10月21日

SOWBOW   蒼氓シャツF

color      DK INDIGO(FLANNEL)

price      33000-

size       1    /    2    /    3

SOWBOWの春夏受注会とRiverの新しいアイテムの受注会も今日を含めて残り3日間となりました。
オーダーするしないに関わらず、並ぶ季節折々の生地を見ているだけでも十分に楽しいですし
これは・・・!という生地×デザインのものがありましたら、折角の機会ですのでオーダーをしていただくと
来たる冬を越して、時間を経て手にした時の喜びは、またなんとも言えない特別感があるかもしれません。

今シーズン、とても人気の高かったコットンフランネルのカーディガンタイプが届いています。
カラーは、色々と選択肢があったのですが後染めのインディゴで染めた生地を選びました。
着用した際の存在感は言う間でもなく抜群。
スウェットの上から着ても可動域が確保されているのでストレスフリーな着心地。
ミドルレイヤーとしても、今時期はアウターとしても変幻自在の役割を果たしてくれる1枚です。

僕の中ではVネックカーディガンとGジャンを足して二で割ったような雰囲気だと勝手に解釈。
ポケットは胸に叩きつけられた1つのみで、ポケットに手を入れたくなるのですがぐっと我慢。
ウェイトが丁度良く、昨年までのフランネルと比べると1.5倍位の肉感があってより安心感がプラス。
今時期もそうですが、春先に何を羽織るか問題にも1つの解決策としてお勧め。
とにかく春の寒さが厳しい土地柄、春物の羽織物は上手く着るのはとても難しいなと思っているのですが
秋の羽織物を持っておくと、寒さという一番の敵を和らげながら心地良い着こなしが出来るようになると
ここ数年でようやく気付きました。遅いかもしれませんが。。。(汗)
厚手のインナー(スウェット類)を着た上から、袖抜けが良い羽織物は素材違いや肉感の違いで
何枚持っていても着るタイミングがあると思っていて、SOWBOWの製品はシャツ類も勿論完成度高いですが
最近は特に汎用性の高さが際立つ、カーディガンタイプのFがとても気に入っています。

フロントに比べて後ろのテールを少し長めに設定。
後ろのラインがGジャンなどに似ていて、前から見た時の印象と後ろ側では全く異なる表情に。
デニムでもチノでも調子良さそうですし、軍パンなどの土臭いパンツにもインディゴの色目は
好相性に思います。クリーンな着こなしでも、どちらにも振れる点が着回しの良さに繋がります。
移染は出来る限りでないように処理はされていますが、もし気になる方は着始めは白のインナーは
控えながら、徐々に試しながら色々な着こなしに挑戦して頂きたいです。

同素材のパンツもセットアップでも格好良いかなと想像してオーダーしていたのですが、有難い事に完売。
秋冬物という大きな概念やイメージは持ちつつも、最近は丁度良い羽織物について良く考えている。
盛岡という土地は、やっぱり気候が東北らしいというと言い方が合っているか分からないですが
北ならではの寒さが身に染みるのは当然の事。
何かをプラスして羽織らないと、朝夕の寒暖差も含めて心地好い温度調整が出来ないと思っています。
そういう意味でもSOWBOWの今季のフランネルは、丁度良い生地感であり、シルエットも無理なく
羽織る事が出来るので、その何かにとても相応しい。
気づけばついつい手に取ってしまう、そんな存在になって頂ければ嬉しいです。
サイズも1・2・3のフルサイズでご用意していますので、ご自身のイメージに合うサイズをお選び下さい。

PageTOP