になり、時間が無いときや急いで出掛けなくてはならない時なども、きっと重宝します。
動いたりする際には脱いで、肌寒くなれば羽織る。
気持ち的にラフなスタイルでも、見た目はきちんと見えるというのは、とても重要な部分だと思います。


着丈はやや長めですが、小柄な方が足首が隠れるぐらいの丈感で羽織ってもとても格好いいです。
肩回りや袖はすっきり目なサイズ感なので、そこまで体型も選びません。
裾にかけての広がりも生地の重みによって大きく膨らむことはなく、腰から下はまるでギャザースカートの様な
広がりと落ち感を見せています。
パンツに限らずスカートやワンピースの上に纏って、裾がちらりと覗くようなイメージで
カジュアルながらも気持ちが華やぐ重ね着をお楽しみくださいませ。

3月17日


nisica   スタンドカラーシャツ

color    オリーブ

price    17000+TAX

SIZE    2    /    3    /     4

昨日は遠方からのお客様が多くいらしたので、盛岡までの遠い道のりの雪が解け、
道路状況も幾分良くなったのかなと、しみじみ足をお運びいただける喜びを感じられる1日になりました。
冬の寒さ厳しさがある分、春の訪れの喜びは格別です。
nisicaから襟元のデザインがユニークなシャツが届ています。
首元をすっぽりと覆うようなスタンドカラーは、見え方によってはタートルネックにも似たような大胆且つ独特の
ディテールで、左胸のやや下に付いた片方のみのポケットもアンバランスな位置でユーモアを感じます。
一見、不思議に感じるのが”nisica”らしさでもあり、実際に袖を通してみるとクセが強く出過ぎずに
案外スッキリと納まりが良く、着る人の個性を引き立ててくれるのが良さだと思っています。


素材は中肉のリップストップ(コットン100%)を使用。
通常のシャツ地よりも厚みがあり、シャツとジャケットのちょうど中間くらいのイメージ。
何を着ようか迷う時期にインナーとしても1枚着としても活躍する1枚になると思います。
リップストップ自体は、元々はアメリカ軍が開発した生地で軍物ならではのタフで硬そうな印象が先行しがちですが
nisicaが作る事によって強さを残しつつも、何処か柔軟さがプラスされてより気兼ねなく日常着として着る事が出来ます。


釦は包み釦を採用し、ボディと一体化するようなイメージ。
ポケットはこのシャツの一番のアクセントになるディティールで、カバーオールのようなポケットの大きさは
実際にスマートフォンなどを収納するのに使えそうです。
シンプルなデザインの中に奇をてらい過ぎず、けれどもきちんと主張があるというのが好みで両者のバランスを
絶妙な位置で保ちつつ作製される洋服は、どこか表情が豊かに感じます。
僕の勝手な解釈でnisicaは簡単そうに見えて難しく、難しそうで楽に着られるという相反する2つの感覚があって
いい意味で分かり難くも、こっそりと着る人の個性を引き立ててくれているという点が、長年に渡って幅広い世代に
支持され続けている理由だと感じています。


白やブルーといった色目と違って、オリーブのシャツは1枚で着た際の存在感とインパクトがありますので
足元を軽く見せると全体に軽さが出せると思います。
キャンバス素材のスニーカーやビルケンなどのサンダルを合わせるとまとまりが出て雰囲気良く見えるはずです。


nisicaの洋服を見ていると、何てことない日々の中にちょっとした彩やアクセントがあることの楽しさを知る
きっかけのようなものがあると感じます。
毎日同じ景色の様だけど、まったく同じ日はなく、道端に芽が顔を出していることに気付いたりするように。
休日何処かへ出掛ける際に、いつもと同じシャツの様に見えて、羽織るといつものそれとはちょっと違って見える。
どこが違うか分からないくらい曖昧だけど、でも何だかいい感じに見えたりもする。
のんびり緩やかで、ファッションや流行とはまた違った価値観や心地良さを実感して頂けたら嬉しいです。

3月16日


FUJITO   3B JACKET

color    NAVY

price    52000+TAX

SIZE    1    /    2    /    3

FUJITOが提案をし続けている、ドレス専門の職人の手によって仕立てられる総裏の3つボタンジャケット。
rasikuでは毎日でも着たくなるようなカジュアルなデイリーウエアを中心に提案していますが、
気持ちにメリハリを付ける時や、大切な人に合う時の服装に関しても年齢を重ねると必要な場面が増えてきていて
数は多くないのですが、自分が着たいと思えるアイテムだけに絞って毎シーズン展開をしています。
今シーズンからブランドの新しい取り組みとしてオリジナルのファブリックを作成。
打ち込みがしっかりとしていて強さを感じながらも、しなやかさも併せもったファブリックは展示会で一目惚れしました。
最も使い勝手の良いとされる3つボタン段返りのシンプルなネイビージャケットに落とし込まれています。
素材はコットン100%、通年着れるような中肉の程よい厚み、ジャケットのシルエットも全体的にリラックスしたムードで
緊張感を持ったドレスの意識で着るというよりも、いつも着る服装に軽く羽織るくらいの感覚の方が合うと思います。
いざという時はグレーのスラックスや綺麗なチノ、後日に同素材のセットアップのパンツも入荷予定なので
スーツとして着合わせるのも、勿論お勧めです。


FUJITOのジャケットの特徴として、ドレスとカジュアル両方の良い部分を掛け合わせた様なバランスの良さが際立ちます。
見た目はドレス寄りの綺麗な仕立てですが、袖を通すと肩回りや袖などは堅苦しさを殆ど感じずに長時間着ていても
疲れにくく、身頃の絞りもきつくないのでインナーに少し厚手のものを着たとしても問題ありません。
ラペルは大きすぎず・小さすぎずの設定で、タイなどをしてドレスアップしてもしっかりとした存在感を示します。
僕自身も春夏用・秋冬用と1着ずつ揃えていますが、インナーの合わせをきちんとしようと意識せずに着れる
仕立ての良いジャケットは持っているだけで重宝するなと実感しています。


折角であれば非日常的な場面を中心に考えるだけではなく、積極的に日常着としても着て貰いたいと思います。
僕自身は普段はクルーネックのスウェットが好きで良く着ていますが、スウェットの上から着てもストレスなく着られて
見た目のバランスが崩れずに肩の力が程よく抜けて見える点も、日常着として理想的なジャケットだと感じています。
人に合う時や食事に行く際にはハイゲージのセーターやシャツを合わせて少しだけ気合を入れますが、綺麗目なスタイルに
限定されない懐の深さも、無理なく取り入れられる要素の1つになるのではないでしょうか。


バックスタイルはサイドベンツを採用しクラシックな雰囲気を表現しています。
袖は少しだけ前に振っていて、袖口は本切羽の仕様、基本に忠実でクセのないオーソドックスなジャケットの作りです。
変に小細工をせずに王道のデザインを用いて、シルエットや見えない裏地にブランドらしさを表現している点が
FUJITOらしさでもあり伝わりにくいかもしれませんが、袖を通すと心地良さを実感して頂けると思います。


カジュアル化が進み多様化してく中で、洋服に関して言えば着易さや機能性を重視する事が増えているようにも
感じていますが、様々な選択肢の中の一つ、クラシックで普遍的なデザインのアイテムは時代背景に関係なく
残り続けていくんだろうとも思っています。
単純に仕立ての良い洋服に袖を通すと、それだけで気持ちが高まりますし生活のリズムにもメリハリがついて、
日常の景色がより楽しめる1つのきっかけにもなりますし、普段ジャケットを着る機会が無い方にも
その良さを知っていただけたら良いなと思いながら選び続けています。
季節的にもジャケットを羽織るのにちょうど良い気候になってきましたので、さらりと普段の装いに取り入れて
みては如何でしょうか。

3月14日


MARCOMONDE   ONMM

color       IVOLY     /     GREY     /     NAVY

price       3200+TAX

SIZE        1(LADY’S)

季節の始まり、特に春は靴下欲がぐんっと上昇します!靴の選択肢も広がるからでしょうか。
BLOGでは久しぶりのご紹介になりますMARCOMONDEの靴下、春夏物と定番モデルの第一便が届いています。
その前に・・目が覚めて外を見てびっくりしました。どっさりと積りましたね、まさにどか雪。
きっと大半の人はあぁやっぱりそうだよね・・・と感じていると思うのですが、それでもちょっと驚きます。
気まぐれな空模様が、この後どうなることやらですが、お出かけの際は運転、足元にお気をつけてくださいね。

本日はMARCOMONDEのコレクションとは別ラインで展開している、MARCOMONDE的定番靴下ライン
“New Classic”をご紹介いたします。
10年以上ずっと大事に履き続けている靴。少しだけ背伸びして姿勢良く履くブランドシューズ。
履き潰しては同じものを買い替え続けているスニーカー。
自分の人生を共に歩んできた様なお気に入りの靴たちに合わせて、その時々のファッションを楽しむために
MARCOMONDEが作り上げた新定番が”New Classic”です。


color       IVOLY     /     GREY     /     NAVY


店頭でも密かな人気を維持し続けているのが、このONMMシリーズです。
履き心地と耐久性に優れたリブソックスに、ワンポイントになるラバープリントがパンツの裾から
ちらりと覗くのがなかなか良い、このシリーズ。
ベーシックな色展開は、ローテクスニーカーにハイテクスニーカー、もしくはサンダルなどとも合いやすく
プリント自体も★だったりニョロニョロだったり記号のようで、足元がさり気なく楽しくなります。
他にも幾つか柄があるのでその時々で変えて、継続的にオーダーしているモデル。
自分達でも良く履いているソックスの1つで、丈夫で長持ちする点もお気に入りのポイントです。

MARCOMONDE  NEW CLASSIC

color         BEIGE       /      GOLD

price        2800+TAX

SIZE        1(LADY’S)

color         PURPLE       /      D.BROWN      


こちらも実は毎回展開している、お気に入り靴下。
適度な厚み、足首のリブ、やり過ぎていないラメ感。とバランスの良さが光る優れものなんです。
足首のリブのテンションが優しめで、少しクシュっとするのがとても良くて、カジュアルな靴でも良いですし
綺麗目なサンダルや、ヒールのある靴と組み合わせても良いと思います。
色もそのシーズンでちょっと変わりますが、今回の色は割と落ち着きある色で大人っぽくて素敵です。

MARCOMONDE   NEW CLASSIC

color        WHITE     /     BEIGE     /     PINK     

price       2400+TAX

SIZE        1(LADY’S)

color        KHAKI     /    BLACK


最後はよりスルスルっとした肌触りで、カジュアルにも良いですがパンプスなど履かれる方にも
お仕事用としてもお使いいただけそうな光沢のあるレーヨン混の足首丈ソックス。
滑らかな質感と、スーツにも合う主張しすぎない控え目な色が案外とても万能で、最終的には
オンオフ関係なく履いてしまうので、色違いや予備で持っておきたくなる靴下です。
今回はNew Classicの一部ですが、本日MARCOMONDEより第二弾が届きましたので、より靴下コーナー大充実中。
コレクションに関しても、これから春・夏にかけて足元を華やかに彩る柄や色が届いていますので
ぜひ見にいらしてください。

3月11日


STYLE CRAFT    OT-01        /        OT-02

color       INK BLACK(GOAT)

price       63000+tax        /        82000+tax

SIZE        23×32×18               30×41×23

STYLE CRAFTから今季新たにリリースされたバッグ ″OTー01″と″OT-02″
持ち手と本体の構造が不思議で、このハンドルはどうなっているのだろう・・・と展示会で一番先に目を引いたバッグ。
実は単純な仕掛けなのに、見た目の面白さと美しさを生み、さらには実用性まで兼ね備えているというデザイン。
大きさは2種類で、どちらのサイズもユニセックスで使用できますが、大きい方は特に男性にお勧めしたいサイズ感。
マチが広めに設定されているのでビジネスのシーンでもお持ち頂けると思いますし、ハンドルとショルダー(斜め掛け)が
出来るのも持ちやすさに繋がるのではないでしょうか。


バケツ型のトートバッグの持ち手を少し変則的なカタチにする事で、2通りの持ち方が出来るようなデザイン。
トップの部分にジップなどの装飾は付けずに、持った時に自然に蓋が閉じるように設定。
使い込むことで曲線がより綺麗なラインを描き、プロダクトとしての冷たさと熟練された職人の手から生み出される
温かさのどちらも実感していただけると思います。機能性を追い求めてしまうとデザインとの両立が難しくなり
機能性を極端にそぎ落として無くしてしまうと、リアリティが無く見せる物の様な存在になってしまうので、
両者のギリギリ折り合いがつく部分に落とし込まれたバッグは、使用していくことで使う人の癖や生活が染み込み
後から後から、実際の使用感の良さや物としての凄味を感じられると同時に、そこにあるだけでも心が満たされ
気持ちが高まるような存在になっていくはず。


素材はしなやかさと強さを併せ持つ”GOAT”(山羊革)を使用。
カラーはBLACKとOAK(茶系)の2色を選びました。
ここ数シーズンはBLACKを中心に展開をしていましたが、装いに軽さの出せる茶系が気になりセレクトをしています。
どちらも甲乙つけ難い色目ですが、茶系は色の変化を楽しみたい方、黒は深みがどんどん増すので革の重厚感を
感じたい方にお勧めです。


底は丸みを帯びた長方形で、小さいサイズはお財布・携帯・ポーチ・飲み物くらいを入れるのにちょうど良さそうです。
荷物を入れすぎるとトップの部分が締まり難くカタチも崩れてしまうので、欲張り過ぎずに必要最低限の荷物くらいの容量と
思って頂ければ良いのではないでしょうか。小さいサイズ(OT-01)は斜め掛けは出来ない設定になっています。


以前にもバケツ型でリリースされていたモデルがあったのですが、そのモデルをよりアップデートしたイメージで
持ち方に自由度が増して、デザインもより洗練された印象があります。
ホテルなどで行われるような食事会や結婚式の2次会などの少し畏まった服装をする際にも重宝するはずです。
実際に先月に自分達も結婚式にSTYLE CRAFTのバッグを持って出席しましたが、あまりに仰々しくなくて
日常でも気にせずに使えるという点に、改めて懐の深さと良さに気付かされました。
これからの季節は入学式や社会人や新天地での仕事をスタートさせたりなど、式典や集まり・飲み会などが増える
シーズンなので、イベント事を前向きに捉えて、思い切って自分の気に入るものを手にするというのも、縁起を担ぐ
ではないですが、タイミングとしては良いのではないかなと思います。


インナーはお馴染みのワイルドヘンプを使った生地が内張されています。ポケットはジップ付きのものが1つ付きます。
見た目よりも軽いのもSTYLE CRAFTのレザーバッグの特徴で、長時間持っていも疲れにくいというのもポイントです。

STYLE CRAFT    OT-01        /        OT-02

color        OAK(GOAT)

price       63000+tax        /        82000+tax

SIZE        23×32×18               30×41×23


一回り大きいサイズはハンドル部分を持ち替える事でショルダー(斜め掛け)が可能。
この構造に関しては、言葉で説明するとちょっと分かり難くなってしまいそうなので、ぜひ店頭お試しください。
使い込んでいくと、マチ部分など柔らかさを帯びて角が取れてくるので、背負い易くもなりより身体にフィットします。
これからの季節は自転車に乗る方も増えてくると思いますので、コットン素材のハーフコートを着てレザーのバッグを
斜め掛けにして川沿いの景色を楽しむというのも、盛岡の街の景色に溶け込むような気がしています。


数は少ないですが毎シーズン少数精鋭で新型がリリースされるSTYLE CRAFTのバッグや小物は、その都度
感覚が揺さぶられるため、自分達にとっては、その物自体の素晴らしさもあるのですが、それ以上の価値感を
物や作り手である人からも受け取っている。そんな存在になっています。
高揚感であったり特別感もありながら、日常という場面にこそ溶け込んで使い続けたくなる良さがあるからだとも
思っています。そんなSTYLE CRAFTの新型バッグ、店頭で実際に質感やデザインの面白さを感じて頂ければ嬉しいです。

PageTOP